呼吸法の足捌き

 魂氣を掌に包んで受けに与えて片手取りに導くと、呼気で外転換によって下丹田が魂氣と結び、それに伴う上体の入り身転換で体軸上を陰の昇氣が側頸に結ぶ。取り自身の魂氣と魄氣の結びである合氣が為されたわけだ。

そこで、吸気とともに逆半身外入り身で母指先から魂氣を発する思いで上肢を伸展し、前腕撓側で魂氣を受けの同名側の頸部に結び、止まらずに円を書いて呼気で取りの体側に巡ると、魂氣は受けの体軸に響いて底を抜き、取りの魄氣と結んで再度合氣が成り立つ。つまり、受けは螺旋で落ちていわゆる呼吸法という技が生まれる。

 その際、外転換の非軸足をその場で軸足に交代して、後の足を非軸足として受けの後ろ三角の頂点に進める動作は、合氣の剣素振りに通底する入り身運動の体軸移動に他ならない。つまり、鳥船の魄氣で現すなら、陰から陽に移る時点で魂氣は最大限に伸展される。

呼吸法での受けは取りの背側へ体軸が螺旋で捻れ、魄気が陽になった瞬間取りの魂氣は既に陰に巡って腋は閉じはじめ、停止することなく対側の継ぎ足が体軸移動を完遂(入り身一足)して魂氣は体側に密着する。受けは取りの腋が閉鎖すると共に取りの体軸に沿って地に落ちている。

 魄氣の陽で脛が直立した瞬間は魂氣の陽の最大限が通過して瞬く間に円運動で取りの体軸へと巡っており、更に最も肝心なことは、その体軸が継ぎ足とともに前の直立した脛に向けて前進しているため、取りの魂氣と魄氣は互いに衝突するほどの相乗効果で結ぶのである。手足腰目付けが一体となった残心の瞬間は合氣の極致と言える。

 よって、陽の魄氣で直立した取りの脛に受けの足が懸かることは起こりえない。非軸足が伸展しきった時に受けはそれを越えて取りの体軸に沿ってその背側へ崩れ落ちる所である。技が生まれる瞬間は互いに衝突することなく受けは後ろ受け身で取りに遅れて存立する。

                           2021/6/5

リンク

公益財団法人合気会 

本部道場の公式ホームページです

大阪合氣塾

吹田市を本部とする須磨 弘師範の道場です

和氣會

豊中市を中心とする道場で池田憲夫師範のご指導です

兵庫合気会

姫路市を中心とする道場で山田芳朗師範のご指導です

合気道愉々会(ゆうゆうかい

加古川市を中心とする道場で吉田 司師範のご指導です

神戸大学体育会合気道部
神氣館館長辻本大治師範の母校合気道部です

大阪武育会木村二郎師範のご指導です

流山合気会

千葉県流山市にて永井 純師範(港区合氣道連盟会長)が会長をされている(公財)合気会公認道場です