*神氣館【 高槻市 天神町道場 】               Shinkikan aikido tenjinmachi-dojo (公財)合気会公認道場                                   Takatsuki-city Osaka JAPAN         大阪府合気道連盟加盟道場                                       開祖植芝盛平の言葉と思いを動作する basic techniques from words and thoughts of the Founder, Morihei Ueshiba        不動の軸足に陰の魂氣:〝吾勝〟  非軸足と魂の比礼振り:〝正勝〟        〝この左、右の気結びがはじめ成就すれば、後は自由自在に出来るようになる〟:軸足交代         二つはこんで一と足すすむ・入り身一足と、体軸に与る両手の巡り:〝左右一つに勝速日、業の実を生む〟        〝正勝吾勝〟で剣素振り   合気の剣は〝勝速日〟                      天の浮橋に立つのタイトルに 1. 「うっちゃり」(打っ棄り)と合気道の返し技は〝正勝吾勝〟2024/4/4                      2. 合気道における上肢の運動表現 2024/4/10 「令和6年のおしらせ」に4月の稽古予定                           稽古の記録 2010/8/15〜2024/4/14

武技の生まれる動作を裏打ちするもの(生成化育のタイトルより)

武技の生まれる動作を裏打ちするもの 

  ——— 合気道開祖植芝盛平の言葉より

 

魂、氣、魄

生きている人にとって、その心身が働きを持つためには覚醒して活力を得ることが必要である。眠っているか休んでいる時の心のたましい魂と体のたましい魄はそれぞれ天地にあるものと思い、その間は大気によって満たされ、呼吸することで命は保たれていると考える。

 

合気は禊

植芝盛平合気道開祖は、はじめに天の浮橋に立ち、禊によって合気が始まる、と説いた。すなわち、片寄りのない左右の足で大地に立ち、吸気で両手を広げて天から魂氣を受け、地から魄氣を受けることを思う。呼気で両手の掌を打ち合わせて音を立てると魂氣は全身にひびき、下丹田に集まると思うことにする。これが天地の気に気結びするという言葉と思いと動作の三位一体であり、魂気(手)と魄気(足腰)の気結びが禊、つまり合気なのである。

 

正勝吾勝

今、右足を軸として上体を支えると左足は非軸足となり、軽く半歩前に出して足先を地に触れるのみとする。両手のひらに魂氣の珠を包むと親指で蓋をしてから、正対する下丹田の脇に手背を前に向けて置き、呼気相とする。この足腰を左半身と呼び、陰の魄気による働きで成り立つものと思うことにしている。この時の右軸足と同側の魂氣は体軸に与り、開祖はこれを〝吾勝〟と呼ぶ。

また、非軸足と下丹田に置かれた同側の手は体軸から解かれており、開祖はこれを〝正勝〟としている。非軸足と左の手は魄気と魂氣の結びを解いており、互いに自由な動きが可能であるはずだ。つまり、左足先は前後左右に置き換えられ、同側の魂氣は〝空の気を解脱し〟〝身の軽さを得て〟虚空に発することができる。この場合、空の気とは体軸を地に立たせる軸足として働く魄気、つまり右の足腰を指していると解釈できる。

 

鳥船と魄気の陰陽

鳥船の動作はこの陰の魄気から始まる。地を踏み詰めたまま吸気で右軸足を伸展し、同時に左の非軸足は足底全体で地を踏み、下腿を直立させる。この瞬間、軸足と体軸は欠如して左右の足は非対称の姿で体幹軸を地の上方で支えるにすぎない。しかし、このとき左の腰は前方の左足に合わせて前に振れるから下丹田は内(右前方)に向かう。体幹軸は直立して目付は前方を保ち、両手の振り込み突きで魂氣を前方へ発するために、下丹田は右前下方の地を指して三点で体幹軸を支える必要がある。この一瞬の姿勢を陽の魄気と私は呼んでいる。

 

魂氣の陰陽

掌に魂氣の珠を包んで虚空に発しようとして上肢を伸展する動作は陽の魂氣、丹田に巡って体軸に置くときは陰の魂氣と呼ぶことにする。掌を上に向けると狭義の陽、地に向けると狭義の陰と称し、広義の陰陽、狭義の陰陽の順で表現することにする。例えば、小手返しの手は陰の陽、二教の手は陰の陰、片手取り昇氣呼吸法は吸気で掌を開いて母指先の反りに合わせて陽の陽の手、入り身投げは手刀の母指先が地を指して陽の陰の手ということになる。

