*神氣館【 高槻市 天神町道場 ・ 幸町道場 】              Shinkikan aikido dojo tenjincho/saiwaicho         (公財)合気会公認道場                                  Takatsuki-city Osaka JAPAN                               大阪府合気道連盟加盟道場        「概要」に「神氣館の半年カリキュラム」 「道場案内と活動」 「『合氣神髄』より合氣道とは」 「ASOB会講演」に第4回ASOB会 2018/12/1                                                          「非軸足は巡りて天地に結ぶ」に「25. 『合気神髄』に見られる〝技〟の意味内容」7/3 「円に十を書く」に「1. 両足で踏ん張ることと両手で剣・杖を握ることは非合気の象徴」7/11          「2. 驚くほどに直截的な開祖の言葉」7/14          「3. 〝「言葉は神とともにありき」の状態に〟」7/19          「4. 神に喩えられた軸足(合気神髄より)」8/1          「5. 正面打ちに対する捌きのすべて」8/14 「おしらせ」に8月の稽古予定                              稽古の記録2010/8/15〜2019/8/18

幸町道場稽古 禊の前に自然本体で正立すること

  • 禊(天地の結び、鳥船・振り魂、水平に気の巡り)

 *禊の前に先ず自然本体、天の浮き橋に立つという心の持ち方はこれだと考えている。左右対称の両足で真中の直立する体軸(体重)を支える。両掌を弛緩屈曲した指で包み肩から母指先までは一直線に体側を垂れる。目付けは水平よりやや上を見るように定める。

  • 単独呼吸法坐技:降氣、回外、昇氣、一気、入り身運動、振り子運動、両手で天地に氣の巡り
  • 合氣体操
  • 単独基本動作:入り身運動(陰の陰、突き、横面打ち、下段受け流し)、入り身転換外巡り/内巡りで反復、陽で終わる体の変更、前/後方回転、

 *一教運動表は近々五級を受ける皆さんを中心に稽古開始前の研鑽が熱心に行われており、ここでは省いた。冒頭、禊にちなんで新横綱稀勢の里の土俵入りニュースの見方について言及し、雲竜型は左/右自然体(入り身転換の陰の魄氣における魂氣の陰陽)、不知火型は自然本体で両手を広げて魂氣を天から受ける天地の結びに由来する、という私見を述べた。

 また、元横綱大乃国が指導していたのを思い出して、広げた手が下がらないように助言することの意義を解説した。

 合氣道基本動作について、言葉と思いに伴った動作が三位一体として修得されるべきであることを再確認する機会を持った。

 *手足腰目付けと四肢末梢まで気の及ぶべき姿に無関心であってはならない。形をなぞる稽古に終始せず、開祖の仰る合氣道の大元に触れて“愉しむ稽古”にこそ多くの時を費やすべきであろう。

  •  相対基本動作:坐技片手取り呼吸法三本
  • 坐技片手取り昇氣・呼吸法
  • 坐技両手取り呼吸法二本:①中段に与えるのは受け ②下段に与えて両手を降氣の形で側頸に巡り、右手が母指先から陽の陽なら、左手は回外して陽の陰。正座の体軸を撓うことで受けを倒そうとしない。単独呼吸法の正座と魂氣三要素の動作のままに。
  • 片手取り入り身転換外巡り、内巡り反復
  • 片手取り入り身転換・昇氣・呼吸法表
  • 上段に与えて後ろ両手取りに、呼吸法と相半身外入り身転換で天地の結び
  • 後ろ両手取り三教表裏:裏は振り子運動で迎えに行く。表は膝の外を擦り上げる、

リンク

公益財団法人合気会 

本部道場の公式ホームページです

大阪合氣塾

吹田市を本部とする須磨 弘師範の道場です

和氣會

豊中市を中心とする道場で池田憲夫師範のご指導です

兵庫合気会

姫路市を中心とする道場で山田芳朗師範のご指導です

合気道愉々会(ゆうゆうかい

加古川市を中心とする道場で神戸大学合気道部OB第五代養心会長・兵庫県合気道連盟理事長 吉田 司先生のご指導です

 

神戸大学体育会合気道部

神氣館館長辻本大治師範の母校合気道部です

大阪武育会木村二郎師範のご指導です


流山合気会

千葉県流山市にて永井 純師範(港区合氣道連盟会長)が会長をされている㈶合気会公認道場です