水曜稽古の記録 陽から陰は同名側、陰から陽は異名側

  • 禊:天の浮橋に立たされて天地の氣に氣結びする/鳥船、左右左
  • 単独呼吸法坐技:降氣、回外、昇氣、入り身運動、振り子運動、両手で天地に氣の巡り
  • 合気体操
  • 単独基本動作(体捌き):入り身運動(二教の手、振込突き、横面打ち、下段受け流し、上段受け流し)、一教運動表(三角法で連続入り身運動)、片手取り想定で入り身転換から体の変更・魂氣と魄気の陽、片手取り/交差取り想定で後方半回転にて体の変更(交差取りでは一歩後ろに置き換えて体軸に与る魂氣を昇気で側頸へ)、前方回転(半回転連続/一回転)、後方回転
  • 二人掛けで陰陽に分けて左右の魂氣を与えるときは取らせる瞬間にそれぞれを陽陰に巡らす。

 *陽から陰は同名側、陰から陽は異名側の手を四方投げの持ち方で取ることができる。取りの手の狭義の陰陽の巡りによって受けの諸手が縦に並び、広義の巡りに合わせて下方の手首を取ることができるからである。

  •  二教の手で入り身運動・残心が技を生む、 正面打ち入り身投げ表/裏:陰の魄氣で上段に魂氣を与えて正面を守る受けの手刀に陽の陽で結び、非軸足先は母指に合わせて外に45度進めて踏み、軸とする(一教運動表の初動に一致)。魂氣は軸足側となって取りの上丹田に結び、掌を開いたまま広義の陰・狭義の陽で体軸に与り、対側の手足で返し突きの逆半身外入り身で軸足交代と共に継ぎ足を井桁に進めて相半身で非軸足を受けの後ろ三角に指し進め同側の魂氣・手は陽の陽で小指球・尺側を受けの異名側頸部・前胸部に接してから陽の陰に巡って二教の手の入り身運動残心へ、正面打ち入り身投げ表。
  • 陰の魄氣(半身)で非軸足側の魂氣を上段に与えようと臍下丹田に置いたところを受けが先手で正面打ちを振りかぶる、手足を軸足に転じて魂氣は陰の陽で母指先から上丹田に掲げて結び、鎬を作ると同時に体軸を解脱した非軸足と同側の魂氣により返し突きで逆半身入り身転換、上丹田の鎬は陽の陽で同側の非軸足とともに今や前方を指している。受けは前方に回って対峙しようとするから取りは体の変更と同時に魂氣を天に発して受けの体軸との空間を埋める、相対的に受けの側頸に魂氣を発する。入り身または転換後の入り身で残心が入り身投げ裏を生む。

 *受けの手刀に結んで体の変更の際、受けの体軸と取りの魂氣(陽の陽)は開くばかりでなく閉じて密着する。受けの側頸を通して魄気・体軸に取りの魂氣をひびかせるのが合氣。受けの腰仙部を抜けて取りの体側に巡って入り身運動の残心で初めて受けが螺旋で落ちる。

  • 交差取り入り身投げ:下段に与えて交差取りに掌を陰から陽、陽から陰へと受けの上肢の天に発し巡って二教の手の残心で入り身投げ。表は井桁に進み、裏は体の変更からその場入り身転換(後ろ回転)で魂氣を受けの側頸に響かせる。
  •  坐技正面打ちに単独呼吸法坐技を応用して一教から四教まで、表裏。
  • 横面打ちに異名側の手で鎬を作り、同時に同名側の手で相半身振込突きを払わせて軸として内転換に合わせて同名側の手で四方投げの持ち方によって把持し、諸手で振りかぶって軸足交代で前方回転・正面打ち近似で四方投げ表
  • 横面打ちに内転換から同名側の手で四方投げの持ち方により把持して中段にさし上げ、対側の手は受けの異名側の頬部と間を取り自身の側頸に巡り、入り身転換・反復で魂氣を陽の陽に発して受けの同名側の頸部にひびかせる、呼吸法裏
  • 坐技両手取り呼吸法

 

リンク

公益財団法人合気会 

本部道場の公式ホームページです

大阪合氣塾

吹田市を本部とする須磨 弘師範の道場です

和氣會

豊中市を中心とする道場で池田憲夫師範のご指導です

兵庫合気会

姫路市を中心とする道場で山田芳朗師範のご指導です

合気道愉々会(ゆうゆうかい

加古川市を中心とする道場で吉田 司師範のご指導です

神戸大学体育会合気道部
神氣館館長辻本大治師範の母校合気道部です

大阪武育会木村二郎師範のご指導です

流山合気会

千葉県流山市にて永井 純師範(港区合氣道連盟会長)が会長をされている(公財)合気会公認道場です