合気道の根本は開祖の言葉と動作に尽きる

合気道の根本は開祖の言葉『合気神髄』をおいて他にはない。

〝天の浮橋に最初に立たなければならないのです〟(p26)。

〝魂は天に昇り魄は地に下り〟(p80)、

〝天地の和合を素直に受けたたとえ、これが天の浮橋であります。片寄りがない分です〟(p69)。

〝大地の呼吸とともに天の呼吸を受け、その息をことごとく自己の息にして同化し、魂魄を正しく整える〟(p149)。〝要するに天地の気と気結びすることである〟(p172)。

 

以上が静止の姿である。

 

合気の動作とは、すなわち開祖の言葉と想いと動作の三位一体である。

〝禊は合気であり、合気は禊から始める〟(p145)。

〝右足をもう一度〟〝踏む〟、〝自転公転の大中心はこの右足であります〟(p69)。

〝こんどは左足、千変万化、これによって体の変化を生じます。左足を三位の体にて軽く半歩出します。〟〝これが千変万化の無量無限、神変、神秘を表わすことになります〟(p70)。〝また右足は 中略 動かしてはなりません。すべての気を握るのは、この右足 中略 であります〟(p70)。

〝魄を脱して魂に入れば〟〝左は正勝〟〝右は吾勝〟〝勝速日の基、左右一つに業の実を生み出します〟(p70)。

〝左はすべて発し兆し、無量無限の気を生み出すところであります〟。〝魂の比礼振りが起こったら左が自在に活躍します〟(p70)。

 

 以上が動作を生み出す姿勢と仕組みである。

軸足は代わらず体軸の浮動を繰り返す鳥船、軸足の交代による体軸移動である入り身・転換・回転。

軸足交代の連続で体軸から解脱した手は魄氣との結びが解けて、魂の比礼振りが起こると体の変更である。

                                2020/7/18

リンク

公益財団法人合気会 

本部道場の公式ホームページです

大阪合氣塾

吹田市を本部とする須磨 弘師範の道場です

和氣會

豊中市を中心とする道場で池田憲夫師範のご指導です

兵庫合気会

姫路市を中心とする道場で山田芳朗師範のご指導です

合気道愉々会(ゆうゆうかい

加古川市を中心とする道場で吉田 司師範のご指導です

神戸大学体育会合気道
神氣館館長辻本大治師範の母校合気道部です

大阪武育会木村二郎師範のご指導です

流山合気会

千葉県流山市にて永井 純師範(港区合氣道連盟会長)が会長をされている(公財)合気会公認道場です