開祖の教え 禊から始まる合気道の実際

禊とは、左右対象に開いた足で立つ正立から、呼吸とともに両手を天に開いて正面で拍手することで丹田に魂氣(心のたましいが天から与える力)を取り入れ、足底を通して大地から魄氣(身体のたましいが地から伝える体軸の核心)を吸い上げ、下丹田においてそれらが一つになって真に生きる力を得る動作である。言葉と思いと動作の三位一体の所作である。この意味で、天地の気を思うことで正立するのが天の浮橋に立つことに喩えられている。

 

次に右へ体を傾ける思いで右足を軸とし、右手は掌に魂氣の珠を包む思いで下丹田の右に置く。左足は非軸足となって軸足側に引き寄せ、足先を地に置く。左手も同じく掌に魂氣を包んで下丹田の左側に置く。ここで右の手足腰が一つに結んで体軸が確立し、左半身の姿勢となる。この足腰を陰の魄気と呼ぶ。

 

左半身では両手が体幹に密着し魂氣は陰と表現する。右手足は体軸に与っており、魂氣と魄氣が下丹田で結んでいる。左足は体軸から解かれており、自在に四方へ置き換えることができる。左手はその足先に合わせて母指先から魂氣を自在に虚空へ発することができる。つまり左手は下丹田に置かれても魄気に結んではいない。開祖の言葉から、魂の比礼振りが起こっている状態に相当すると考える。

この左手は魂氣を包んで受けの上中下いずれにも自在に与えることができる。つまり、母指先が地を指せば下段、内を向けば中段、天を向けば上段である。腋を開き、肘を伸展してもなお手首は弛緩屈曲し、掌は魂氣の珠を包んでいる。すなわち陰の魂氣を差し出した状態であって、母指先が円を描くと一気に全ての指が緊張伸展して掌が開き、魂氣の珠は無限の大気にひびきわたる。開祖の所謂真空の気に結ぶという思いであろう。

いまや吸気に伴い上肢は過伸展したまま脇から閉じつつ呼気に移って体側へと巡っている。左足は半歩進んで鳥船の魄気の陽から軸足へと直立し、右足が伸展して地を突き放すと魄気は一気に軸足へと移動する。つまり左の新たな軸足に右足が揃って一つとなり、左の魂氣も体側に結び、一本の体軸が移動して確立することとなる。この動きがまさに入り身一足であろう。

 

開祖は『合気神髄』(p70)において、右足(軸足)と右手を吾勝、左足(非軸足)と左手を正勝に喩えられ、〝左右一つに業の実を生み出します〟としてこの瞬間を勝速日と表現しておられる。魄気の働きは陰でも陽でもなく、つまり次の動作の方向が特定されるわけでない。また技の生まれる途中でもない。合氣の技が生まれる瞬間であり、これこそが残心であろう。両足が体軸に与る静止そのものである。

動作のなかにある瞬間こそが静止の本体である。

リンク

公益財団法人合気会 

本部道場の公式ホームページです

大阪合氣塾

吹田市を本部とする須磨 弘師範の道場です

和氣會

豊中市を中心とする道場で池田憲夫師範のご指導です

兵庫合気会

姫路市を中心とする道場で山田芳朗師範のご指導です

合気道愉々会(ゆうゆうかい

加古川市を中心とする道場で吉田 司師範のご指導です

神戸大学体育会合気道部
神氣館館長辻本大治師範の母校合気道部です

大阪武育会木村二郎師範のご指導です

流山合気会

千葉県流山市にて永井 純師範(港区合氣道連盟会長)が会長をされている(公財)合気会公認道場です