*神氣館【 高槻市 天神町道場 ・ 幸町道場 】              Shinkikan aikido dojo tenjincho/saiwaicho         (公財)合気会公認道場                                  Takatsuki-city Osaka JAPAN                               大阪府合気道連盟加盟道場        「概要」に「神氣館の半年カリキュラム」 「道場案内と活動」参照 「『合氣神髄』より合氣道とは」 「行事」に第22回関西地区合気道合同研鑽会案内                                                                                   「中心は虚空にある」に「12. 空の気を解脱するには先ず空の気に結ぶこと」8/14                                   「13. 入り身転換と体の変更の意義」8/22                                   「14. 与えた魂氣を下丹田に結ぶ二法」9/1                                   「15. 合氣道の特質」9/11                                   「16. 片手取り内転換から二教表裏の分水嶺 9/14                                   「17. 相対動作と合氣」9/17 「体軸と軸足」に動画「禊」 「おしらせ」に9月・10月の稽古予定           稽古の記録2010/8/15〜2018/9/19

第6回神氣館・兵庫合気会交流稽古会

  • 禊(天地の結び、鳥船左右左・振り魂、気の巡り)
  • 単独呼吸法坐技:降氣、回外、昇氣、一気、入り身運動、振り子運動、両手で氣の巡り
  • 合氣体操
  • 坐技下段に与えて片手取りに陰の陽で畳み(降氣の形)母指先から陽の陽で掌を開いて受けの手を超え、真空の氣に結ぶ。
  • 坐技下段に与えて交差取りに同側の膝を閉じて剣線を外すと同時に対側の膝を軸とする振り子運動、魂氣は掌に包まれたまま母指先だけが伸展して側頸を指す畳まれた上肢(降氣の形)とする。陰の陽の呼気相である。非軸足の膝を後ろに大きく開いて目付けは剣線方向に転換し、肘を伸展して手は陰の陽のまま手背を地に着ける(小手返しの手)と同側の膝の内側に接する。手背は受けの同名側の手首の屈側に密着するから、取りの手背は受けの手背を介して地に着く。ここで取りの手背が受けの接点からその手首に氣結びしている。同時に受けの掌は取りの手首伸側に密着するとともに受けの手背が取りの膝内側に接する。取りは対側の手で受けの前腕を四方投げの持ち方(ホー・イェイ)で地に結び両膝を閉じつつ元の正座に戻ろうとすれば二教。
  • 坐技下段に与えて片手取りに呼気とともに入り身運動で陰の陽の魂氣を下丹田に巡り、腋を開きつつ上体の真中を昇り同側の側頸に結び、吸気で母指先から魂氣を発して陽の陽に開いて呼気で体側に巡ると、その間に取りの橈側前腕が受けの同名側頸に密着して受けの体軸下端までひびき、受けは取りの背側を螺旋で落ちる(画像①)。
  • 坐技諸手取り呼吸法:呼気の振り子運動で腋が閉じて肘は体側に密着すると掌を包んで母指先が側頸を指すと受けの両手が縦に並ぶ。反対側に振り子運動で腋を直角に開くと母指先は側頸に接し、前腕は水平に受けの両腕の間に位置して肘は胸骨上窩に嵌まる。次に、吸気とともに再度上体を正座に戻し母指先から魂氣を陽の陽で発して上肢は下伸展すると、受けの側頸に取りの上肢が接着して魂氣はその体軸を降りて底を抜いて取りの体側に巡る。受けは取りの背側を螺旋で落ちる。
  • 諸手取り呼吸投げ:立ち技諸手取りに呼気相で外転換とともに降氣の形から回外して母指先は側頸をさす位置から前方に向けられる(画像②)。このとき受けの魂氣と魄氣・体軸は取りに結び取りの体軸の一部となる。呼気のまま母指先を地に着けるよう上肢を伸展し、同側の膝を同時に地に着いて直ぐ立ち上がる。軸足は交代して非軸足となるが同時に膝を着いて地に結んでいる。魂氣も受けも地に結ぶ(画像③)。

