2013年

12月

22日

天神町道場稽古 間合いは魂氣の陽か魄氣の陰か

  • 合氣体操
  • 単独呼吸法坐技:降氣、回外、昇氣、一気、入り身運動、振子運動、両手で氣の巡り
  • 単独基本動作杖による魄氣:直突き・巡り(魄氣の陽・陰)、直突きによる入身運動、正面打ちによる入身転換
  • 相対基本動作組杖:直突きに転換・振り込み突き・陰の魄氣で八相の構え・正面打ち(突き転換呼吸法表)

    杖による片手取り外巡り二教裏、杖による交差取り外転換二教表

    *徒手における魄氣と魂氣の動作に生かされる。

  • 相対基本動作:片手取り入身転換(魄氣の陰)/片手取り体の変更(魄氣の陽)…… 画像参照 /片手取り後ろ回転(入り身転換・置き換え・踏み替えで魄氣は陰)

 *片手取り体の変更は魂氣も魄氣も陽、間合いは最大、つまり離れる。入り身転換は魂氣も魄氣も陰、相対的にも氣結びで間合いはなし。入り身転換から前の足を後方に置き換えて陰の魄氣とし、魂氣の結びを保てば、伸展した前方の足の分だけ間合いができる。

 *体の変更は相対基本動作が繋がらない、技に繋がる間合いは魂氣も魄氣も陰に巡ってこそ生まれる。

  • 正面打ち入身投げ裏2本:①上段受け流し両手で氣の巡り・外入り身転換・踏み替えて魂氣を陽の陽から陽の陰へ巡る②上段受け流し両手で氣の巡り・入り身転換置き換え踏み替えて(一教運動裏近似の後ろ回転)一歩踏み込んで相半身外入り身で魂氣を陽の陰へ巡る。いずれも受けの背側を経て取りの丹田へ結んで残心。
  • 突きに横面打ち入り身転換・置き換え・置き換え・踏み替え小手返し裏

 *受けの母指球を包みながらも魂氣の陽で間合いを置けば、取り自身の魄氣との結びを欠き、返すことができない。置き換えの都度魄氣の陰で間合いをとれば魂氣の丹田への結びが維持され、踏み替えたときに入身転換の陰の魄氣(腰)と同時に受けの手を返すことができる。天地投げよりも間を空け、四方投げほど離れない。

  • 片手取り入身転換・置き換え・外巡り逆半身外入り身・相半身外入り身・隅落とし裏
  • 両手取り天地投げ:外巡り外入り身送り足で相半身外入り身、天は陽の陽の昇氣で受けの前胸部を側頸まで進め、陽の陰に巡って陰の陰で丹田に結び、地は入り身運動の残心で腰の後ろに結ぶと、受けは取りの背側に螺旋で落ちる。

 天神町道場稽古納め

【静止の連なりこそ動作、動作の求めるものは静止。核心を行えば、形は生まれる。形をなぞるなら、核心は見えない。氣結びによる禊がたましいである。】

続きを読む 0 コメント

2013年

12月

18日

幸町道場稽古 相半身外入身三本の共通点と違いを知る

  • 合氣体操
  • 単独呼吸法坐技:降氣、回外、昇氣、一気、入り身運動、振子運動、両手で氣の巡り
  • 単独基本動作:入身運動(陰の陰、突き、横面打ち)入り身転換・反復、回転前後、下段受け流し相半身/逆半身、一教運動表裏
  • 相対基本動作坐技:両手で氣の巡り、上段に与えて氣結び・正面当て
  • 相対基本動作坐技:下段に与えて交差取り降氣の形で陽の陽・一教表
  • 相対基本動作坐技:諸手取りに陰の陽で降氣の形から(つまり一旦手首も屈曲弛緩して母指先は側頸に巡る)陽の陽。いきなり受けの手掌に手首や手背を合わせると四教に自ら嵌る。

 *肘と脇を閉じて母指先から反りの方向に魂氣を発する。受けの諸手の上方に取りの魂氣を陽の陽で吸気と共に天から氣を受ける思いを動作する(呼吸法)。順次、肘と脇は中心から開き、伸びる。諸手は、取りの降氣と共に縦に並び、陽の陽で反転して水平となり外側に倒れる。

  • 相対基本動作:片手取り入身運動三本、入身転換、体の変更
  • 片手取り入身転換呼吸法裏
  • ①片手取り四方投げ表
  • ②両手取り天地投げ表
  • ③正面打ち入身投げ表 …… いずれも「魂・氣・魄・残心」の画像参照

