*神氣館【 高槻市 天神町道場 】               Shinkikan aikido tenjinmachi-dojo (公財)合気会公認道場                                   Takatsuki-city Osaka JAPAN         大阪府合気道連盟加盟道場                                        開祖植芝盛平の思いと言葉を動作する Deriving basic techniques from words and the thought that Morihei Ueshiba conveyed 不動の軸足 正勝吾勝 左右一つに 勝速日                  正勝吾勝で剣素振り  合気の剣は勝速日         「生成化育」のタイトルに「2. 『合気神髄』に隠れた言葉を探り、合気道を象徴する言葉からは動作を読み解く」2022/2/15                 「3. 合氣道の思いと言葉を動作に現せば」2022/4/30             稽古の記録 2022/1/22に「踏み詰める足は待ちの足」                   2022/1/29に「開祖植芝盛平の教えと宮本武蔵の兵法より」                   2022/2/11に「正勝吾勝と勝速日は動作である」 「おしらせ」に令和4年5月の稽古予定                           稽古の記録 2010/8/15〜2022/5/15

開祖の正勝(豊雲野神)による千変万化とは

 下段や上段に魂氣を与える際、対側で軸足を作って非軸足を半歩更に進め、魂氣を包んだ同側の手を受けの真中に伸展する。

上段に与えて手刀に開く場合と、下段に陰の陽で魂氣を包んだまま与える場合がある。

 ただし、下丹田に魂氣を置いて、同側の非軸足先は軸足の前に軽く出して、いわゆる半身の陰の魄氣から正に魂氣を発しようとする際に、受けが横面打ちや正面打ちの先手で動作することもある。

 

 ここでは、下段に魂氣を与えて受けが逆半身でこれを抑えようとする場合の、いわゆる片手取りについて詳説する。

 今、鳥船の陽の魄氣で差し出して受けが片手取りを動作すると、後ろの軸足は伸展して前方の下腿は垂直に地を踏みしめている。つまり軸足を欠いた状態であり、体軸は後ろの足を離れて、地を踏んだ前方の足近くに偏っている。この瞬間、受けの動作を防禦しつつ取りが攻勢をかけるには後方の足が地を離れて置き代わるしかない。なぜなら、受けと同じ剣線上では取りの技が成立しないからである。 

例えば後の足が一歩前に進む相半身入り身から両手取りに展開するか、半身を変えずに半歩内方へ90度置き代える内転換か、外へ90度置き換える外転換である。仮に鳥船のように陽の魄氣から陰へと軸足を伸展から屈曲へと戻して体軸を維持すれば、取りは明らかに後手を引くので瞬時に劣勢となる。

 受けに取らせたとき、陽の魄氣で前方の足が地を踏んだまま、足底を45度まで内に捻ることは可能であろう。すると、後ろの足を外から後方へ180度置き換えて、半身を転換しない体の変更もなんとか可能であろうか。しかし、この置き換えは伸展した足を後ろに半回転するわけで、何よりも回転の軸が厳密には前の足ではなく、軸足に連なることのない前方寄りの体軸に他ならない。  

 したがって、与えた魂氣は下丹田に置いても魄気と結んで体軸に与るわけではない。まして与えた手を下丹田に結ばず、緊張伸展して虚空に固定し、しかも体軸を確立すべき軸足も持たず、陽の魄氣のまま後ろの伸展した足を更に後方へ半回転して体の変更と称することになる。そこでは〝吾勝〟に象徴される体軸確立、すなわち魄氣の働きが現わされていない。そのうえ非軸足を後方へ一歩置き換え、体軸に与らない同側の魂氣(つまり与えた手の対側の手)を腰仙部に巡って体軸の交代を成す動作が欠如する。その動作は〝正勝〟と呼ばれ、「豊雲野神」に象徴される非軸足を自在に置き換え得るということで、千変万化の体捌きを表現されたものであろう。

 魄氣と魂氣の結びによる体軸確立の基であれば、与えた手は下丹田で魄氣に結んで体軸の交代に与り、対側の魂氣は体軸から解かれて、〝身の軽さを得て〟入り身転換・体の変更という一連の動作で、陰陽・巡り・結びの手の動作を存分に為し得る。まさに魄の上に魂を載せて手を自由に働かせることができるというわけだ。

 受けに与えた手は、入り身転換によって下丹田に巡り、同側の軸足とともに魂氣と魄気の結びによって体軸に与るが、交代した非軸足が弛緩屈曲して一歩後ろに置き換わる体の変更の時点で、下丹田に置かれたまま体軸から解かれて身の軽さを得る。

 つまり、開祖の表現による〝魂の比礼振り〟が起こったことになるのであろう。再度交代することになった同側の非軸足に合わせて、魂氣の三要素、陰陽・巡り・結びを手の動作とし、自在に受けを導くことができる。  「同根一体」2021/11/14より引用

日曜稽古の記録 入り身転換は静止、体の変更は変動

 

