*神氣館【 高槻市 天神町道場 ・ 幸町道場 】              Shinkikan aikido dojo tenjincho/saiwaicho         (公財)合気会公認道場                                  Takatsuki-city Osaka JAPAN                               大阪府合気道連盟加盟道場        「概要」に「神氣館の半年カリキュラム」 「道場案内と活動」 「『合氣神髄』より合氣道とは」 「ASOB会講演」に第4回ASOB会 2018/12/1                                                          「非軸足は巡りて天地に結ぶ」に「17. 空の気を解脱する主語は?」5/5                「18. 合氣を動作するということ」5/11 「19. 外巡りと鎬の違い」5/15                「20. 鳥船の腰」5/21            「21. 〝微妙な変化〟」5/30                「22. 軸足交代して魂氣が上丹田に結んでこその入り身転換」5/31                「23. 導いて後矢筈に開いた手が受けの前腕屈側に嵌まる」6/15 「おしらせ」に6月・7月の稽古予定                            稽古の記録2010/8/15〜2019/6/23

第18回関西地区合気道合同研鑽会

 道主植芝守央先生、道場長代行植芝充央先生のご指導の下、参加団体 55、参加者 510名

 

 緩急や動静のうねりを伴う動作では、相の継ぎ目に見当をつけて形に合わせることが比較的容易である。一方、一気に示される手足腰の動作は、ぶれない芯と、同期する全身各部の対照を認識することから始めなければ、容易に再現することができない。

 つまり、手に集中して動作を形で表現しようとするなら、たちまち目付けと体軸と足腰の基本動作が宙に浮き(魄氣は地に居着く)、軸足を確立しても対側の足腰を移動するにしたがい、たちまち手の結びが解けてしまう(離れるばかりでなく過剰な筋緊張で補おうとしてしまう)と言う具合に、魄氣の陰陽や転換にたいしては、魂氣の結びがなおざりとなり、魂氣の巡りにおいては体軸や魄氣の要素が厳密に動作しきれない。

 また、魂氣と魄氣のそれぞれ三要素が一つながりの動作として示される場合、内にある要素を飛ばして形そのものにこだわってしまえば、合氣道の共有は困難である。研鑽とは正にその点を究めるために日頃の感受性を掘り返すことであろう。

 

神氣館は懇親会受付を担当しました。出席者130名(ホテルグランビア大阪)
神氣館は懇親会受付を担当しました。出席者130名(ホテルグランビア大阪)
進行を担当しました。時折ビールをいただきます。
進行を担当しました。時折ビールをいただきます。
打ち上げです。ご苦労様でした。
打ち上げです。ご苦労様でした。

リンク

公益財団法人合気会 

本部道場の公式ホームページです

大阪合氣塾

吹田市を本部とする須磨 弘師範の道場です

和氣會

豊中市を中心とする道場で池田憲夫師範のご指導です

兵庫合気会

姫路市を中心とする道場で山田芳朗師範のご指導です

合気道愉々会(ゆうゆうかい

加古川市を中心とする道場で神戸大学合気道部OB第五代養心会長・兵庫県合気道連盟理事長 吉田 司先生のご指導です

 

神戸大学体育会合気道部

神氣館館長辻本大治師範の母校合気道部です

大阪武育会木村二郎師範のご指導です


流山合気会

千葉県流山市にて永井 純師範(港区合氣道連盟会長)が会長をされている㈶合気会公認道場です