水曜稽古の記録 体軸確立で魂の比礼振りが起こって魂気を与える

「同根一体」の「9. 合気道の動作の前に」を再掲します。

 

〝禊は合気である 合気は禊から始まる〟

 

禊は魂氣の三要素(陰陽、巡り、結び)と魄気の陰陽によるところの鳥船が主たる動作であるからだ。

しかし、そこに魄気の三要素(陰陽、転換・入り身、回転)が揃ってこそ、初めて合氣の動作が完成する。言い換えると、開祖によって国之常立神に喩えられ、左右に交代する軸足の確立と体軸の移動こそが合気の動作の本体である。それこそは〝千変万化〟の体捌きに相当するのである。

 

しかし、体捌きは足腰の動きのみならず魂氣三要素(手の働き)を必須とすることにあらためて気づくべきである。

言うまでもなく、禊には天地の気に気結びする魂氣三要素による手の動作があり、それは天の浮橋に立つ姿で行われる。つまり、左右の足は片寄りがなく、正立という静を現す。したがって体捌きという動作は正立という静止を前提としなければ始まらないのである。

 

その上で、開祖は教えている。

合気道とは、正勝吾勝勝速日(という言葉と思いと動作の三位一体なの)である、と。

吾勝は軸足、正勝は非軸足、勝速日は軸足への交代と同側の魂氣が丹田に結んで体軸に与る瞬間、と考えることができる『合気神髄』p70より )

                               2021/7/17

  • 禊:天の浮橋に立たされて天地の氣に氣結びする/鳥船、左右左
  • 単独呼吸法坐技:降氣、回外、昇氣、両手で天地に氣の巡り、入り身運動、振り子運動
  • 合気体操
  • 単独基本動作(体捌き):入り身運動(二教の手、振り込み突き、横面打ち、下段受け流し、上段受け流し)、一教運動表(三角法で連続入り身運動)、片手取り想定で入り身転換・体の変更、片手取り想定で後方半回転・体の変更/後ろ一回転、前方回転(半回転連続/一回転)、後方回転
  • 相対基本動作坐技:片手取り/交叉取り呼吸法各種
  • 陽で与えて陰で諸手に取らせて一歩後ろに体の変更から降氣の形で四方投げ裏
  • 陰で与えて陽で諸手に取らせて一歩後ろに相半身内転換から四方投げの持ち方で後ろ回転で四方投げ裏
  • 二人取り四方投げ裏
  • 二人取り二教入り身投げ
  • 二人取り体の変更で降氣の形から三教に、対側の手で対側の受けの手首を矢筈で包んでその場入り身転換から固め、三教の持ち替えは肘絡みの手で胸に抑え、離した手は肘絡みの手背固定に。

リンク

公益財団法人合気会 

本部道場の公式ホームページです

大阪合氣塾

吹田市を本部とする須磨 弘師範の道場です

和氣會

豊中市を中心とする道場で池田憲夫師範のご指導です

兵庫合気会

姫路市を中心とする道場で山田芳朗師範のご指導です

合気道愉々会(ゆうゆうかい

加古川市を中心とする道場で吉田 司師範のご指導です

神戸大学体育会合気道部
神氣館館長辻本大治師範の母校合気道部です

大阪武育会木村二郎師範のご指導です

流山合気会

千葉県流山市にて永井 純師範(港区合氣道連盟会長)が会長をされている(公財)合気会公認道場です