日曜稽古の記録 合気の剣と二寸の開き

  • 禊:天の浮橋に立たされて天地の氣に氣結びする/鳥船、左右左
  • 単独呼吸法坐技:降氣、回外、昇氣、両手で天地に氣の巡り、入り身運動、振り子運動
  • 合気体操
  • 単独基本動作(体捌き):入り身運動(二教の手、振込突き、横面打ち、下段受け流し、上段受け流し)、一教運動表(井桁に進んで連続入り身運動・魂氣は両手で天地に氣の巡り)、片手取り想定で入り身転換から体の変更さらにその場入り身転換、片手取り/交差取り想定で後方半回転にて体の変更、前方回転(前方半回転連続/一回転)、後方回転(後方半回転+その場で入り身転換)。
  • 単独基本動作:剣素振り・正面打ち
  • 相対基本動作:合気の剣
  • 相対基本動作・剣合わせ:正面打ち上段返し打ち/突き下段返し突き
  • 松の剣:正面打ちに突きで上段返し打ち
  • 梅の剣:正面打ちに相半身内入り身燕返し/相半身外入り身で切り上げて八相の構えから逆半身で切り下ろし
  • 竹の剣:正立で大上段に振りかぶって突きに、内転換・相半身入り身で横切り/相半身正面打ち
  • 魂氣を下段に与えて片手取りに降氣の形から回外して外転換で二教の手を中段にかかげて対側の手で四方投げの持ち方によって振りかぶり、(非軸足を一歩後ろに置き換える)体の変更で軸足を後ろに交代して体軸を移しつつ上丹田で魂氣を狭義の陽から陰へ巡って放つ、四方投げ裏。

 *今月は横面打ち、正面打ち、片手取りについて、それぞれの四方投げを稽古した。取りの前/後方回転と体の変更による捌きの大きな違いが異なった業を生むことについて体感した。

  • 正面打ちに逆半身横面打ちで外入り身転換・体の変更で手刀を受けの側頭から異名側の橈側手首まで沿わせて下丹田へ振り下ろして母指球を包み、後ろ回転で小手返し裏。

リンク

公益財団法人合気会 

本部道場の公式ホームページです

大阪合氣塾

吹田市を本部とする須磨 弘師範の道場です

和氣會

豊中市を中心とする道場で池田憲夫師範のご指導です

兵庫合気会

姫路市を中心とする道場で山田芳朗師範のご指導です

合気道愉々会(ゆうゆうかい

加古川市を中心とする道場で吉田 司師範のご指導です

神戸大学体育会合気道部
神氣館館長辻本大治師範の母校合気道部です

大阪武育会木村二郎師範のご指導です

流山合気会

千葉県流山市にて永井 純師範(港区合氣道連盟会長)が会長をされている(公財)合気会公認道場です