  • 禊:天の浮橋に立たされて天地の氣に氣結びする/鳥船、左右左
  • 単独呼吸法坐技:降氣、回外、昇氣、両手で天地に氣の巡り、入り身運動、振り子運動
  • 合気体操
  • 単独基本動作(体捌き):入り身運動(二教の手、振込突き、横面打ち、下段受け流し、上段受け流し)、一教運動表(井桁に進んで連続入り身運動・魂氣は両手で天地に氣の巡り)、片手取り想定で入り身転換から体の変更、片手取り/交差取り想定で後方半回転にて体の変更、前方回転(前方半回転連続/一回転)、後方回転(後方半回転+その場で入り身転換)
  • 相対基本動作坐技正面打ち一教表裏
  • 片手取りから相半身両手取り・内転換で天地に結ぶと下丹田の非軸足側の魂氣を体の変更で同側の膝とともに地に結ぶ/天地に結ぶとその場入り身転換で魂氣の天地を入れ替えて内転換で同側の膝とともに地に結ぶ、呼吸投げ
  • 陽の陰(手刀の母指先が地を指す)で与えて諸手取りに、魂氣を包みながら外転換で腋を閉じ、肘を畳んで手首を屈曲すると母指先は側頸を指す。回外して母指先は前方を指すと受けと結んで体軸に与り、受けの両手は縦に並ぶ。対側の非軸足へ軸足交代して母指先と同時に同側の膝を地に結ぶと呼吸投げ
  • 片手取り外巡りで非軸足先を合わせて半歩外に進め、対側の手で振り込み突きを払わせて相半身外入り身転換で与えた手を上丹田に陰の陽で結び(天)、対側の手は腰仙部に回して体軸に与り、非軸足を一歩後ろに置き換える体の変更とともに同側の魂氣を上丹田から側頸に下ろして(このとき目付を外に向けると真下に側頸が開く)結び、肘頭が受けの胸骨上窩に嵌り、その場入り身転換で呼吸法。
  • 片手取り外巡りで非軸足先を合わせて半歩外に進め、対側の手で振り込み突きを払わせて相半身外入り身転換で与えた手を上丹田に陰の陽で結び(天)、対側の手は腰仙部に回して体軸に与り、非軸足を一歩後ろに置き換える体の変更とともに同側の魂氣を上丹田から地に伸展して矢筈に開いた母指示指間を受けの手首に嵌めて取り返し、対側の手は手刀で天に振りかぶって受けの項に振り下ろしてこれを包むと下丹田に結び、受けの手首を取る手は天に差し上げる。項を中心に、受けの天に伸展した手を半径として、陽の魄気で前方に押し出すと回転投げ。
  • 諸手取りに外転換で与えた手を畳んで天に向けた母指先をその場入り身転換で回外して前方を指し、結んだ受けの同名側の手首を持ち返して対側の手で同名側の受けの手首を取る。このとき取りの両手はともに陽の陰に発する(両方とも手背を見る)。そこで魂氣の天地を入れ替えてその場入り身転換で十字投げ
  • 諸手取りに外転換で畳んだ手の母指先は側頸から回外して前方を指し、その場入り身転換で体軸から解かれると一気に母指先が地に降り、さらに同側の母趾先に合わせて前方に発し、一歩進んで中段に魂氣を発して受けの異名側の腋に接して魂氣を陽の陰に巡ると下丹田に結ぶ入り身一足で天秤投げ
  • 受けの正面打ちに同時で合わせて対側の返し突きで入り身転換の間に受けの項を包み、体の変更で受けの回り込みを八双の構えで迎え容れて天に導き一歩進めて陽の陰から陰の陰で下丹田に結んで入り身一足、入り身投げ裏

 *表は上段に与えて受けの手刀に気結びして一教運動表(井桁に進む半身の転換)で逆半身から相半身への外入り身。

  • 坐技両手取り呼吸法:両手を手刀で中段に与えて受けの両手の圧力に前傾で腋を閉じて側胸から下丹田に肘を通してこれを受け容れ、底丹田で魄気に結ぶ(心の持ちよう)と体軸を起こして受けの魄気をも受け容れて振り子運動で横に振れる。腕の魂氣は導線に過ぎない思い。

リンク

公益財団法人合気会 

本部道場の公式ホームページです

大阪合氣塾

吹田市を本部とする須磨 弘師範の道場です

和氣會

豊中市を中心とする道場で池田憲夫師範のご指導です

兵庫合気会

姫路市を中心とする道場で山田芳朗師範のご指導です

合気道愉々会(ゆうゆうかい

加古川市を中心とする道場で吉田 司師範のご指導です

神戸大学体育会合気道部
神氣館館長辻本大治師範の母校合気道部です

大阪武育会木村二郎師範のご指導です

流山合気会

千葉県流山市にて永井 純師範(港区合氣道連盟会長)が会長をされている(公財)合気会公認道場です