天神町道場稽古 体の変更から後ろ回転の完成で裏技

  • 坐技単独呼吸法:降氣、回外、昇氣、一気、入り身運動、振り子運動、両手で天地に気の巡り
  • 合気体操
  • 単独基本動作:入り身運動(陰の陰、振り込み突き、横面打ち、下段受け流し、上段受け流し)、一教運動表
  • 相対基本動作:片手取り(魂氣を内に巡って取らせ)逆半身外入り身転換/交差取り(魂氣を外に巡って取らせ)相半身外入り身転換
  • 上段に与えて一教運動表/受けの正面打ちに上段受け流しで外入り身転換と共に軸足側の手を天に、非軸足側の手は下丹田の位置で受けの手首を取返し(大仏の手)、体の変更で後ろに置き換え(杖尻を手繰る様に)て、天の手は降氣で取りの体軸を降りる様に受けの上腕を取りの体側上で下丹田まで擦り下ろす。後ろ回転を完成すると受けは地に螺旋で落ちる。一教運動裏。
  • 片手取り内巡り(画像)で外転換・軸足側となるが脇を閉めず母指先は天に回し陰の陽で掌を正面で見る様にして捧げ、その下に対側の手を陽の陽で差し出して取らせた受けの手の直上に置いてから与えた手を降氣の形で取りの側頸に寄せて軸足交代を確立する(受けが取りに来た手は切れる)、つまり、はじめ与えた手はここで体軸に与かる。と、すぐさま非軸足を踏んで再び軸として、逆半身外入り身で受けの同名側の頸部を項側から包み、対側の手は陽の陽で受けの胸を横切りで擦り上がり、継ぎ足先を受けの後ろ三角頂点に差し出して同時に同側の取りの手を受けの側頸で陽の陰に巡らすと、先に側頸を包んだ対側の手に重なり、受けの体軸にひびかせ、底を抜いて陰の陰の入り身運動・残心で入り身投げ・表。
  • 片手取り内巡りで脇を閉めず母指先は天に回し陰の陽で掌を正面で見る様にして捧げ、回外と共に入り身転換すると、取らせた受けの手を半屈にして伸展させ取りは二教の手となり眼前で受けの手の直下に位置する。その間に対側の手を陽の陽で差し入れて受けの手首を下から包み、二教の手を外巡りで大きく半円を描いて陽の陰にて受けの同名側の頸部を項側から包み軸として入り身転換が成ると、すぐさま体の変更で非軸足と共に受けの手首を掬い取った手も後ろに回して、更に転換で後ろ回転を完成させるとき非軸足側となった受けの手首を包む手は天にさしあげると、受けは取りの手の下を通り抜け、取りは受けの後ろ三角に位置し、入り身投げ裏が生まれる。
  • 片手取り内巡りで外転換と共に陰の陽で下丹田に結んだ取り自身の手(受けに与えたまま)を昇気で側頸に結び、非軸足を踏んで軸として交代した非軸足と共に陽の陽で受けの側頸に逆半身外入り身で魂氣をひびかす。残心で呼吸法表。

 *裏は入り身転換から軸足交代で反復入り身転換、魂氣は円を描いて体側へ巡り残心。

  • 両手取り天地投:外巡り外転換の軸足を地とし、魂氣は二教の手で同側の曲げた膝内側に被せて置き、体軸に与かる。対側の陽の陽の魂氣は自ずと脇が閉じて陰になり、継ぎ足が非軸足のまま井桁で受けの後ろ三角に進むときは受けの胸に接して擦り上がり、異名側の頸部に嵌り、陽の陰に巡って下丹田に向かうと陰の陰の入り身運動・残心。受けは螺旋で取りの腹側を滑り降り、後ろに落ちる。
  •  坐技両手取り呼吸法:内巡り・天から外へ陽の陽・陽の陰に巡って取返して四教/外巡りから陽の陰で母指先は天から内へ入って中丹田から体軸を下りて陰の陽に巡って下丹田に向かうと二教。
画像:片手取り内巡り
画像:片手取り内巡り

リンク

公益財団法人合気会 

本部道場の公式ホームページです

大阪合氣塾

吹田市を本部とする須磨 弘師範の道場です

和氣會

豊中市を中心とする道場で池田憲夫師範のご指導です

兵庫合気会

姫路市を中心とする道場で山田芳朗師範のご指導です

合気道愉々会(ゆうゆうかい

加古川市を中心とする道場で吉田 司師範のご指導です

神戸大学体育会合気道部

神氣館館長辻本大治師範の母校合気道部です

大阪武育会木村二郎師範のご指導です

流山合気会

千葉県流山市にて永井 純師範(港区合氣道連盟会長)が会長をされている(公財)合気会公認道場です