*神氣館【 高槻市 天神町道場 】               Shinkikan aikido tenjinmachi-dojo (公財)合気会公認道場                                   Takatsuki-city Osaka JAPAN         大阪府合気道連盟加盟道場                                       開祖植芝盛平の言葉と思いを動作する basic techniques from words and thoughts of the Founder, Morihei Ueshiba        不動の軸足に陰の魂氣:〝吾勝〟  非軸足と魂の比礼振り:〝正勝〟        〝この左、右の気結びがはじめ成就すれば、後は自由自在に出来るようになる〟:軸足交代         二つはこんで一と足すすむ・入り身一足と、体軸に与る両手の巡り:〝左右一つに勝速日、業の実を生む〟        〝正勝吾勝〟で剣素振り   合気の剣は〝勝速日〟                      気の置きどころのタイトルに 10. 開祖の合気道の抽象化 2024/1/21                      11. 合気道の徒手における母指の役割 2024/1/25                      12. 合気道とは、たましいに気付く行い 『合気神髄』より 2024/2/9 「令和6年のおしらせ」に3月の稽古予定                           稽古の記録 2010/8/15〜2024/2/25

気の置きどころのタイトル

 丹田に置く手は掌に魂気の珠を包み、すべて広義の陰である。小手返しの手は狭義の陽、二教の手は狭義の陰とする。丹田とは魂気が体軸に出入りする体表上の中心点であるが、中丹田では左右の側頸で魂氣の出し入れが行われるものとする。また、下丹田の裏である腰仙部に陰の魂氣が置かれると、同側の足、つまり魄気と結んで体軸に与る。これは吾勝に喩えられる。

 このとき対側の足は魄氣の影響を受けず、足先が地に触れるのみで自在に置き換えることができる。非軸足と呼ぶことにする。同側の手すなわち陰の魂氣は下丹田に置かれるが、魄気と結ぶことはなく、体軸に与らない。非軸足と同期して自由に空中へ陽の魂氣を発することができる。これは正勝に喩えられた。

 単に陽の魂気と言えば吸気とともに丹田から空気中に差し出された手を言う。このとき掌が開かれて魂氣の珠は空中に放たれ、大気となって虚空に広がると思うことにする。相手の側頸に嵌ればその体軸にひびき、呼気に移ればその底丹田を抜けると魂氣は自らの体側に巡り、半歩出した非軸足と結ぶ瞬間移動した新たな体軸となる。その際は元の軸足が継ぎ足となって二足が一本の体軸を成し、両手はともに体軸に与る。入り身一足の動作であり、勝速日に喩えられた。

 

 気の置きどころは丹田もしくは腰仙部であり、軸足側なら魄気に結んで体軸に与るが、非軸足側なら魄氣との結びは解かれており、魂の比礼振りが起こると言い表され、〝身の軽さを得る〟のである。                                           2023/9/30

 

 1. 気結びと気の置きどころ 2023/7/7

 2. 魂氣すなわち手の気結びと抑えの違い 2023/8/9

 3. 魄の上に魂をのせ、魂によって魄を動かす 2023/8/10

 4. 合気道のいわゆる体捌きについて 2023/8/18

 5.「武は愛なり」の思いと動作 2023/9/29

 6. 体得した技量を開祖植芝盛平の言葉に回帰してみること 2023/9/12

 7. 開祖の言葉は思いと動作が一体となっている 2023/10/13

 8. 正勝吾勝とバッテイング、勝速日とピッチング 2023/11/25

 9. 開祖のいわゆる〝魄〟と「形」について 2023/12/12

 10. 開祖の合気道の抽象化 2024/1/21

 11. 合気道の徒手における母指の役割 2024/1/25

 12. 合気道とは、たましいに気付く行い  『合気神髄』より 2024/2/9

リンク

公益財団法人合気会 

本部道場の公式ホームページです

大阪合氣塾

吹田市を本部とする須磨 弘師範の道場です

和氣會

豊中市を中心とする道場で池田憲夫師範のご指導です

兵庫合気会

姫路市を中心とする道場で山田芳朗師範のご指導です

神戸大学体育会合気道部
神氣館館長辻本大治師範の母校合気道部です

大阪武育会会長木村二郎首席師範のご指導です

流山合気会

千葉県流山市を中心とする永井 純師範(義粋館指導者)の(公財)合気会公認道場です