*以上の三本はいずれも相半身外入身の魄氣で、陰の前足は受けの後方の足に向かう。しかし、魂氣はそれぞれ、正面打ち近似の陽の陰(四方投げ)、陽の陽で受けの前胸部を昇氣で越えて陽の陰に巡る(天地投げ)、陽の陽から陽の陰に両手で氣の巡り(入り身投げ)と、違いがある。この魂氣の多様性が間合いを三つの段階に分けているが、取りの魄氣の陰陽においては違いが無いことに着目。

*正面打ち一教表は相半身内入り身の送り足で逆半身内入り身とするから、内外の違いはあるが魄氣の陰陽の方向は一致している。

 

平成25年、幸町道場の稽古納めにおいて以下のことを心に留める。

【魂氣・魄氣のそれぞれ三要素と三位一体の体現は単独動作を確立するが、複数の相対動作(技)を成すうえでは、その単独動作上の一致点と、間合い・位置取りでの相違点を明確にすることこそ基本の修練である。】

続きを読む 0 コメント

2013年

12月

11日

幸町道場稽古 手背に当たれば陰に巡って手の反屈

  • 合氣体操:…手首の運動(小手返し、二教、三教、手の反屈、四方投げの持ち方、四教)
  • 禊:鳥船での呼吸法・魂氣と魄氣の関連
  • 単独呼吸法:降氣、回外、昇氣、一気、入り身運動、振子運動、両手で氣の巡り
  • 単独基本動作:入身運動(陰の陰、突き、横面打ち、下段受け流し相半身外入り身/逆半身外入り身)、入り身転換・反復、回転前後、一教運動表裏
  • 相対基本動作:坐技上段に与えて両手で氣の巡り/坐技正面打ち一教
  • 正面打ち一教表:上段に与えて受けの守りの手刀に触れたら陽の陽に進めて結び、同時に魄氣は相半身で内入り身・送り足で半身の転換逆半身内入り身
  • 片手取り隅落とし表:下段に与えて外巡り逆半身で外入身・送り足で半身の転換・相半身外入り身 …… 画像参照
  • 正面打ち一教裏:受けの正面打ちに同名側の魂氣を陰の陰で額に結んで受け流し・同時に同側の足先は剣線を外して軸足として対側の魂氣は返し突き近似で逆半身外入り身・転換。魂氣は両手で氣の巡りから丹田に陰の陽で巡り・結び、受けの脇は取りの異名側の腰が陰の魄氣で密着(互いの魄氣の結び)・前方の足を後方に置き換え・踏み替えて坐る。その間、魂氣の丹田における結びを解かない。

 *一教表の魄氣に注目すれば裏は片手取り隅落とし表に相当する。

  • 相対基本動作:後ろ両手取り天地の結び
  • 後ろ両手取り十字投げ:天地の結びから陰の魄氣の前方の足を後方に一歩置き換え・丹田の手を陰の陽から陽の陰の矢筈を作り受けの手首を下からすくい取る・天の魂氣は陽の陰に開いて上から手首を取り降氣へ・対側の手は受けの頭部の高さで体軸に向けて陽の陰で差し出す・一方は丹田に降りるから受けの手首は上下で交差する。
  • 後ろ両肩取り十字投げ:手首は自由であるから降氣の形に巡ったときに額に巡らず陰の陽で、肩にある受けの手首を四方投げの持ち方で取る。
  • 坐技正面打ち四教
  • 正面打ち転換三教:上段に与え、手首に触れて陽に開く時、互いの手背が接するなら、陽の陽の結びがならず、手刀で押し倒そうとして肘・肩で力むことなく陽の陰に巡って受けの指先を取って陰の陽に回内すれば・受けの手首は取りの前で反屈となる。対側の手で小指球を陰の陽で包み、陽の陰へと母指球を押し出す(回外)と三教。受けの真中へ差し出してから取りの体側へ巡る(たとえば同側の大腿外側面)・受けの母指球と手掌をそこに密着すると三教固め。

 

続きを読む 0 コメント

2013年

12月

08日

天神町道場稽古 送り足こそ魄氣を魂氣に結ぶ動作

  • 単独呼吸法:降氣、回外、昇氣、一気、入り身運動、振子運動、両手で氣の巡り
  • 合氣体操
  • 単独基本動作:入身運動(陰の陰、突き、横面打ち)入り身転換・反復、回転前後、一教運動表裏

 *一教運動表は送り足を前足の踵ではなく土踏まずの側面に進めて半身を転換して陰とし、陽の魄氣へと受けの軸足に進める。魂氣で受けの上肢を押すことのできない魄氣の動きであり、半身を転換し魂氣を丹田に結ぶ(鳥船)。その後は結んだまま坐る(表)か、後ろ回転(入り身転換・置き換え・踏み替え)して坐る(裏)か。

