天神町道場稽古 鳥船は魄氣の陰陽、半身で腰を切る

  • 禊(天地の結び、鳥船・振り魂、気の巡り)

 *鳥船では軸足交代までは進まない。イェイの陰の魄氣から非軸足の脛までは直立するが、体軸をそれに直結させるまでには至らない。何故脛は直立でなければいけないか。膝が前に出て脛が前傾となれば、体軸は更に前方寄りに移動し、後ろの軸足は伸展して地を踏み続けることが出来ず、離れていよいよ軸足交代で(魄氣の陽から)入り身に移る。すると、継ぎ足とともに両足が一足となって体軸が直結する間に、前方の直立すべき軸足が膝の部分で前後にゆれることとなり、体軸も前方に移動する際、前傾・後傾しつつ前後に揺れることとなる。それは魂氣の巡りにとってすこぶる不都合である。

 さらに、膝の突っ込みが、半身において下丹田を内側前下方へ捻る(腰を切る)動作を不完全なものとするであろう。下丹田が地を指さず、空を向くことになる。

 *魄氣の陰陽は腰、つまり臍下丹田を前後に揺らす運動ではない。魂氣は前後に陰陽で巡らすが、腰は前後に揺れず、その場で切る。何故なら半身だから。せいぜい45度の捻りを作る。

 *体軸は陰で軸足上、陽で両足の間を直立のまま前後に揺れる

  • 単独呼吸法坐技:降氣、回外、昇氣、一気、入り身運動、振り子運動、両手で氣の巡り
  • 合氣体操
  • 単独基本動作:入り身運動、入り身転換、前方/後方回転、一教運動表/裏
  • 相対基本動作坐技:片手取り呼吸法
  • 相対基本動作片手取りに相半身外入り身転換呼吸法:片手取りに呼気で外巡り振込突きを払わせて相半身外入り身転換として、与えた手を二教の手で上丹田に結び(画像①)前方の非軸足を後ろに置き換えて軸足に交代するとともに上丹田から同側の側頸へ巡り、対側の足は非軸足となり即座に内股で踏み換えて軸足として(画像②)入り身転換、非軸足とともに吸気で同側の手を側頸から陽の陽で発する(画像③)。
  • 剣素振り入り身:正面打ち、突き、横面打ち、内転換から入り身で横切り、上段受け流し打ち、下段受け流し逆半身突き、下段受け流し相半身横切り
  • 組太刀1、2、4
  • 正面打ち太刀取り:①内転換から横面打ち入り身転換で呼吸投げ、②外転換から横面打ち入り身転換・体の変更・後ろ回転小手返し、③逆半身杖巡りから天秤投げ、④相半身杖巡りから正面当て
画像①片手取り外巡り合い半身外入り身転換で上丹田に結ぶ。
画像①片手取り外巡り合い半身外入り身転換で上丹田に結ぶ。
画像②右手は同側の側頸に降りて肘は受けの中丹田に密着、体側の非軸足は内股に踏み換えて軸とするところ。右半身入り身転換で画像③へ。
画像②右手は同側の側頸に降りて肘は受けの中丹田に密着、体側の非軸足は内股に踏み換えて軸とするところ。右半身入り身転換で画像③へ。
画像②非軸足と同期して魂氣を陽の陽で発する。画像②では肘を突くわけではなく、③では陰の魂氣(手刀)で抑えにかかるのではなく、陽で母指先から魂氣を発する動作である。
画像②非軸足と同期して魂氣を陽の陽で発する。画像②では肘を突くわけではなく、③では陰の魂氣(手刀)で抑えにかかるのではなく、陽で母指先から魂氣を発する動作である。

リンク

公益財団法人合気会 

本部道場の公式ホームページです

大阪合氣塾

吹田市を本部とする須磨 弘師範の道場です

和氣會

豊中市を中心とする道場で池田憲夫師範のご指導です

兵庫合気会

姫路市を中心とする道場で山田芳朗師範のご指導です

合気道愉々会(ゆうゆうかい

加古川市を中心とする道場で神戸大学合気道部OB第五代養心会長・兵庫県合気道連盟理事長 吉田 司先生のご指導です

 

神戸大学体育会合気道部

神氣館館長辻本大治師範の母校合気道部です

大阪武育会木村二郎師範のご指導です


流山合気会

千葉県流山市にて永井 純師範(港区合氣道連盟会長)が会長をされている㈶合気会公認道場です