 *降氣の形(腕を畳んで陰の魂氣が体軸の一部となる)から手首を外にまわして母指先が前方を指すことが呼吸投げを産む要訣である。

 *呼気相で上肢が弛緩屈曲する状態は所謂脱力であり、屈筋の力みは不要である。母指に限られる伸展と直角に屈曲した手首に陰の魂氣を思うことが技を産む要である。陰のまま呼気を続けて軸足交代で体軸を離れて同側の非軸足・膝とともに地に結ぶ。

 

 山田師範のご指導

  • 坐技短刀取り:正面打ちに相半身で一教運動、受けの短刀と異名側の手を受けの上腕に突き出し、対側の手は直突きでは受けが払う。そのまま受けの手首を陰の陽で取る逆半身で打に膝行すると五教。
  • 坐技短刀の突きに内転換で同名側の手背を側頭に当て身、対側の手を受けの腕の下から肩・側頸に巡らせ下丹田に結ぶと受けはうつ伏せで短刀を持つ手は直立する。
  • 短刀で突きに外転換で上段に当て身から小手返し二本。
  • 短刀で横面打ちに相半身内入り身で直突き・内転換で四方投げの持ち方によって背中合わせから短刀を取って四方投げ。
  • 坐技両手取り呼吸法

  画像④稽古会を終えて

画像①坐技片手取り昇氣呼吸法、3コマ目で取りの肘は受けの喉もとを突いているのではなく、掌に包んだ魂氣を下丹田から側頸に陰のまま昇らせる間に腋が開くから胸骨上窩に接して嵌まる(受けの中丹田に結ぶ)のであり、ここに至って取りの母指先は吸気で陽の魂氣を発して上肢が過伸展し、受けの同名側の側頸に響くとその体軸を降りて底を抜く。取りの上肢は呼気で体側に巡り腋を閉じて残心、受けは取りの背側へ螺旋で落ちる。
画像①坐技片手取り昇氣呼吸法、3コマ目で取りの肘は受けの喉もとを突いているのではなく、掌に包んだ魂氣を下丹田から側頸に陰のまま昇らせる間に腋が開くから胸骨上窩に接して嵌まる(受けの中丹田に結ぶ)のであり、ここに至って取りの母指先は吸気で陽の魂氣を発して上肢が過伸展し、受けの同名側の側頸に響くとその体軸を降りて底を抜く。取りの上肢は呼気で体側に巡り腋を閉じて残心、受けは取りの背側へ螺旋で落ちる。
画像②諸手取り呼吸投げの氣結び。腋の閉まり・肘の屈曲、手首の屈曲と母指先の方向が魂氣を発する兆し。
画像②諸手取り呼吸投げの氣結び。腋の閉まり・肘の屈曲、手首の屈曲と母指先の方向が魂氣を発する兆し。
画像③諸手取り呼吸投げ:与えた上腕と前腕は外転換で体軸の一部に、手首も弛緩屈曲して母指先は側頸を指す。3コマめは画像②に相当し、母指先は前方を指して手首を外に回す。このときこそ腋を開かず体軸を保持する。軸足は前の足に交代して体軸から解かれた陰の魂氣は同側の膝(非軸足)とともに地へ結ぶ。
画像③諸手取り呼吸投げ:与えた上腕と前腕は外転換で体軸の一部に、手首も弛緩屈曲して母指先は側頸を指す。3コマめは画像②に相当し、母指先は前方を指して手首を外に回す。このときこそ腋を開かず体軸を保持する。軸足は前の足に交代して体軸から解かれた陰の魂氣は同側の膝(非軸足)とともに地へ結ぶ。
画像④稽古会を終えて。
画像④稽古会を終えて。

リンク

公益財団法人合気会 

本部道場の公式ホームページです

大阪合氣塾

吹田市を本部とする須磨 弘師範の道場です

和氣會

豊中市を中心とする道場で池田憲夫師範のご指導です

兵庫合気会

姫路市を中心とする道場で山田芳朗師範のご指導です

合気道愉々会(ゆうゆうかい

加古川市を中心とする道場で神戸大学合気道部OB第五代養心会長・兵庫県合気道連盟理事長 吉田 司先生のご指導です

 

神戸大学体育会合気道部

神氣館館長辻本大治師範の母校合気道部です

大阪武育会木村二郎師範のご指導です


流山合気会

千葉県流山市にて永井 純師範(港区合氣道連盟会長)が会長をされている㈶合気会公認道場です