天神町道場稽古記録 技の成立は単独基本動作を逸脱しない体捌きによる

  • 単独動作の自主稽古のために:剣素振りを裏打ちする不動の軸足について正勝吾勝の動作を説明す
  • 禊:天の浮橋に立たされて天地の氣に氣結びする/鳥船、左右左
  • 単独呼吸法坐技:

  ①降氣(吸気で両手を緊張伸展して掌に大気を受け、指先からは気力が迸り出る思いにて両上肢を広げる。次に呼気を続けつつ両手で大気を掻き取りながら弛緩屈曲して腋と肘を閉じ、掌に大気を包み込むように手首を屈曲して母指先が側頸に着くよう腋を開いて前胸部を下丹田へ降りる)

  ②回外(降氣の途中、手首を屈曲したら母指先は前方を指して、腋を開かない。吸気で手掌を前方に向けて円を描きながら左右を正中で合わせ、呼気で掌に大気を掬う形で下丹田に降ろす)

 昇氣(吸気に伴い両膝の上で掌を天に向けて開きつつ大気を手に受ける気持ちになる。呼気で掌に大気を包み腋を開きながら両母指先をつけて他の指で前胸部を側頸まで上昇し、吸気で両手を緊張進展して掌を天に開くと呼気で下丹田に降りる)

 ④入り身運動(両掌に大気を包んだまま一方を下丹田、他方を腰仙部に回し、交互に繰り返す)

 ⑤振り子運動(体軸を左右に傾ける動作を繰り返す)

 ⑥両手で天地に氣の巡り(吸気で右手掌を見れば左は手背を見て正面にかざしてから、呼気で右は体側の地に、左は下丹田に降ろす。これを呼吸とともに左右入れ替えて繰り返す)

  • 合気体操
  • 初心者は坐技で片手取り、交差取り、正面打ちの相対動作から、その理合に触れた。
  • 坐技正面打ち三教を合気体操から動作した。
  • 有段者は肩取り正面打ちの三教裏について、体捌きの違いから四方投げとの違いを体得した。

 *入り身転換から体の変更が四方投げへの体捌きであり、受けを取りの表に導く。三教は外転換反復で杖の振りかぶり近似により受けを取りの背部へ導く。三教に取った手の対側は受けの手首ではなく、杖の操法に準じて上腕伸側に添える。

リンク

公益財団法人合気会 

本部道場の公式ホームページです

大阪合氣塾

吹田市を本部とする須磨 弘師範の道場です

和氣會

豊中市を中心とする道場で池田憲夫師範のご指導です

兵庫合気会

姫路市を中心とする道場で山田芳朗師範のご指導です

合気道愉々会(ゆうゆうかい

加古川市を中心とする道場で吉田 司師範のご指導です

神戸大学体育会合気道部
神氣館館長辻本大治師範の母校合気道部です

大阪武育会木村二郎師範のご指導です

流山合気会

千葉県流山市にて永井 純師範(港区合氣道連盟会長)が会長をされている(公財)合気会公認道場です