天神町道場稽古 丹田に結ぶ魂氣の陰から陽への兆し

  • 剣素振り:正面打ち・突き・横面打ち(袈裟斬り)で入り身、正面打ちで入り身転換
  • 剣合わせ:合気の剣、音無しの剣(正面打ち、突きに下段受け流し突き)

突きに下段受け流し突き:自然本体から左足を半歩後ろに置き換えて剣線を外し右半身で剣先は受けの左前頸三角を捉え、受けはすぐさま受けの剣先で取りの剣先を内に払い、同時に取りは陰の魄気となり、左足に体軸を完全に移すとその剣先はわずかに下りて、同時に右非軸足先は剣線を左に跨いで外すから取りの剣先はその足先に揃えてわずかに左にずれる。右非軸足は伸展したまま左軸足前面に重なり、そこを滑るように降りて着地して軸足として、後ろの左足先を受けの真中に向くように小さく早く右足の前に置き換え、同時に右手を狭義の陰に返して左手は狭義の陽で左足腰・下丹田を剣線方向・受けの真中に向けて回す(腰を切る)と共に左半身陽の魄氣を保って柄頭を取る左手を受けの真中へ突き、右手は剣先で受けの右前頸三角を捉える思いで左半身入り身一足(両脚を一本の軸足とする)。

 

  • 禊:鳥船の陰の魄氣は、後ろに軸足を〝確立〟するから体軸は直立し、前の非軸足は伸展して足先の接地を維持して両膝が重なり、下丹田は正対して股が閉じる。

*鳥船の陽の魄気:下丹田が45度前下方に向く。上体は前傾せず直立するから腹式吸気で魂氣(手)を前方に発することができる。それに反して、腰が直角に開くと下丹田を地に向けることができない。魄氣の陽は体軸を一瞬失うので、下丹田が剣線に直角で空間に向かえば腰が浮き、前方へ伸展する手の魂氣は十分に発せられない。

*杖左右直突きの入り身転換は自然本体からの転換。鳥船は三位の体、陰の魄氣から陽へ。

  • 合気体操
  • 単独基本動作:前方回転(半回転繰り返し/一回転)、後方回転
  • 片手取り(魂氣を包んで与え)後方回転体の変更+その場で入り身転換入り身転換+非軸足の一歩後ろへ置き換えて陰の魄氣+その場で入り身転換

 *下丹田に結んだ陰の魂氣は軸足交代のたびに、体軸に与る場合も、体軸から解けて身の軽さを得る場合も、脇と前腕の結びは緩めず(丹田に結ぶ魂氣の陰から陽への兆し)、同側の非軸足先に母指先が同期すること。

  • 片手取り(魂氣を包んで与え)前方回転:まず外転換で降氣の形から回外して上丹田に魂氣を結び(鎬の形)、非軸足を外股で軸として前方回転(半回転繰り返し)で魂氣を額から下丹田に降ろす、呼吸法。
  • 片手取り内転換二教表:与えた手は母指先の内巡りから小手返しの手(陰の陽)で相半身内入り身(対側の手の振り込み突きによる)によって下丹田に結ぶが、即軸足交代にて非軸足側となって下丹田に結んだまま内転換で再度軸足となる。そのとき小手返しの手を二教の手(陰の陰)に巡って対側の手は受けの小指球を包み、四方投げの持ち方近似で取りの胸元に結び、非軸足を踏んで軸足交代することで受けの上腕伸側を異名側の手の振り込み突きで井桁に進み二教表。
  •  片手取り外転換二教裏:片手取り外転換、二教の手で側頸に結ぶ。魄気は鳥船の陽で裏に入り身して、その場で鳥船の陰にて取りの手首を伸展したまま脇を閉じると受けの上体は取りの懐に自ずと入る。

リンク

公益財団法人合気会 

本部道場の公式ホームページです

大阪合氣塾

吹田市を本部とする須磨 弘師範の道場です

和氣會

豊中市を中心とする道場で池田憲夫師範のご指導です

兵庫合気会

姫路市を中心とする道場で山田芳朗師範のご指導です

合気道愉々会(ゆうゆうかい

加古川市を中心とする道場で吉田 司師範のご指導です

神戸大学体育会合気道
神氣館館長辻本大治師範の母校合気道部です

大阪武育会木村二郎師範のご指導です

流山合気会

千葉県流山市にて永井 純師範(港区合氣道連盟会長)が会長をされている(公財)合気会公認道場です