*神氣館【 高槻市 天神町道場 】               Shinkikan aikido tenjinmachi-dojo (公財)合気会公認道場                                   Takatsuki-city Osaka JAPAN         大阪府合気道連盟加盟道場                                       開祖植芝盛平の言葉と思いを動作する basic techniques from words and thoughts of the Founder, Morihei Ueshiba        不動の軸足に陰の魂氣:〝吾勝〟  非軸足と魂の比礼振り:〝正勝〟        〝この左、右の気結びがはじめ成就すれば、後は自由自在に出来るようになる〟:軸足交代         二つはこんで一と足すすむ・入り身一足と、体軸に与る両手の巡り:〝左右一つに勝速日、業の実を生む〟        〝正勝吾勝〟で剣素振り   合気の剣は〝勝速日〟                      「天の浮橋」のタイトルに 1. 「うっちゃり」(打っ棄り)と合気道の返し技は〝正勝吾勝〟2024/4/4                     2. 合気道における上肢の運動表現 2024/4/10                     3. 合気道は争わない、表と裏で気結びする 2024/5/20 「令和6年のおしらせ」に6月の稽古予定(変更有り)                     稽古の記録 2010/8/15〜2024/6/9

稽古中の怪我についての一考察

稽古中の怪我についての一考察

 

密な道場での稽古は、いわゆる崩し、作り、掛けまでに限るのが安全である。

投げは取りの魂氣と魄気が左右とも結ぶ〝勝速日〟とともに生まれる。入り身一足つまり残心で直立する体軸が両足底で地を占めるのみであるから、取りの立つ場は最小面と言って良い。それに反して、受けの体幹軸は倒れて地の魄気を全体に受ける。取りも含めると直径2メートル近い円が突然周りに弾けるから怪我は避けられない。

 

取りの初動は体軸を作って非軸足側の手・魂氣を下丹田に置く、〝正勝吾勝〟である。〝正勝〟の手を受けに与えると受けは体軸を一旦失って抑えにかかる。あるいは受けに与えようとする瞬間受けが機先を制して逆半身で横面打ちに掛かる。

崩しは互いの魂氣の結び。作りは互いの魄気の結び、体軸の密着、入り身である。掛けは取りの魂氣が受けの体軸・魄気にひびき、底を抜いて地に降りると思うことにする。直後に魂氣は自身の体軸に巡って魄気と結ぶ、いわゆる合気が成り立ち、体軸は四肢が一本の軸足となることで成立し、これが入り身一足であり、残心である。受けには投げや他の技が生まれている。

魂氣が受けの底を抜いてもそれだけでは取りの〝勝速日〟に至らない、つまり入り身一足ではなく魄氣の陽で静止することが投げに至らず、掛けで終わる動作となる。そのとき受けは体軸が限界まで反り返り、体軸と魄氣の繋がりは限りなく稀薄となっている。非軸足が軸に交代して切り返す返し技の瞬間を稽古する良い機会であろう。

投げる方はといえば、一見すると不完全な動作であり、達成感が欠けるようにも思えるが、陽の魄気から入り身一足に進まず、陰の魄気に巡って自身の魂氣と結ぶ動作、すなわち禊の鳥船に通じる。〝禊は合気であり〟(『合気神髄』p145)、受けを取りの力の及ぶところに包むわけで、事故から守り切ることとなる。

 

ところで、稽古中の怪我が受けに集中することは事実であり、いかにも取りの粗暴な動作が引き起こすかのように考えがちだ。しかし、稽古環境に合わせて合気道の術理に裏打ちされた段階的動作に習熟しているかどうかという観点も大切だ。人格に問題ありと決めつけることがあっては良き指導にはならない。

2023/10/3

リンク

公益財団法人合気会 

本部道場の公式ホームページです

大阪合氣塾

吹田市を本部とする須磨 弘師範の道場です

和氣會

豊中市を中心とする道場で池田憲夫師範のご指導です

兵庫合気会

姫路市を中心とする道場で山田芳朗師範のご指導です

神戸大学体育会合気道部
神氣館館長辻本大治師範の母校合気道部です

大阪武育会会長木村二郎首席師範のご指導です

流山合気会

千葉県流山市を中心とする永井 純師範(義粋館指導者)の(公財)合気会公認道場です