下段に与えた手を引かずに入り身転換する方法

 非軸足を半歩入り身すれば同側の与えた手は相対的に広義の陰となって下丹田へと巡ることになる。手と足が重ならないように魂氣は母指先を内に巡って腋が内方に開いた隙間を足先から入り身する。

 

 そこで転換すれば受けの手は取りの手とともに下丹田に氣結びして、しかも入り身転換が為されるから取りの体軸は受けに密着して魄氣の結びも成り立つ。

 

 軸足交代によって対側の足は非軸足となり、これを後方へ一歩置き換えてすぐ軸足にすれば体の変更で陰の魄氣である。つまり受けに与えた手は下丹田にあってしかも身の軽さを得て(魂の比礼振りが起こって)、同側の非軸足を半歩出すなり、外転換へと置き換えるなり、半歩外入り身するなり、いずれにしてもそれと同期して自在に魂氣を発することが出来る。受けに氣結びしているからである。

 

 魂氣が円を描いて陰に巡る瞬間に魄氣は陽で入り身一足・残心で下丹田に結んで合気が成り立つ。つまり魂氣は例えば受けの側頸(中丹田)から体軸にひびいいて底丹田で底を抜いて取りの下丹田に結ぶのである。受けは取りの体軸に沿って螺旋で落ちている。

 

 入り身をせずにその場で足先を踏んで軸足としながら180度転換すれば、与えた手は掌を包んだまま小手返しの手で腸骨外側に接するのが精一杯で、腋が閉じても下丹田への結びがないからすでに体軸から離れている。したがって受けによって容易く体側から上肢を引き寄せられる。

 

 合気道は氣の武道であり、魂氣の珠を掌に包み広義の陰で体幹に密着し、さらに腰腹の真中に包み込む。下丹田への結びである。

                                     2020/6/22

 

リンク

公益財団法人合気会 

本部道場の公式ホームページです

大阪合氣塾

吹田市を本部とする須磨 弘師範の道場です

和氣會

豊中市を中心とする道場で池田憲夫師範のご指導です

兵庫合気会

姫路市を中心とする道場で山田芳朗師範のご指導です

合気道愉々会(ゆうゆうかい

加古川市を中心とする道場で吉田 司師範のご指導です

神戸大学体育会合気道
神氣館館長辻本大治師範の母校合気道部です

大阪武育会木村二郎師範のご指導です

流山合気会

千葉県流山市にて永井 純師範(港区合氣道連盟会長)が会長をされている(公財)合気会公認道場です