日曜稽古 剣素振り正面打ち連続は鳥船以前の基本

  • 禊:天の浮橋に立たされて天地の気に気結びする/鳥船左右左
  • 坐技単独呼吸法:降氣、回外、昇氣、一気、入り身運動、振り子運動、両手で天地に気の巡り
  • 合気体操
  • 単独基本動作:入り身運動(陰の陰、振り込み突き、横面打ち、下段受け流し、上段受け流し)、一教運動表、下段に魂氣を与え入り身転換(内巡り)、入り身転換から体の変更、後ろ半回転で体の変更、前方半回転繰り返し/一回転、後方回転

 

  • 相対基本動作:後襟取りの初動で、後ろに置き換える足の対側の手を鎬とするのは、それなりの理合があっての動作である。後ろ片手取り襟締めや後ろ両手取りなどで、その場入り身転換にて軸足を作り、同時に両脇を前で閉じながら魂氣をそれぞれ天地に結んでから体の変更(後ろ回転近似)として非軸足と共に同側の地(下丹田)の手を巡らせていく動作に通底するのである。
  • 後ろ片手取り襟締めに受けに与えた手を体軸として上丹田に巡り、対側の足を後ろに置き換えて(体の変更)同時に同側の手で異名側の受けの手を三教
  • 後ろ片手取り襟締めに上丹田の魂氣を降氣で、受けの襟締めせんとする異名側の母指球を包んで小手返し。
  • 受けの横面打ちには与えようとしていた異名側の魂氣を鎬で頂丹田に結び、対側の魂氣を振込突きで相半身内入り身とする。

 

 *当て身が払われて取りの内側に巡ると同時にその振り込み突きの非軸足先は剣線を受けの裏に外して、同側の突きの手を陰の陰から陽の陰へ臍下丹田を通って外巡りする時、これを初めて軸足へと交代して受けの横面打ちの手刀を外に払い、対側の手で逆半身外入り身によって受けへの横面打ちとする。これは転進と呼ばれている。この時の非軸足の微妙な置き換えで受けの外に体軸を移して効果的に受けへ対側の手で確実な外入り身、入り身転換、体の変更へと自在に体捌きを続けて受けの魄氣を誘導し、それに結ぶことができる。

 

 *受けへの横面打ちは受けの肩から遠位へ巡って母指球を包めば小手返し。側頸をそのまま包めば後ろ回転で入り身投げ裏。

  • 正面打ち素振り連続で非軸足先を軸足に交代せず半歩差し出しては体軸に巡る動作を基本とする。類似した動作には、同時正面打ちで内転換して即座に相半身内入り身へすすめる基本動作がある。

 *当て身の非軸足を軸足に交代することが先走ると、払われた時たちまち上体が崩れて(足腰が居着いて)そのまま受けは裏拳を顔面に及ぼす。早々と軸足を作ってしまうなら、それを体軸として速やかに受けに対して相半身(陰の魄氣)で剣線を直角に外して内転換で受けを引き込む。四方投げなど。

 

リンク

公益財団法人合気会 

本部道場の公式ホームページです

大阪合氣塾

吹田市を本部とする須磨 弘師範の道場です

和氣會

豊中市を中心とする道場で池田憲夫師範のご指導です

兵庫合気会

姫路市を中心とする道場で山田芳朗師範のご指導です

合気道愉々会(ゆうゆうかい

加古川市を中心とする道場で吉田 司師範のご指導です

神戸大学体育会合気道部
神氣館館長辻本大治師範の母校合気道部です

大阪武育会木村二郎師範のご指導です

流山合気会

千葉県流山市にて永井 純師範(港区合氣道連盟会長)が会長をされている(公財)合気会公認道場です