*神氣館【 高槻市 天神町道場 ・ 幸町道場 】              Shinkikan aikido dojo tenjincho/saiwaicho         (公財)合気会公認道場                                  Takatsuki-city Osaka JAPAN                               大阪府合気道連盟加盟道場        「概要」に「神氣館の半年カリキュラム」 「道場案内と活動」 「『合氣神髄』より合氣道とは」                                                           「魂の比礼振り」のタイトルに「2. なぜ合気道なのか」3/6               「3. 体の変更を定義する」2/23               「4. 〝心自在に生ず〟」3/12               「5. 〝箱の中に入れるな〟」3/13               「6. 合気とは禊である、それでは武産合気とは」3/19                 「7. 理業一致、横面打ちと正面打ちに」3/31           「おしらせ」に令和2年4月の稽古予定⇒変更有り                      稽古の記録2010/8/15〜2020/3/29

幸町道場稽古 後ろ回転で踏み替えた軸足の確立

  • 禊:天地の結び、鳥船、振り魂、印を結んで天地の結び、氣の巡り
  • 単独呼吸法坐技:降氣、回外、昇氣、入り身運動、振子運動、両手で氣の巡り
  • 合氣体操
  • 単独基本動作:入り身運動(陰の陰、突き、横面打ち、下段受け流し)、一教運動表裏、入り身転換・反復、前/後方回転、一教運動表/裏
  • 相対基本動作:片手取り入身転換、片手取り取らさず入身転換・昇氣、片手取り入身転換から体の変更
  • 交差取り入身転換:交差に取らせた手に腰を持って行くことで入り身転換
  • 交差取り入身転換呼吸法:交差取り入身転換で取りの背は受けの胸に接する。上肢の伸側と肩で押し倒すことのないよう。後ろ回転で最後の軸足を確立してから前方の足先と同側の母指先を揃えて陽の陽。……画像参照
  • 坐技片手取り呼吸法三本
  • 坐技交差取り四教表:下段に与えて交差と気付けば呼気と共に降氣の形から陽の陽で伸展して陰の陽に巡って受けの手首を引き寄せるとその手首を包んだためにできる手首の隙間(つぼに相当)に対側の手を置いて四教で固める。
  • 後ろ両手取り三教表:上段に与えて丹田に巡り受けが相半身でそれを抑えて掴み取りは降氣の形から陰の陰で額に結び入身転換・対側の魂氣は腰の後ろから相対的に丹田へ陰の陽で巡り結ぶ(後ろ両手取りの結び)。天の魂氣を降氣で丹田に巡ると対側の魂氣で三教に取り・前の足を軸として前方へ返し突き近似から転換・陽の魄氣で前方の膝外側へ受けの手掌を密着して外方へ上体を向ける。
  • 坐技両手取り二教:外巡りから陽の陰で母指先の反りに合わせて受けの手首の上から内側へ結び・母指先を取りの丹田に向けた後陰の陽で丹田に巡る。

交差取り入身転換呼吸法

①左半身で下段に与えると受けは相半身で交差取り
①左半身で下段に与えると受けは相半身で交差取り
②前方の足先を外に取らせた手に腰を預けて外入り身転換
②前方の足先を外に取らせた手に腰を預けて外入り身転換
③右半身で昇氣により側頸に結び同側の足を前方から後方へ置き換え右背は受けの左胸に密着
③右半身で昇氣により側頸に結び同側の足を前方から後方へ置き換え右背は受けの左胸に密着
④前方に位置することになった左足を内股で踏み替え軸としてから右足先を同側の母指先に合わせて陽の陽へ
④前方に位置することになった左足を内股で踏み替え軸としてから右足先を同側の母指先に合わせて陽の陽へ

リンク

公益財団法人合気会 

本部道場の公式ホームページです

大阪合氣塾

吹田市を本部とする須磨 弘師範の道場です

和氣會

豊中市を中心とする道場で池田憲夫師範のご指導です

兵庫合気会

姫路市を中心とする道場で山田芳朗師範のご指導です

合気道愉々会(ゆうゆうかい

加古川市を中心とする道場で吉田 司師範のご指導です

神戸大学体育会合気道部

神氣館館長辻本大治師範の母校合気道部です

大阪武育会木村二郎師範のご指導です

流山合気会

千葉県流山市にて永井 純師範(港区合氣道連盟会長)が会長をされている(公財)合気会公認道場です