日曜稽古の記録 体捌きで切る

  • 禊、鳥船
  • 単独動作坐技呼吸法
  • 合気体操
  • 単独基本動作
  • 相対動作坐技呼吸法:片手取り3本、交差取り表/裏

 *受けの直突きに短刀術

  • 突きに中段受け流し回外して異名側の頸部に陽の陰で入り身投げ
  • 取りは正立で真中を与え、逆手で短刀の棟を前腕屈側に接するように持ち、受けの直突きに中段受け流しで外転換・逆半身外入り身で陰の陽に返し、刃先を受けの頸部に向けて短刀を把持したまま母指先を陽の陽で発すると受けの頸部を近位から遠位へ横切りとなり、陽の陰に返して相半身外入り身で下丹田に巡ると入り身投げ表
  • 取りは正立で真中を与え、逆手で短刀の棟を上に持ち、受けの直突きに外転換下段受け流しで上から外巡りに受けの手首を払うと、取りの手は陰の陰(二教の手)となって短刀の刃先と手首の間に受けの手首が挟まれ、取りが小手返しの手に返して受けの手首を引き切り、刃先を受けに向けるように逆半身外入り身で母指先を陽の陽で発すると受けの頸部を近位から遠位へ横切りとなり、陽の陰に返して相半身外入り身で下丹田に巡ると入り身投げ表/受けの手首を挟んだまま逆半身外入り身転換・体の変更で入り身投げ裏
  • 取りは正立で真中を与え、順手で短刀の棟を上に持ち、受けの直突きに外転換で異名側(体軸側)の手は陰の陽に畳んで受けの手首を削ぎ、同名側の短刀で受けの頸部(または眼列)を遠位から近位(外から内)に横切りして下段受け流しで対側の手を受けから離した瞬間に取りの手首を受けの手首に合わせると同時に、対側の手で小手返しに持ち替えて短刀を陽の陽に返し、その場入り身転換で小手を返すと刃先で手首の表面が切れる。柄頭で受けの手背を打ち受けが腰から落ちると刃先で受けの頸部、肘の順に当て、同側の足を受けの側頸に接して置き、受けの頭側を周って体を転じると刃先は肘の周りを切りつつ小手の返しに捻りが極まり、短刀を奪い取る。/小手返しに持ち替えて体の変更で小手返し裏/短刀を受けの手首から受けの頸部へ横切りで入り身投げ小手返し

リンク

公益財団法人合気会 

本部道場の公式ホームページです

大阪合氣塾

吹田市を本部とする須磨 弘師範の道場です

和氣會

豊中市を中心とする道場で池田憲夫師範のご指導です

兵庫合気会

姫路市を中心とする道場で山田芳朗師範のご指導です

合気道愉々会(ゆうゆうかい

加古川市を中心とする道場で吉田 司師範のご指導です

神戸大学体育会合気道部
神氣館館長辻本大治師範の母校合気道部です

大阪武育会木村二郎師範のご指導です

流山合気会

千葉県流山市にて永井 純師範(港区合氣道連盟会長)が会長をされている(公財)合気会公認道場です