稽古の記録 開祖植芝盛平の教えと宮本武蔵の兵法より

 鳥船

鳥船とは、陰の魄氣(吾勝)から吸気で軸足を伸展し、体軸が魄氣から解かれて体幹軸が直立のまま、両手に魂氣の珠を包んで母指先は地を指し、手根を前方に伸展して(正勝)非軸足が地を踏んで脛を直立した瞬間(陽の魄氣)、〝踏み詰める足は待ちの足〟を嫌って、伸展した足を呼気でその場に軸足へと戻し、魂氣を下丹田に巡らせて陰の魄氣(吾勝)に戻る動作である。

 

魂の比礼振り

軸足側の魂氣は体軸に与るが、非軸足側の魂氣は下丹田に置かれても体軸から解かれており、非軸足先とともに自在に空間へと発することが出来る(正勝)。たとえば、相対動作における片手取り入り身転換から体の変更では、一旦正勝で受けに与えた手であっても、入り身転換によって下丹田に結ぶと体軸に与って吾勝をあらわし、体の変更で体軸から解かれるとふたたび正勝となる。つまり、開祖の言葉では魂の比礼振りが起こったわけで、身の軽さを得ている

 

残心

 一方、踏み詰める足の陽の魄氣では、伸展した対側の足を瞬時に継いだ左右一つの軸足で体軸を進めると、入り身一足(勝速日)の動作になる。〝二つ運んで一足進め。二つと思えば、常にあゆむ足也〟。

相対動作では勝速日が残心そのものとなる。なぜなら、そのとき後ろの足に軸を思うだけで即座に陰の魄氣(吾勝)となり、前の足に軸を思えばその場で転換・入り身転換となり、やはり陰の魄氣で不動の体軸のもと、千変万化への体捌きが可能になるからである。

 

初動の魄氣と剣の素振り 

陽の魄氣で静止して、踏み詰めた前方の足と同側の手を差し出し、相手の反応を待てば後手を引くわけであるから、取りが受けに与える際は吾勝で体軸を作り、正勝で上/下段に発するべきであろう。つまり、合気道での剣の素振りはまさに徒手における初動の根本を成しているわけだ。

 素振りでの前方の足は踏み詰めてはならず、これに反して合氣の剣は踏み詰めて瞬時に〝二つ運んで一足進め〟入り身一足となる。確かに魄氣は陰から陽を経て入り身一足となるのだが、目視し難いのが術理である。徒手では転換/入り身/入り身転換/回転/体の変更に陽の魄氣が内包されている。踏み詰めても待たずに軸足交代へと動作するから見えないのである。

                           2022/1/29

リンク

公益財団法人合気会 

本部道場の公式ホームページです

大阪合氣塾

吹田市を本部とする須磨 弘師範の道場です

和氣會

豊中市を中心とする道場で池田憲夫師範のご指導です

兵庫合気会

姫路市を中心とする道場で山田芳朗師範のご指導です

合気道愉々会(ゆうゆうかい

加古川市を中心とする道場で吉田 司師範のご指導です

神戸大学体育会合気道部
神氣館館長辻本大治師範の母校合気道部です

大阪武育会木村二郎師範のご指導です

流山合気会

千葉県流山市にて永井 純師範(港区合氣道連盟会長)が会長をされている(公財)合気会公認道場です