水曜稽古の記録 魄の上に魂を置く、正勝吾勝

  • 禊:天の浮橋に立たされて天地の氣に氣結びする/鳥船、左右左
  • 単独呼吸法坐技:降氣、回外、昇氣、入り身運動、振り子運動、両手で天地に氣の巡り、
  • 合気体操
  • 単独基本動作(体捌き):入り身運動で入り身一足(二教の手、振込突き、横面打ち、下段受け流し、上段受け流しで返し突き=一教運動裏)、一教運動表(井桁に進んで連続入り身運動と振り込み突き)、片手取り想定で入り身転換・体の変更・その場で陽の魄気、片手取り想定で後方半回転は体の変更・その場で入り身転換(後ろ一回転)、交差取り想定で後方半回転に昇氣で側頸に結ぶ、前方回転(半回転連続/一回転)、後方回転
  •  相対基本動作: 軸足を作って同側の手を腰仙部に回し、魂氣と魄気を結んで体軸を確立する(吾勝)と対側の手足は自在に動作できる。そこで魂氣の珠を包んで下段に与える。受けは異名側の手でそれを制御するべく手首をおさえて掴もうとする。片手取り(に内巡り逆半身外)入り身転換/片手取り入り身転換・体の変更
  • 片手取りに(外巡りで対側の振り込み突きを払わせて)相半身外入り身転換とし、与えた手は陰の陽で上丹田に結び対側は陰の陽で腰仙部に結んで体軸に与る。(非軸足先を後ろに一歩置き換える)体の変更で、魂氣は側頸に降りて母指先が結ぶと肘頭が受けの胸骨上窩に嵌まり、体軸移動が確立する。交代した非軸足先を内股にして踏む軸足交代により、その場での入り身転換にて魂の比礼振りが起こった魂氣を側頸から陽の陽で受けの同側の頸部に発して、同側の非軸足を同時に(受けの後ろ三角の頂点に進めて)魂氣は体側に巡って外入り身一足で残心、呼吸法。受けは取りの後ろに落ちる。

*手を受けの側頸に発する思いと、対側の非軸足先を内に向ける軸足交代で体軸を移動させる思いが、同時であってはならない。まして、その対側の魄気と魂氣の結びによる体軸確立を忘れるようであってはならない。つまり手が先に出て陽の魄気が後に続くようでは正勝吾勝の動作とは言えない。〝魄の上に魂を乗せる〟すなわち、体軸の確立あっての魂の比礼振りである。陰の魄気で対側の魂氣を陽で発し、陽の魄気では魂氣が既に陰へ巡っている。右、左の魂氣と魄気の結びが交代して連動して行くのが体捌きとなる。

  • 体軸を作って対側の魂氣を上段に与えて受けの手刀を導く(正勝吾勝)。陽の陽で手刀に結ぶと一教運動表で井桁に進み、受けの真中へ振り込み突きにて両手で気の巡りを陽の魄気から陰に巡って動作し、非軸足の膝を着き、次に対側も膝を着いてその場で正座すると固め。
  • 正面打ち一教裏:上丹田に陰の陽で結び、母指先と反対方向へ母趾先を向けるように、つまり踵を母指先と同方向へ向けて着くと軸足に交代する。体軸交代が魄気と魂氣の結びによて確立すると同時に魂氣は鎬を作ることになり、対側の手は魂の比礼振りとなって逆半身入り身で返し突き、そのまま(入り身)転換とともに両手で気の巡り、更に体の変更に連ねてからその場入り身転換で後一回転となり、軸足から膝を着いて正座で固め。正面打ち一教裏。
  • 両手で気の巡りではなく、正面打ちで手刀を合わせて後ろ回転して地に巡らせて座ると呼吸法裏。
  • 後両手取り小手返し
  • 坐技交差取り三教

リンク

公益財団法人合気会 

本部道場の公式ホームページです

大阪合氣塾

吹田市を本部とする須磨 弘師範の道場です

和氣會

豊中市を中心とする道場で池田憲夫師範のご指導です

兵庫合気会

姫路市を中心とする道場で山田芳朗師範のご指導です

合気道愉々会(ゆうゆうかい

加古川市を中心とする道場で吉田 司師範のご指導です

神戸大学体育会合気道部
神氣館館長辻本大治師範の母校合気道部です

大阪武育会木村二郎師範のご指導です

流山合気会

千葉県流山市にて永井 純師範(港区合氣道連盟会長)が会長をされている(公財)合気会公認道場です