水曜稽古の記録 目付の先で書いた円い視野に映るもの

  • 禊:天の浮橋に立たされて天地の氣に氣結びする/鳥船、左右左
  • 単独呼吸法坐技:降氣、回外、昇氣、両手で天地に氣の巡り、入り身運動、振り子運動
  • 合気体操
  • 単独基本動作(体捌き):入り身運動で入り身一足(二教の手、振込突き、横面打ち、下段受け流し、上段受け流し)、一教運動表(三角法で連続入り身運動、片手取り想定で入り身転換・体の変更、片手取り/交差取り想定で後方半回転・体の変更、前方回転(半回転連続/一回転)、後方回転
  • 相対基本動作坐技:陰の魄気で掌に魂氣を包んで下丹田から上段に掲げて受けの手刀を引き出す。掌を母指先から開いて陽の陽で受けの手首に結ぶ。母指先の反りに合わせて非軸足の同側の膝を軽く外に開いて体軸とし、対側の膝を受けの真中へ軽く進めて同側の魂氣を振り込み突き近似で受けの手刀側の上腕伸側に発する。〝両手で天地に気の巡り〟によって大仏の手で坐技一教運動表(一教から四教表までの基点)
  • 坐技一教運動裏:陰の魄気で掌に魂氣を包んで下丹田に置くと受けは先手で手刀を振りかぶる。非軸足の膝を軸足のそれに密着させて魂氣は陰の陽から一気に上丹田へ陰の陰で鎬を作り体軸として同時に対側を振り込み突き近似で受けの手刀側の上腕伸側に発し、逆半身外入り身で〝両手で天地に気の巡り〟によって大仏の手で坐技一教運動裏
  • 坐技正面打ち一教表:地の手で受けの手刀の手首屈側を包み同側の膝を軽く外に開いて軸とし、地の手を膝の前に接して置くと、対側の手は陰の陽で下丹田に巡る。両手は受けの上腕伸側と手首屈側を包んで地に結ぶが、振り子運動で前者の方を軸として上体は陰の魄気で入り身転換近似の半身とするから目付は非軸足方向に合わせる。裏は軸足の膝が受けの外に位置し、対側の膝を後ろに退いて入り身転換(立ち技では後ろ回転)近似で以下表と同様。
  • 坐技正面打ち二教から四教表裏、詳細記述は省略。

 *大仏の地の手を陰の陽から陰の陰にして矢筈で二教に持つ動作は、両手とも陽の陰で抑えにかかってから持ち直すことと比較してはるかに合理的であることを体感すること。

  • 片手取り入り身転換・体の変更から隅落とし裏/後ろ半回転から隅落とし裏

 *いずれの体の変更も非軸足先が外へ直角に開いているのを先手に移る兆しとすることが肝要。

  • 片手取り外転換から入り身転換で軸足は膝を着く
  • 片手取り入り身転換・反復で呼吸法裏/交差取りに相半身外後ろ半回転から一回転の完成で呼吸法
  • 横面打ちに外転換で逆半身外入り身・井桁に進んで入り身投げ表
  • 大上段に振りかぶって真中を与え、入り身転換で円形の視野の内下半に受けの手拳が入り、頂丹田から円を描いて魂気を下丹田に巡らせると同時に体の変更(後ろ回転の軸足確立)で受けの母指球を包めば後ろ回転の完成で小手返し。

 *体の変更で受けの手拳が消えたなら取りの魂氣は下丹田に魂気の珠を包んで直ぐ同側の足を外転換の軸として非軸足と同側の魂氣をそれぞれ受けの後ろ三角と異名側の頸部に陽の陰で円を描く。瞬時に取りの下丹田へ陰の陰(二教の手)で巡らす、入り身投げ。判断ではなく一連の流れ・合氣・禊の動作。

 

リンク

公益財団法人合気会 

本部道場の公式ホームページです

大阪合氣塾

吹田市を本部とする須磨 弘師範の道場です

和氣會

豊中市を中心とする道場で池田憲夫師範のご指導です

兵庫合気会

姫路市を中心とする道場で山田芳朗師範のご指導です

合気道愉々会(ゆうゆうかい

加古川市を中心とする道場で吉田 司師範のご指導です

神戸大学体育会合気道部
神氣館館長辻本大治師範の母校合気道部です

大阪武育会木村二郎師範のご指導です

流山合気会

千葉県流山市にて永井 純師範(港区合氣道連盟会長)が会長をされている(公財)合気会公認道場です