*神氣館【 高槻市 天神町道場 ・ 幸町道場 】              Shinkikan aikido dojo tenjincho/saiwaicho         (公財)合気会公認道場                                  Takatsuki-city Osaka JAPAN                               大阪府合気道連盟加盟道場        「概要」に「神氣館の半年カリキュラム」 「道場案内と活動」 「『合氣神髄』より合氣道とは」 「ASOB会講演」に第4回ASOB会 2018/12/1                                                          「非軸足は巡りて天地に結ぶ」に「25. 『合気神髄』に見られる〝技〟の意味内容」7/3 「円に十を書く」に「1. 両足で踏ん張ることと両手で剣・杖を握ることは非合気の象徴」7/11          「2. 驚くほどに直截的な開祖の言葉」7/14          「3. 〝「言葉は神とともにありき」の状態に〟」7/19          「4. 神に喩えられた軸足(合気神髄より)」8/1          「5. 正面打ちに対する捌きのすべて」8/14 「おしらせ」に8月の稽古予定                              稽古の記録2010/8/15〜2019/8/18

幸町道場稽古 新しい記憶を古くする方法

  • 禊(天地の結び、鳥船左右左・振り魂、気の巡り)
  • 単独呼吸法坐技:降氣、回外、昇氣、一気、入り身運動、振り子運動、両手で氣の巡り
  • 合氣体操
  • 単独基本動作:入り身運動(陰の陰、振り込み突き、直突き、横面打ち、下段受け流し、上段受け流し)、一教運動表、入り身転換(片手取り/交差取りを想定して反復)、前/後方回転
  • 相対基本動作坐技:片手取り呼吸法三本、

 *習熟するとは、大本をしっかり根付かせて、次第に四肢末端、目付け、体軸に思いと動作を及ばせるのであるが、いつも新しいままの記憶は無意識で呼び戻すことが出来ない。早く古い記憶とすれば身に付いて、忘れず動作出来る。時を超えて古くする方法は、繰り返し稽古することである。はじめのうちは氣の思いをいちいち呼吸とともに動作することである。両手を使う武技では腹式呼吸が圧倒的に優勢であるが、だからといってそれをはじめから無意識に任せるような稽古は名ばかりの呼吸法となる。

 *合氣道は呼吸に伴う弛緩屈曲と緊張伸展により身体を限界まで利用する武道であり、これを禊という動作で現して性命をリセットすることで始まる。精気みなぎる自己の確立は武技の産まれる前にあってこそ勝利するものであり、正勝、吾勝、勝速日を動作と思いで現すことが根本であろう。

  • 片手取り昇氣呼吸法表/裏
  • 正面打ち一教表/裏:単独基本動作は敵を想定して真剣に行えば、相対動作でもそれなりに体の動きと氣力は産まれるであろう。

リンク

公益財団法人合気会 

本部道場の公式ホームページです

大阪合氣塾

吹田市を本部とする須磨 弘師範の道場です

和氣會

豊中市を中心とする道場で池田憲夫師範のご指導です

兵庫合気会

姫路市を中心とする道場で山田芳朗師範のご指導です

合気道愉々会(ゆうゆうかい

加古川市を中心とする道場で神戸大学合気道部OB第五代養心会長・兵庫県合気道連盟理事長 吉田 司先生のご指導です

 

神戸大学体育会合気道部

神氣館館長辻本大治師範の母校合気道部です

大阪武育会木村二郎師範のご指導です


流山合気会

千葉県流山市にて永井 純師範(港区合氣道連盟会長)が会長をされている㈶合気会公認道場です