幸町道場稽古 吸気で緊張伸展しても力むわけではない

  • 禊(天地の結び、鳥船・振り魂、気の巡り)
  • 単独呼吸法坐技:降氣、回外、昇氣、一気、入り身運動、振り子運動、両手で氣の巡り
  • 合氣体操
  • 単独基本動作:新入会員、体験稽古者に配慮して単独動作は省いて相対動作での稽古とした。
  • 相対基本動作坐技:上段に与えて両手で氣の巡り。右手を陽で現し、左手は陰に返して…受けが手刀で守り、対側の手が地に着くまで…導く。

 *陰の陽で包んだ魂氣を与えて受けの手刀に触れたとき、吸気とともに陽の陽で開く。力む箇所は無いはず。

 *指や肘、肩が力んで固くなり、息が止まるのは魂氣三要素を動作しないからである。足腰では、直立二足歩行(軸足の分担)を忘れて両足で常に突っ張って入り身・転換を行えば、魄氣の陰陽が曖昧になり、加えて残心と転換・回転のない動作となる。

  • 坐技正面打ち一教表から四教表までの取り方:基本は狭義の陰陽の巡り、陰の陽で包み陽の陰へ母指球を発する動作。
  • 立ち技正面打ち一教表の演武のみ:両手で氣の巡りに入り身・残心を合わせる=魂氣と魄氣の結び=合氣
  • 片手取り外転換・昇氣呼吸法で後受け身の演武
  • 片手取り外転換鏡返し:下段に与えて魂氣を陽の陽で差し出し同側の足を反体側に置き換えて軸とし、外転換。狭義の陽から陰へ吸気で手を返す際、脇を開いて陽の陰(上肢全体)で、受けの手から外れる。後ろ回転とともに受けの手背を包んで再び脇を閉じる。受けは後受け身。

 *取りは、両足で踏ん張っていると、受けの手首を折り曲げて力んで捻るしかなくなる。足腰の後ろ回転と結べば包むだけで技が生まれる。目付けとともに体軸が中心で入り身・転換・回転すれば肘や肩が突っ張ることはない。

 *狭義の陽から陰に巡る緊張伸展の瞬間を含めて力む箇所は無い

 *後受け身は、一方の足を畳んで同側の尻を着き目付けをそちらに向ける。

 *前受け身は、半身で立って歩幅を肩幅以上に開き両手で輪を作り、両膝を開いて屈曲していくうちに目付けを内側に向け剣線上を腕の輪が回る。目付けを前に戻すと半身の後ろの足腰が地に着いて腕の輪を作ったまま前の膝を立てている。

リンク

公益財団法人合気会 

本部道場の公式ホームページです

大阪合氣塾

吹田市を本部とする須磨 弘師範の道場です

和氣會

豊中市を中心とする道場で池田憲夫師範のご指導です

兵庫合気会

姫路市を中心とする道場で山田芳朗師範のご指導です

合気道愉々会(ゆうゆうかい

加古川市を中心とする道場で神戸大学合気道部OB第五代養心会長・兵庫県合気道連盟理事長 吉田 司先生のご指導です

 

神戸大学体育会合気道部

神氣館館長辻本大治師範の母校合気道部です

大阪武育会木村二郎師範のご指導です


流山合気会

千葉県流山市にて永井 純師範(港区合氣道連盟会長)が会長をされている㈶合気会公認道場です