道主をお迎えした大阪武育会15周年記念行事に参加して

 昨日、合氣道大阪武育会創立十五周年記念大会、合気道道主植芝守央先生研鑽会(於和泉市:桃山学院大学総合体育館)、ならびに合気道道主植芝守央先生を囲んで懇親会(於大阪市:ホテル日航大阪)に参加させていただきました。

 500名近い参加の中、私個人としてはこれほど多くの武育会傘下並びに友好団体の皆様方と道主ご指導のもとにきめ細かく研鑽を積み、たくさんの汗をかいたことはありませんでした。懇親会でも、道主をお囲みして多数の道友にお会いでき、合氣道を中心に話が弾み、随所で笑顔に満ちた歓談の輪(和)ができること頻りでございました。

 さらに個人的な特筆すべきことは、ここ数年強まることはあっても忘れることの無かった(医学的に了解済みの)腰痛が、今朝起床時から全く消失している事実です。研鑽会の直後懇親会場直行のバスに乗り込んだときはいつもの程度を上回る痛みが感じられ、無理をしたかな、と覚悟したのですが、その後現在まで説明のつかない嬉しい状態が続いています。

 医療の理法といいましても、畢竟自然界に刻まれたひとつひとつの道筋に過ぎません。この数年来の容態が既知のありふれた道筋に矛盾無く沿うものであったとは言え、この自然界がすでに無数の理法によって説明し尽くされたわけではありません。従って、予期せぬ結果に驚くこともあって然るべきでありましょう。ただ、ここに至ってその一日がどのような必然性を包含していたのか、医療の常識に照らしてみましても即座に心当たりの思いつかない現状です。

 それについては、この記念大会において道主植芝守央先生のもとで、小林裕和師範により開祖から賜った合氣道が多くの道友の中で、輪を結んだということしか特定する事物が見当たりません。

 確信を持って言えることは、際限なく考え巡らすことではなく、開祖から現道主に連なる核心(基本)即真髄でしかないという事実でしょう。それは、つまり、有り体に言えば、我らの行く先を照らす伝統に感謝する想いでしか無いということです。

リンク

公益財団法人合気会 

本部道場の公式ホームページです

大阪合氣塾

吹田市を本部とする須磨 弘師範の道場です

和氣會

豊中市を中心とする道場で池田憲夫師範のご指導です

兵庫合気会

姫路市を中心とする道場で山田芳朗師範のご指導です

合気道愉々会(ゆうゆうかい

加古川市を中心とする道場で神戸大学合気道部OB第五代養心会長・兵庫県合気道連盟理事長 吉田 司先生のご指導です

 

神戸大学体育会合気道部

神氣館館長辻本大治師範の母校合気道部です

大阪武育会木村二郎師範のご指導です


流山合気会

千葉県流山市にて永井 純師範(港区合氣道連盟会長)が会長をされている㈶合気会公認道場です