天神町道場稽古 鳥船/魄氣の陰陽/杖巡り

  • 単独呼吸法坐技:降氣、回外、昇氣、一気、入り身運動、転換運動、両手で氣の巡り
  • 合氣体操
  • 単独基本動作:杖直突き・杖巡りと鳥船の魄氣、杖巡りと徒手横面打ち入り身運動の魂氣における天地の巡り
  • 単独基本動作:入り身運動(下段受け流し他)、入り身転換、前後方回転、一教運動表裏
  • 相対基本動作:坐技片手取り呼吸法2本(降氣の形から陽の陽、外巡り陽の陽に回内して外入り身)
  • 片手取り外巡り相半身外入り身転換:「相対基本動作2」参照
  • 前方回転受け身:両手を繋ぎ車輪を作る、一側を陽の陰で小指側を丹田の前の地に着け同側の膝も着けて対側は膝を立てる・腰はすぐに着けて体軸を横転する。次に同側の膝も立ててしゃがむ姿勢から地に着け横転。さらに次の段階は顔を横に向けたまま膝を着けず対側の足を吸気と共に地から離す。その間は丸く弾む車輪のイメージが吸気と共に後ろの足を跳ね上げる動作に伴うようにひたすら繰り返す。イメージも動作も意識せず回れるようになり、正に自転車に乗れたときと同様である。

 *受け身の目付:前方回転では受け身の方向の真横の地を見る・すぐに前方を見て立ち上がる。回転する瞬間真下を見ない、臍部を見ない、回転の間は天を見ない・目を閉じない、回転の終末で地を見ない。臍部を見ることは後頭・脊柱といった背中の中心・急所を着地して回ることになり、受け身はそれを避けるための攻防。

【ピットホール】車輪を地に着けて後ろの足を跳ね上げるまでの間息を止めて車輪を緊張させるが、回る瞬間に気が車輪から抜ける。その分肘が張って前腕で地に着いて回転する体を支えようとする。もはや両上肢の車輪では回れず、地に着いた前腕と肘関節の可動性で上腕と躯幹を反転させることで背中が全面的に着地する。後頭部も着くことで衝撃が強まる。

  • 片手取り外巡り相半身外入り身転換呼吸投げ:外巡りで陰の陰の魂氣が額に結ぶとき入り身転換と共に脇を閉めるから相対的に回外となり受けの体側に密着できる・指先は地を向いている・同側の膝を着くと共に額からも地に着く。
  • 相対基本動作:交差取り下段受け流し入り身運動
  • 交差取り受け流し入り身投げ:「相対基本動作1」の画像参照
  • 交差取り外転換二教:降氣の形で受け流しの後外転換により剣線に直行する陽の陽で結び陰の陽に巡って受けの手首と丹田に巡る(舟漕ぎ運動の魂氣)。受けの手首の上に回って掌をいっぱいに開いている。これに反して、陰の陽から直ぐ陽の陽に発すると受けの手の下で掌を開くことになる。後続動作を含めて違いを知ること。

 *剣線上の手刀で小指球が受けの手首と丹田に結ぶ二教は巡りの無い結び・取りの丹田に結びが無い・残心が無い・禊を忘れる動作。魄氣と魂氣を結ぶ緩徐な動作こそ合氣。受けは痛みを感じる直前に合図をすることができる。その余裕は体に健康を心に和をもたらす。合氣道のあらゆる動作と技に共通することである。

 

リンク

公益財団法人合気会 

本部道場の公式ホームページです

大阪合氣塾

吹田市を本部とする須磨 弘師範の道場です

和氣會

豊中市を中心とする道場で池田憲夫師範のご指導です

兵庫合気会

姫路市を中心とする道場で山田芳朗師範のご指導です

合気道愉々会(ゆうゆうかい

加古川市を中心とする道場で神戸大学合気道部OB第五代養心会長・兵庫県合気道連盟理事長 吉田 司先生のご指導です

 

神戸大学体育会合気道部

神氣館館長辻本大治師範の母校合気道部です

大阪武育会木村二郎師範のご指導です


流山合気会

千葉県流山市にて永井 純師範(港区合氣道連盟会長)が会長をされている㈶合気会公認道場です