天神町道場稽古 語句と思いの理解で動く

  • 禊:舟漕ぎ運動で魄氣の陰陽の認識が欠如することは論外。陰で呼気・弛緩・我慢/陽で吸気・緊張・発氣。

 *動作は後ろの足を陰で軸足に、陽で突っ張り支える足。後ろの足底と前の足先は終始地に着いてぶれない。陰で後ろが軸となれば前の下肢全体が伸展する。

 *舟漕ぎ運動での魄氣は陰陽の動作だけであって、前の足先は離さないしずらさない。そのぶん前足は入り身で踏み込み、転換では置き換えや引きつけ、回転では軸足の前後での膝の屈曲をしっかり動作することが肝要。これらが無ければ足腰の動作や、剣・杖を用いることが空虚となり、一見して合氣道らしさの伺えない動きとなってしまう。

 *習熟する過程であるからこそ土台を据えなければ伝統が雲散霧消するのに時間は要らない。伝統武道の本質は達成感の共有にある。

 *「概要」の「禊」参照

  • 合氣体操
  • 単独呼吸法坐技:降氣、回外、昇氣、一気、入り身運動、転換運動、
  • 二の太刀:取りは上を越えて受け流し、受けは下をすくって突き
  • 単独基本動作剣:正面打ち入り身/転換、横面打ち入り身、突き
  • 相対基本動作:片手取り入り身転換・手足を後ろに置き替え・外巡りで逆半身外入り身・相半身外入り身→片手取り隅落とし裏
  • 相対基本動作:上段に与えて相半身内入り身/逆半身外入り身
  • 正面打ち二教:表裏に関わらず二の太刀の剣先を魂氣の陽の陰の巡りに現して二教に取る

 *陰の陽で受けの上腕を取りの丹田の前に巡り対側の手を陽の陽で受けの手首に置き、取りの手掌が受けの前腕に重ならない様互いに手首が接し合う形で配置する。そこで陽の陰に巡って矢筈で母指先の反りの方向に再び狭義の陽へと巡る際、受けの指が弛緩屈曲の場合は容易に手背を包んで二教に取れるが、受けの手指が伸展した手刀の状態であればその指先までを回り込んで脇を極端に開くことが必要になる。そこで、取りは魄氣の陰として丹田を受けの肩に向け、受けの上肢から伸展している手刀の先を中心に受け入れる方向に位置し、魂氣を矢筈で狭義の陰から母指先の反りの方向へ陽に巡ると無理無く二教で把持できる。陰の魄氣の前方の足先は後ろに置き換えて受けの上肢を受け流すと受けの魄氣が取りと地の間に結ぶ。徒手では左手が剣先と近似。

  • 相対基本動作:後ろ両肩取りの結び
  • 後ろ両肩取り小手返し:結びから、膝に手を置いた足は軸とせずに後ろへ置き換えて、額の手を降ろしながら対側の肩にある受けの異名側の手を小手返しに取る。この場合置き換えに踏み替えを続けず。

 

リンク

公益財団法人合気会 

本部道場の公式ホームページです

大阪合氣塾

吹田市を本部とする須磨 弘師範の道場です

和氣會

豊中市を中心とする道場で池田憲夫師範のご指導です

兵庫合気会

姫路市を中心とする道場で山田芳朗師範のご指導です

合気道愉々会(ゆうゆうかい

加古川市を中心とする道場で神戸大学合気道部OB第五代養心会長・兵庫県合気道連盟理事長 吉田 司先生のご指導です

 

神戸大学体育会合気道部

神氣館館長辻本大治師範の母校合気道部です

大阪武育会木村二郎師範のご指導です


流山合気会

千葉県流山市にて永井 純師範(港区合氣道連盟会長)が会長をされている㈶合気会公認道場です