天神町道場稽古〈接点で争わない〉を魂氣三要素で動作する

  • 剣素振り:正面打ちで入り身一足・陰の魄気で残心/入り身転換/下段受け流し突き/上段受け流し打ち
  • 剣合わせ:合気の剣、
  • 上段受け流し正面打ち
  • 中段突きに開いて下段受け流し突き:自然本体から突かせて同時に右足に軸を置いて剣先は受けの前頸三角を指すが、左足を後ろに半歩置き換え、体を開いて軸とすれば右足は非軸足に交代し、受けの剣先が取りの剣を払うより先に足先と剣先は同期して剣線を外すとともに受けの真中を直線的に指す。右足が軸になるとき同時に剣を持つ手が陽の陰に巡ると左足は剣線を跨いで返し突きの送り足となり、左半身で直突き。魂氣の巡りで魄気が体軸に与り、魂氣はさらに陽で発すると左半身で突き。

    魂氣で魄氣を導く。

 

  • 坐技単独呼吸法
  • 合気体操
  • 片手取り入り身転換・体の変更
  • 体の変更から陽の魄気で受けを前方に放つ
  • 体の変更から外転換で隅落とし裏

 *体の変更は陰の魄気であり、予見をもって陽の魄気とするなら軸足・体軸不在で魂の比礼振りが起こらず魂氣は陽で発することができない。軸足交代への連動は途切れ、魂氣は手の合気に与らず、腕肩手を単に振り動かすだけの動作となる。

  • 諸手取り後ろ回転=魂氣の珠を包み陰の陰(二教の手)で緩んだ脇に入り身してすぐに脇が閉じて、転換で小手返しの手が仙骨に結び体軸となるが、体の変更で軽くなった瞬間その場で入り身転換して再度体軸に与ると、後方一回転となる。
  • 諸手取り外転換降氣の形に畳んで入り身転換から体の変更と同時に上肢を伸展して・入り身転換(後ろ回転)で魂氣と同側の膝を地に結ぶ。
  • 正面打ち入り身投げ表:魂氣を包んで上段に与えて陽の陽で結んだ瞬間、同側の足先を踏んで踵を剣線上から受けの外に45度置き換えて踏むと体軸が確立し、対側の手足で返し突きにて逆半身外入り身、井桁に進んで受けの後ろ三角から真中へ手は受けの手刀を滑ってすぐに異名側の頸部に結び、同側の足先は受けの両脚の間に進めて入り身運動斬新で魂氣は陽の陰から陰の陰で下丹田に巡って魂氣が受けの底を抜く接点で争わない〉とは自然の法則のもとに動作してこその教えである(動画)。

 

 正面打ちの接点では〝気結び〟のなされる合氣。〈接点で争わない〉機序を以下に詳述する。

 

 合気とは、手について言えば魂氣三要素の陰陽・巡り・結びを動作することである。結果として接点は固定されない。

 正面打ち入り身投げ表を例にして気結びの具体的動作を詳述する。

 

正面打ちでは、魂氣の珠を掌に包み母指先を内に巡って受けの顔前に掲げ、吸気でその眼列に沿わせて開くつもりである。受けは手刀で正面を守ろうとする。取りの手首伸側が受けの手首尺側縁に触れた瞬間、その間に接点ができる。取りの前腕は手首と肘の間で鎬となって受けの手刀が取りの正中矢状面を外側へずれて降ろされる。

そこで取りの手首、つまり魂氣の接点は受けの手刀の尺側縁から伸側面に移動して魂氣の線を生む。魂線と呼ぶことにする。このことから接点は固定しない。

取りは接触した瞬間に母指先を外に転じて一気に吸気で掌を開く。すると受けの手刀の撓側に魂線が進み、それを越えたとき取りの手首は反屈して腋が完全に開き肘は伸展する。魂氣の陽である。取りの手背は受けの手刀の屈側に着くほどとなり、接点よりも近位に入って緊張伸展し、気結びが成される。ここから陽の陰に巡って受けの顔を取りの掌が包む、当て身となる。

 

魂氣が陽となる瞬間、同側の非軸足が入り身で軸足交代することで取りの魂氣は自身の上丹田に結ぶ。同時に前進している体軸に与る。すなわち魂氣は相対的に陰で弛緩屈曲の状態で自身の額に結ぶ。体軸の前進は相半身内入り身であり、互いの魄気の結びまでが成り立つ。術技の基本動作としては以下の過程が伴うのであるが、ここでは対側の魂氣は後ろに置くのみとする。すなわち、対側の手は同期して受けの脇の間を直突きし、井桁に進む際に振込み突きで真中を撃つ(上腕を担ぐ)一教表の前段である。

 

魂氣の相対は点から線、線から面、面から空間へ。魂氣の働きは広義の陰から陽、陽から陰へと巡って結ぶ。魂氣三要素の動作である。

 

以上は「魂の比礼振り」のタイトル、21を参照。

動画 正面打ち入り身投げ表の魂氣の結びと井桁の入り身:

手刀に結んで同側の一瞬軸足交代にて上丹田で体軸に与る魂氣。一歩逆半身外入り身で直ぐ軸足を戻して井桁に進み、魂氣は上丹田から魂の比礼振りで受けの異名側の頸部に浸透して体軸にひびき、受けの底を抜いて取りの下丹田に巡ると、受けは螺旋で落ちる。

リンク

公益財団法人合気会 

本部道場の公式ホームページです

大阪合氣塾

吹田市を本部とする須磨 弘師範の道場です

和氣會

豊中市を中心とする道場で池田憲夫師範のご指導です

兵庫合気会

姫路市を中心とする道場で山田芳朗師範のご指導です

合気道愉々会(ゆうゆうかい

加古川市を中心とする道場で吉田 司師範のご指導です

神戸大学体育会合気道
神氣館館長辻本大治師範の母校合気道部です

大阪武育会木村二郎師範のご指導です

流山合気会

千葉県流山市にて永井 純師範(港区合氣道連盟会長)が会長をされている(公財)合気会公認道場です