鳥船の動作では吸気とともに魄気は陽で魂氣を陽で発し、呼気で陰の魄気に同期して魂氣は陰に巡る。左、右、左半身で3回行い、はじめは母指先を地に向けて掌を開かずに振り込み突きで差し出し、次は右半身で母指先を前に向けてやはり魂氣を包んだまま直突きで差し出す。最後は左半身で掌をしっかり開き、地に向けて陽の陰で差し出す。鳥船で掌に大気を包み、振り魂で下丹田に魂氣の珠を思い、吸気で掌を開いて魂氣を虚空に発する。虚空とは何もない空間、大空であるが、すべてのものの存在する場所という意味でもある。以上が鳥船の思いと動作である。

 

入り身転換と体の変更

ここまでは動作といえども体軸移動を伴わない。陰から陽の魄氣で体軸を無くして体幹軸の微動と僅かな腰の切れに止まり、一呼吸で陰の魄気に戻るわけだ。一方、軸足を交代して体軸が移って相手の攻撃を受け流すなり、体を開いて真中を外すとか、入り身をして制するなどの動作は全て体軸の移動を伴う。つまり、魄気の陽から後ろの伸展した足を地から離して前の足に引きつける、いわゆる継ぎ足で二足が一本の軸足になり、体軸移動が成り立つ。入り身運動であり、基本動作の一つだ。これに転換が加わり入り身転換、一歩後ろに置き換えて軸足交代すると体の変更。また、入り身をせずにその場にて後ろ半回転で三面に開く体の変更。即後ろ転換で一回転、外転換なら受けの後ろ三角に進む隅落とし裏の動作となる。三面に開いて陽の魄氣で前方に放てば呼吸法表の動作である。

 

体軸移動は勝速日

魂気の陰陽・巡り・結びを三要素とし、魄気三要素は陰陽・入り身・転換回転とする。魂気三要素は呼吸法による手の働きを生み出し、魄氣三要素からは足腰の基本動作が確立する。体軸を作る手足が左、右と交代し、空の気(魄気)つまり体軸を解脱した手は身の軽さを得て魂の比礼振りが起こると喩えられ、虚空に円を描いて掌を開くと魂氣の珠は真空の気に広がり、呼気とともに丹田に巡って自身の魄気と結んで体軸移動が終わる。これが開祖によって〝勝速日〟に喩えられている。(道歌参照)

 

武産合気とは正勝吾勝勝速日

正勝吾勝で魂気を発し、非軸足を置き換えて軸足交代による体軸移動が始まり、同時に陽の魂氣が真空の気に結んで巡り、母指先が円を描いて自己の丹田に結べば陰の魂気で掌に再び魂気の珠を包んでおり、魄気と結んで体軸を成す。左右の魂氣と魄氣が一つになった体軸確立の瞬間が勝速日である。このとき円の中心に武技が生まれる。したがって勝速日とは残心の姿そのものである。

 

まとめ

魂気と魄気が結んで体軸をなし吾勝、対側は解かれて非軸足と魂の比礼振りが起こり自在に働く正勝。これらが交代するうちに虚空で円を描くと、左右の魂氣と魄気の一つに結ぶ合氣が体軸を確立する。そこに技が生まれて残心の姿こそ勝速日。

熱も光も愛も気も、物として捉えることはできないが、円の動きを裏打ちして真中に技が生まれる。

 心を表現する言葉、言葉と調和した肉体の活動。言葉と思いと動作の三位一体はあらゆる活動の原理である。

 

道歌:合気とは 筆や口にはつくされず 言ぶれせずに悟り行え

   真空と空のむすびのなかりせば合気の道は知るよしもなし

 

 正勝吾勝勝速日・武産合気に全てが含まれる。

リンク

公益財団法人合気会 

本部道場の公式ホームページです

大阪合氣塾

吹田市を本部とする須磨 弘師範の道場です

和氣會

豊中市を中心とする道場で池田憲夫師範のご指導です

兵庫合気会

姫路市を中心とする道場で山田芳朗師範のご指導です

神戸大学体育会合気道部
神氣館館長辻本大治師範の母校合気道部です

大阪武育会会長木村二郎首席師範のご指導です

流山合気会

千葉県流山市を中心とする永井 純師範(義粋館指導者)の(公財)合気会公認道場です