*神氣館【 高槻市 天神町道場 】               Shinkikan aikido tenjinmachi-dojo (公財)合気会公認道場                                   Takatsuki-city Osaka JAPAN         大阪府合気道連盟加盟道場                                       開祖植芝盛平の言葉と思いを動作する basic techniques from words and thoughts of the Founder, Morihei Ueshiba        不動の軸足に陰の魂氣:〝吾勝〟  非軸足と魂の比礼振り:〝正勝〟        〝この左、右の気結びがはじめ成就すれば、後は自由自在に出来るようになる〟:軸足交代         二つはこんで一と足すすむ・入り身一足と、体軸に与る両手の巡り:〝左右一つに勝速日、業の実を生む〟        〝正勝吾勝〟で剣素振り   合気の剣は〝勝速日〟                      天の浮橋に立つのタイトルに 1. 「うっちゃり」(打っ棄り)と合気道の返し技は〝正勝吾勝〟2024/4/4                      2. 合気道における上肢の運動表現 2024/4/10 「令和6年のおしらせ」に4月の稽古予定                           稽古の記録 2010/8/15〜2024/4/10

一定の形や術理が「武産合気」を特徴付ける要素となるか?

〝禊は合気である。合気は禊から始める〟

呼吸とともに天地の気に気結びすることが禊であり呼吸法である。相対動作であれば受けの魂氣と結び、受けの魄気に結び、取りの体軸に巡って呼吸法が完結する。つまり受けが魂氣と魄氣の結びを解き、取りの魂氣が受けの底を抜くと技が生まれる。

互いの中心を繋ぐ剣線を取りが外し、魂氣の円が受けの体軸にひびく瞬間は取りの体軸確立の下に非軸足側の魂氣・手が限界まで働きを現すことが必要である。

体軸の直立を〝吾勝〟、対側の手の軽さは魂の比礼振りに喩えられて〝正勝〟と呼ばれた。その上で左右の魂氣と魄気が一つになって体軸が確立する瞬間は〝勝速日〟と呼ばれる。つまり「入り身一足」の残心の姿に相当して合気の技が生まれているのだ。

剣をとっても、杖を用いても、徒手の捌きにも通底するのが〝正勝吾勝勝速日〟である。そして開祖はそれを〝武産合気〟と呼んだ(『合気神髄』p65)。

 

〝合気とは筆や口にはつくされず言ぶれせずに悟り行へ〟

また、念を去って皆空の気にかえることを「武道の奥義」と開祖は教示された(同p80)。

リンク

公益財団法人合気会 

本部道場の公式ホームページです

大阪合氣塾

吹田市を本部とする須磨 弘師範の道場です

和氣會

豊中市を中心とする道場で池田憲夫師範のご指導です

兵庫合気会

姫路市を中心とする道場で山田芳朗師範のご指導です

神戸大学体育会合気道部
神氣館館長辻本大治師範の母校合気道部です

大阪武育会会長木村二郎首席師範のご指導です

流山合気会

千葉県流山市を中心とする永井 純師範(義粋館指導者)の(公財)合気会公認道場です