*神氣館【 高槻市 天神町道場 】               Shinkikan aikido tenjincho-dojo         (公財)合気会公認道場                                  Takatsuki-city Osaka JAPAN                               大阪府合気道連盟加盟道場                                                                              開祖の言葉を動作する                      不動の軸足 正勝吾勝 左右一つに 勝速日                     正勝吾勝で剣素振り  合気の剣は勝速日                 「生成化育」のタイトルに「1. 魂気(手)の動作には体捌き(魄気の動作)が必須」2022/1/15              稽古の記録 2021/12/31に「令和3年の神氣館を振り返る」                         稽古の記録 2022/1/22に「踏み詰める足は待ちの足」 「おしらせ」に令和4年1月の稽古予定                           稽古の記録2010/8/15〜2022/1/23

日曜稽古記録 正勝吾勝と勝速日それぞれの動作の違い

  • 禊:天の浮橋に立たされて天地の氣に氣結びする(自然本体)/鳥船、左右左(半身で体軸の確立)
  • 単独呼吸法坐技:降氣、回外、昇氣、両手で天地に氣の巡り、入り身運動、振り子運動
  • 合気体操
  • 単独基本動作:剣を右手に把持して自然本体。右手足に振り子運動で軸を寄せて左足先を外向きに踏み替えて軸とし、左手で柄尻を包んで魂氣と魄気を下丹田に気結びし、左の手足腰の一致で体軸の確立。右足踵を左足背に被せて右足先は軽く半歩出して地に置くと右半身の確立。この足腰を陰の魄気と呼ぶことにする。開祖はこの軸足を吾勝、非軸足を正勝と呼んだ。
  • 単独基本動作、剣の素振り=正勝吾勝:左手を上丹田にかざすと正面打ちの振りかぶり。体軸を左手足腰に維持したまま右手右足先を同期して前方に伸展し、剣先を上丹田の高さで前方に発すると右半身正面打ち。右手を上丹田に右足先を体軸まで巡らせ、剣を振りかぶる陰の魄気となり、合気の剣素振り反復。
  • 単独基本動作、合気の剣・正面打ち(入り身一足)=正勝吾勝勝速日剣の素振りで右手右足先を伸展・前進すると同時に左軸足を伸展して右足先から足底で地を踏んで右下腿を直立する。鳥船における陽の魄気の瞬間であるが左足は地を離れて右足踵に接して地を踏む。両足で一本の軸足を成して体軸に与る。右手はさらに伸展して魂氣は剣先に連なり、左手は腋が閉じて中丹田の高さで前腕が伸展する。これにより右半身で下丹田が内側前下方に向く。腰を切ると称し、足に着目すれば入り身一足となり、正面打ちの成立の瞬間である。しかし静止ではない。即左足に軸足を交代して右足先は地に触れるのみで剣先は上丹田の高さを維持しながら左手は下丹田に巡って結ぶ。ここで静止と同時に右半身の陰の魄気に戻る、つまり軸足が確立し、右足は非軸足で右手とともにあらゆる剣操法を可能とする、残心である。正勝吾勝に戻る。

 *すなわち入り身一足は動作の終末であると同時に技の生まれる瞬間であり、勝速日に喩えられるが、残心は静止である一方、動作の始まりの瞬間となり得る。

  • 徒手にて入り身運動各種、勝速日を残心とする。
  • 入り身転換から体の変更、後半回転で体の変更・その場で入り身転換=後ろ一回転、前方回転/後方回転
  • 坐技片手取り/交差取り呼吸法
  • 短刀取り:正面打ちに相半身古典的一教運動で受けの上腕を立てて腋を開き、逆半身入り身と同時に体軸を確立して同名側の手で受けの手首を掬って入り身転換・体の変更・その場入り身転換で正座しつつ受けの手を地に結び、肘を起こして前方に抑えて受けの握りの緩むに乗じて短刀を取る。
  • 短刀取り:側頸の突きに異名側の手で逆半身の陽の陽の魂氣を与えて受けの前腕を制御して外転換で相半身とし、対側の魂氣で振り込み突きから受けの同名側の手首を四方投げの持ち方近似で包み、両手で天地に気の巡り近似で体の変更・その場入り身転換で座って地に固める。
  • 短刀取り:突きに内転換杖巡りで同名側の手は下から、異名側の手は上から、受けの手首を包んでその場入り身転換で上丹田に振りかぶり、前方回転で短刀を取ってから四方投げ
  • 短刀取り:突きに外転換杖巡りで同名側の手は上から、異名側の手は下から、受けの手首を包んで前方の非軸足を内股に軸として、同名側の大腿を切るように振りかぶり、非軸足先を外股に軸足交代して前方回転で体の変更にて八双の構えで三教裏、短刀を取って後ろ回転と同時に受けの肘内側を抑えて固め。
  • 短刀取り:後から背に突きつけられた短刀に対して振り子運動で非軸足を外股にして踏み直すと前方回転で受けの母指球を包んで体の変更・後ろ回転で小手返し、以下記述を省略
  • 杖取り:突きに相半身で両手取り近似により前の非軸足を外に置き換えて軸とし、後ろの軸足側の手は地に向けて非軸足とする時、受けの杖を八双の構えで差し上げて受けの両手は縦に並ぶ。一歩踏み込んで正面打ちにより呼吸投げ。
  • 杖取り:突きに相半身で両手取り近似により前の非軸足を踏んで軸として同側の手を上丹田に結び、同時に後ろの非軸足を一歩前に進めて杖に被せた手を同期して前方に掲げて入り身転換すると四方投げ表。

リンク

公益財団法人合気会 

本部道場の公式ホームページです

大阪合氣塾

吹田市を本部とする須磨 弘師範の道場です

和氣會

豊中市を中心とする道場で池田憲夫師範のご指導です

兵庫合気会

姫路市を中心とする道場で山田芳朗師範のご指導です

合気道愉々会(ゆうゆうかい

加古川市を中心とする道場で吉田 司師範のご指導です

神戸大学体育会合気道部
神氣館館長辻本大治師範の母校合気道部です

大阪武育会木村二郎師範のご指導です

流山合気会

千葉県流山市にて永井 純師範(港区合氣道連盟会長)が会長をされている(公財)合気会公認道場です