幸町道場稽古 前方半回転後のその場180度回外を後ろ半回転とする

  • 合気体操
  • 単独基本動作:入り身運動(陰の陰、振り込み突き、横面打ち、下段受け流し、上段受け流し)、一教運動表、入り身転換(魂氣を下段に差し出して内巡りは下丹田/外巡りは陽仙部に結ぶ)、前方回転(半回転連続/一回転)、後方回転

 *前方回転の半回転連続とは、外股で半回転軸足を作って後ろの足を前に一歩置き換えて内股で軸とする。対側の足先をその場で180度外へ回して軸足交代し、再度対側の足を一歩前に置き換えて軸とし、前の足先をその場で外へ90度置き換えると一回転になる。一気に一回転する動作と比べて、基本動作としての妙味が内在している。はじめの軸足が一旦非軸足になってその場でもう一度軸足になるか、半歩近くに置き換えてから軸足に戻るか、で次の半回転の軸(中心)が微妙に移動することから、変化する受けとの間合い(微妙に姿勢の変わる受け、あるいは二人の受けとのそれぞれの間合い)を維持できる。

  • 片手取り入り身転換/体の変更
  • 二人取りで二教入り身投げと呼吸法から二教四方投げを同時に
  • 禊:天の浮橋に立って天地に結ぶ、気の巡り
  • 鳥船:左右左
  • 二人取りに、その場入り身転換で非軸足側の魂氣を陽の陰から陰の陽で掌に気の珠を包み、母指先は受けの真中を突く方向に向けてから足先を内股にして軸としつつ母指先も同時に内へ巡って同名側の受けの手の橈側に母指球を載せ、陽の陰で被せて後ろの足を伸展し、大きく背側へ置き換える体の変更(振り込み突きから八双返し近似)と共に同側の手を陽の陰で他方の受けの同名側の手の屈側に掌を当てて陰の陽で包むと同時に上丹田に捧げ、はじめの受けに対しては四方投げの持ち方で振りかぶりながらその手の下に他方の受けの手を重ねる。 前の足は陰の魄気の非軸足であり、それで前方回転(四方投げ表)の軸足をその場で外股にして作る。 そこで前方半回転で後ろの足を前に置き換えて軸とし、対側の足はその場で180度外に回旋するとそのまま前方半回転の連続で四方投げ表になるのだが、二人取りではその動作に進むことができない。そこで対側の受けに四方投げ裏の動作を行う。つまり前方半回転で後ろの足を前に置き換えて軸としたとき、それを後ろ回転の軸足として、対側の足を後方へ置き換える。そこで非軸足になった足をその場で回内すると後ろ回転は完了するが、はじめの受けに対する残りの半回転のつもりで前方へ置き換えたところで軸足に交代すると両受けの体軸それぞれが取りの体軸から解かれて一瞬のうちに両受けが互いに体軸を密着させる。取りはそのとき正面打ち近似で両手を緊張伸展する(陽で中段に差し出す)から同時に両受けが互いに側頸へ魂氣を密着させる。すなわち上に束ねた受けは表、下に並んだ手の受けは裏の四方投げで同時に技が生まれる。以上二人取り四方投げ。

リンク

公益財団法人合気会 

本部道場の公式ホームページです

大阪合氣塾

吹田市を本部とする須磨 弘師範の道場です

和氣會

豊中市を中心とする道場で池田憲夫師範のご指導です

兵庫合気会

姫路市を中心とする道場で山田芳朗師範のご指導です

合気道愉々会(ゆうゆうかい

加古川市を中心とする道場で吉田 司師範のご指導です

神戸大学体育会合気道
神氣館館長辻本大治師範の母校合気道部です

大阪武育会木村二郎師範のご指導です

流山合気会

千葉県流山市にて永井 純師範(港区合氣道連盟会長)が会長をされている(公財)合気会公認道場です