*神氣館【 高槻市 天神町道場 】               Shinkikan aikido tenjincho-dojo         (公財)合気会公認道場                                  Takatsuki-city Osaka JAPAN                               大阪府合気道連盟加盟道場                                                                              開祖の言葉を動作する                      不動の軸足 正勝吾勝 左右一つに 勝速日                     正勝吾勝で剣素振り  合気の剣は勝速日                 「生成化育」のタイトルに「1. 魂気(手)の動作には体捌き(魄気の動作)が必須」2022/1/15              稽古の記録 2021/12/31に「令和3年の神氣館を振り返る」                         稽古の記録 2022/1/22に「踏み詰める足は待ちの足」 「おしらせ」に令和4年1月の稽古予定                           稽古の記録2010/8/15〜2022/1/23

台風のため稽古中止

『合気神髄』の言葉と思いとその動作

 

  • 魂氣の陰陽:左右の手を呼吸とともに広義と狭義の陰陽で表すこと 陰は弛緩屈曲して軀幹に密着、陽は緊張伸展して空間に差し出す。
  • 魄氣の陰陽:左右の足を共に伸展して一足とする入り身・残心から、後ろの軸足と前で伸展した非軸足に分けて立つ半身は魄氣の陰。体軸が非軸足とともに前に振れて軸足は後ろで伸展して前後で支える魄氣の陽。
  • 入り身・転換:非軸足先を置き換え、踏み換えて軸足を交代すること   
  • 合氣=禊:陰の魂氣は丹田で魄氣に結び、軸足と連なって体軸を作る。吸気とともに陽の魂氣を発して手を広げ、呼気では弛緩屈曲するとき大気中の魂氣が掌と畳んだ上肢を経て各丹田から体軸におさまるものと考える。体軸には魄氣が連なり側頸と各丹田では魂氣が出入りすることを心に思う。
  • 空の氣を解脱して真空の氣に結ぶ:魂氣は交代した非軸足とともに体軸を離れて陽で発する。 一旦魄氣と結び同側の軸足と共に体軸を作っていながら魂氣を発することは出来ない。対側の足に軸を移して非軸足へと交代して初めて手・足・腰は一致して進めることが出来る(動画)。

 受けの手は取りの魂氣に結んで共に取りの体軸に繋がり、陽で発して受けの体軸に響く魂氣によって足腰は取りの魄氣にとって変わられ、合氣の技が生まれる。

 

 動作なき思い、思いなき動作、いずれにも合気の技は生まれない。

リンク

公益財団法人合気会 

本部道場の公式ホームページです

大阪合氣塾

吹田市を本部とする須磨 弘師範の道場です

和氣會

豊中市を中心とする道場で池田憲夫師範のご指導です

兵庫合気会

姫路市を中心とする道場で山田芳朗師範のご指導です

合気道愉々会(ゆうゆうかい

加古川市を中心とする道場で吉田 司師範のご指導です

神戸大学体育会合気道部
神氣館館長辻本大治師範の母校合気道部です

大阪武育会木村二郎師範のご指導です

流山合気会

千葉県流山市にて永井 純師範(港区合氣道連盟会長)が会長をされている(公財)合気会公認道場です