幸町道場稽古 呼吸法で地に結ぶと呼吸投げ

  • 単独呼吸法坐技:降氣、回外、昇氣、一気、入り身運動、振子運動、両手で氣の巡り
  • 合氣体操
  • 単独基本動作:入身運動(陰の陰、突き、横面打ち、下段受け流し)、前方/後方回転、一教運動表/裏
  • 相対基本動作下段に与えて片手取り入身転換:与える間は陰の魄氣・魂氣は陰の陽で丹田に巡るとき逆半身で外入り身と共に目付を反転して軸足を交代し、対側の魂氣を陽の陽、同側の足先を目付に合わせて再び陰の魄氣で半身が転換(画像①参照)。
  • 片手取り入身転換二教裏:入身転換から前の足先を後方に置き換え軸として外巡りで逆半身外入り身・陰の陰で側頸に結んで入身転換・二教裏

 *固めでは受けの手首を肘で二教に絞めることよりも、降氣の形で母指が側頸に結ぶと呼吸法で受けの上肢と結ぶことになる。さらに丹田においても受けの上肢が結ぶことによる密着感が必要。結局受けの上肢が肘と手首で屈曲すると取りの上体との間に隙間が無くなり、二教の形に繋がる。取りの両腕の用い方は重要。

  • 相対基本動作:突きに横面打ち入り身/入身転換/外転換
  • 相対基本動作:突きに逆半身杖巡り/外転換杖巡り
  • 突きに杖巡り・額から丹田に陰の陽で巡って受けの手首に当たれば外巡りで陽の陰の正面当て・(脇を突いた)対側の手で受けの小指球と手背を包み・外巡りで受けの脇を開いて相半身外入り身転換・三教

 *受けの手に触れないなら、または受けの手拳を小指球から包めないなら、そのまま両手は外巡りで受けの側頸へ入り身と共に結んで行く。

  • 突きに杖巡り・額から丹田に陰の陽で巡って受けが突きを引いたなら:取りの魂氣が丹田に陰の陽で巡るとそのまま両手を外巡りで逆半身外入り身・一教運動近似で相半身外入り身投げ。

 *突いた受けの手を取れるか取るかはわからない。丹田との間に手があれば陰の陽で巡ったときに取らざるを得ないが、取っていると受けの対側の魂氣が返し突きとなるから即座に外巡りで受けの真中を打つ・受けの手は取りの対側の手(陽の陽で受けの側胸に発しており陰の陽で巡って)で下から小指球を包んで外巡り。いずれにしても両手で外巡り。杖巡り・直突き・杖巡りの連続素振りに近似。

  • 相対基本動作上段に与えて後ろ両手取り:降氣の形で小指球から陰の陽で側頸に結び頰から額に陰の陰で巡る

 *呼吸法以外の動作はない。

  • 後ろで同時に両手を与えて呼吸投げ:自然本体で両上肢の手首より近位を与えて、受けが手首を取る気勢を受けて小指から陰の陽で丹田に結び昇氣の形から脇を閉じたまま降氣の形で側頸に結び・回外して額の高さに巡り・外転換で陰の魄氣として魂氣を陰の陰で母指先方向の地に降ろす。

 *呼吸法(降氣)で地に結ぶと受け身に繋がる、つまり呼吸投げ。

 *魂氣は陰から陽に発するときに働く。掌の魂氣の玉(たましい)が受けに与えられる。氣が響くという想い。従って、手に繋がった受けを、すでに伸展した陽の状態で肩を中心に上肢を振るっても受けに響くものはない。受けの手が離れるだけ。

 *呼吸法は呼吸と共に氣結びを成す。魂氣を受けの体軸に及ぼすことが肝心(昇氣の画像①②③参照)。

 *呼吸法(降氣)で一旦地に巡ったとき、受けの手が地に結べば前受け身をとって投げに至る。地から外巡りで魂氣を陰の陽で包んだ形のまま後ろに掃いたとき、受けの手がまだ着いていたら一教、三教、十字投げに取りかえすなど、両手で氣の巡りの動作を続ける。

 *離れたときは響かない(伝わらない)、離れないときは響いていない(伝わっていない)

 

①片手取り入身転換で陰の陽の魂氣を丹田に結ぶ・魄氣は陰へ
①片手取り入身転換で陰の陽の魂氣を丹田に結ぶ・魄氣は陰へ
②昇氣で陰の陽のまま自身の側頸に結ぶ・魄氣も陰
②昇氣で陰の陽のまま自身の側頸に結ぶ・魄氣も陰
③踏み替えて側頸から陽の陽で受けの側頸へ・母指先方向の受けの体軸に響く(結ぶ)
③踏み替えて側頸から陽の陽で受けの側頸へ・母指先方向の受けの体軸に響く(結ぶ)

リンク

公益財団法人合気会 

本部道場の公式ホームページです

大阪合氣塾

吹田市を本部とする須磨 弘師範の道場です

和氣會

豊中市を中心とする道場で池田憲夫師範のご指導です

兵庫合気会

姫路市を中心とする道場で山田芳朗師範のご指導です

合気道愉々会(ゆうゆうかい

加古川市を中心とする道場で神戸大学合気道部OB第五代養心会長・兵庫県合気道連盟理事長 吉田 司先生のご指導です

 

神戸大学体育会合気道部

神氣館館長辻本大治師範の母校合気道部です

大阪武育会木村二郎師範のご指導です


流山合気会

千葉県流山市にて永井 純師範(港区合氣道連盟会長)が会長をされている㈶合気会公認道場です