 *表は押し進めず、裏は引き廻さず、魂氣を陽の陰から陰の陽へ(天から地へ、額から丹田へ)巡って結ぶ。固めは座して地に結ぶ。

  • 相対基本動作:坐技両手取り呼吸法二本(降氣の形から回外・陽の陰/外巡りから脇を閉じて回内して陽の陽)
  • 正面打ち一教表裏:一教運動の単独動作で上記のごとく詳説。隅落とし、天地投げ、横面打ち相打ちで四方投げ・呼吸法は同じ魄氣の動作。
  • 正面打ち入り身転換入身投げ裏
  • 片手取り入身転換
  • 両手取り入身転換/両手取り入身転換・体の変更反復
  • 片手取り四方投げ表裏
  • 坐技両手取り二教

 *外巡りから肘を落として脇肘を閉じると陰の陰であり、母指球が受けの手首に接し、母指の反りに合わせて小手先だけではなく脇と肘を開いて陽の陰で小指球も受けの前腕内側に入り、そこから陰の陽に巡り(氣結び)取りの丹田に還る、つまり鳥船のサー・イェイ。

 *ピットフォール:脇肘を閉じたまま受けの手首を小指で押し進めても氣結びには至らない。

 

続きを読む 0 コメント

2013年

12月

07日

第二回大阪府少年少女合気道錬成大会

続きを読む 0 コメント

2013年

12月

04日

幸町道場稽古 呼吸法とは呼吸と共に氣結びを為す

  • 合氣体操
  • 単独呼吸法:降氣、回外、昇氣、一気、入り身運動、振子運動、両手で氣の巡り
  • 単独基本動作:入身運動(陰の陰、突き、横面打ち)、入り身転換・反復、回転前後、一教運動表裏
  • 相対基本動作:坐技一教運動表裏、膝行で一教表裏。
  • 相対基本動作:坐技上段に与えて陽の陽に発して結び・陽の陰に巡って正面当て。

 *手首に当たった点で押さない、陽の陰で(尺側〜小指球で)被せて押さない、両手で氣の巡りは陰の陽から陽の陽で(母指〜撓側で)接点が受けの手首を周り、陽の陰に巡ると手掌で受けの面を包む。…… 画像参照

 *浅いと互いの手背が合わされる。手刀は陽でも陰でもない。受けの手背を押さないで母指先方向に進めて手掌を更に開くと受けとの接触が外れ、同時に対側の手で受けの母指球を小手返しの持ち方で取る(説明演武のみ)。

  • 正面打ち一教表裏:表は陰の魄氣で上段に与える(陰の陽)。接すると魄氣の陽で相半身内入り身・魂氣は陽の陽。送り足で半身を転換して逆半身内入り身(魂氣は単独動作横面打ち入り身運動で)。裏は、陰の魄氣で上段に受けて(陰の陽)、足先を外して受け流し・その足を軸として手首に接するか否かはかまわず一教運動裏(対側で返し突き近似)陽の陰で上腕に当たれば両手で氣の巡りに入り身転換・鳥船の陰の魄氣で魂氣を丹田に結ぶ。置き換え踏み替えで受け寄りの膝から坐る。この間丹田の結びを外すと手で受けの上肢を引き回そうとする動作になり、滞る。
  • 坐技両手取り呼吸法:降氣の形から右手が陽なら左手は回外・陽の陰/左手を外巡りから脇を閉じて陽の陽に巡って外入身
  • 片手取り入身転換、体の変更
  • 片手取り外巡り相半身外入身転換額に結んで側頸に陰の陽置き換え踏み替えて陽の陽で呼吸法:形で腕を振るって肩先で押し倒そうとする技ではない。魂氣を陰で畳み秋猴の身、入身転換で漆膠の身、一旦は側頸に(体軸を経て魄氣に)結び踏み替えて転換で魄氣を確立してから陽の陽・残心と共に体側に巡る。
  • 片手取り入身転換・昇氣で側頸に結んでから踏み替えて陽の陽で呼吸法(小学生)
  • 坐技正面打ち四教……画像参照

続きを読む 0 コメント

リンク

公益財団法人合気会 

本部道場の公式ホームページです

大阪合氣塾

吹田市を本部とする須磨 弘師範の道場です

和氣會

豊中市を中心とする道場で池田憲夫師範のご指導です

兵庫合気会

姫路市を中心とする道場で山田芳朗師範のご指導です

合気道愉々会(ゆうゆうかい

加古川市を中心とする道場で神戸大学合気道部OB第五代養心会長・兵庫県合気道連盟理事長 吉田 司先生のご指導です

 

神戸大学体育会合気道部

神氣館館長辻本大治師範の母校合気道部です

大阪武育会木村二郎師範のご指導です


流山合気会

千葉県流山市にて永井 純師範(港区合氣道連盟会長)が会長をされている㈶合気会公認道場です