天神町道場 兵庫合気会山田師範による指導稽古

  • 禊(天地の結び、鳥船・振り魂、気の巡り)
  • 単独呼吸法
  • 合氣体操
  • 諸手取り外転換呼吸法
  • 諸手取り外転換呼吸投げ/入り身転換呼吸投げ

 *取らせると同時に陰陽の巡りはすでに瞬時で行われ、前回り受け身に近似の姿勢で陽の陰にて地に結ぶ

  • 諸手取り四方投げ:左右の手で四方投げの持ち方を動作するには、対側の手で受けの一側の手を制してそれでもって他側の受けの手を導いて四方投げに持つ。
  • 半身半立ち片手取り二教裏
  • 坐技正面打ち膝行で一教:膝行で一教運動を行い両手で氣の巡りを魄氣の結びで技に繋ぐ。手腰目付けの一致。

 *“両手で氣の巡り”は広義の陽で左右がそれぞれ巡るにつれて両膝が順次着いて半身が左右へ移っていく。立ち技正面打ち一教表に符合する。

  • 正面打ちに正面打ち入り身転換入り身投げ/後ろ回転入り身投げ

 *受けの正面打ちに同時の横面打ち/突きと横面打ちに加えて正面打ちで氣結びにより魂氣を結び魄氣の入り身へ。取りの手刀とは、振りかぶる受けの手刀に、陰の陽から接触とともに陽の陽へ発して結ぶ動作の瞬間の形に相当する。

  • 坐技両手取り呼吸法:緊張伸展に弛緩屈曲・瞬時に伸展

 *交流指導稽古会こそ、真の研鑽、つまり術理の認識と共有が生まれて互いの向上につながる。

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    越智敏博 (月曜日, 08 6月 2015 10:48)

    昨日はありがとうございました

    楽しかったです、毎年交流出来たら良いですね

  • #2

    辻本大治 (火曜日, 09 6月 2015 06:48)

    ご苦労さまでした。
    互いに交流するということは、互いが術理・術技を共有し、一人一人が体得していくことです。先達が遺してくださった合氣道はことごとく開祖の教えであり、4月から始まった互いの稽古会こそ真の交流の輪を広げるものです。理にかなった実践は勢いの留まるはずはありません。違いを知ることは両方を知ることであり、違いを知らないことは結局両方を知らないことだ、といつもお話ししているのはこのことです。
    今年の関西地区合氣道合同研鑽会では例年以上の達成感を得られるでしょう。道主から開祖の合氣道に触れることが出来るからです。

リンク

公益財団法人合気会 

本部道場の公式ホームページです

大阪合氣塾

吹田市を本部とする須磨 弘師範の道場です

和氣會

豊中市を中心とする道場で池田憲夫師範のご指導です

兵庫合気会

姫路市を中心とする道場で山田芳朗師範のご指導です

合気道愉々会(ゆうゆうかい

加古川市を中心とする道場で神戸大学合気道部OB第五代養心会長・兵庫県合気道連盟理事長 吉田 司先生のご指導です

 

神戸大学体育会合気道部

神氣館館長辻本大治師範の母校合気道部です

大阪武育会木村二郎師範のご指導です


流山合気会

千葉県流山市にて永井 純師範(港区合氣道連盟会長)が会長をされている㈶合気会公認道場です