*神氣館【 高槻市 天神町道場 ・ 幸町道場 】              Shinkikan aikido dojo tenjincho/saiwaicho         (公財)合気会公認道場                                  Takatsuki-city Osaka JAPAN                               大阪府合気道連盟加盟道場        「概要」に「神氣館の半年カリキュラム」 「道場案内と活動」 「『合氣神髄』より合氣道とは」 「ASOB会講演」に第4回ASOB会 2018/12/1                                                          「非軸足は巡りて天地に結ぶ」に「25. 『合気神髄』に見られる〝技〟の意味内容」7/3 「円に十を書く」に「1. 両足で踏ん張ることと両手で剣・杖を握ることは非合気の象徴」7/11          「2. 驚くほどに直截的な開祖の言葉」7/14          「3. 〝「言葉は神とともにありき」の状態に〟」7/19 「おしらせ」に7月の稽古予定                              稽古の記録2010/8/15〜2019/7/17   7月21日(日)第9回大阪府合気道連盟講習会・演武大会(高校生以上)       場所:洗心館(吹田市)      10:30〜12:50 開会式・講習会       13:40〜16:00 演武大会 詳細は「行事」参照

天神町道場稽古 昇段級審査の延期

 台風の影響で休みとした。

昇段級審査を前にして単独基本動作を振り返ってみる。

単独呼吸法については「合氣道の理解方法」に10/1付けで掲載する。

  • 単独基本動作と合氣剣/杖

 単独基本動作は魄氣の三要素を単独で行う稽古法であるが、魂氣の組み合わせとしては徒手、剣、杖を用いる。いずれの場合も上肢の動作を現す呼吸法に対して足腰上体の基本動作を指す。徒手による単独基本動作が受けとの間で魂氣の三要素を伴ったときは相対基本動作となる。従って技の成立過程で足腰の動作や上体と目付が単独基本動作から乖離したものにはなり得ないはずだ。

 元来剣/杖を用いた単独動作から徒手に移行すれば、武器を持っているかあるいは受けの魂氣と接しているイメージを持ちながらの足腰の動作になる。そのようにしてさらに相対基本動作から技へと進展する過程では魄氣の基本のぶれることは少ない。徒手の単独基本動作を介在せずいきなり相対基本動作や、まして技を稽古するならば、魄氣の要素が剣/杖を用いる基本動作と接点を持つことは困難である。

 迷いと悟りを分けるものは稽古の場に限らずごく普通の生活の中にある。

 

リンク

公益財団法人合気会 

本部道場の公式ホームページです

大阪合氣塾

吹田市を本部とする須磨 弘師範の道場です

和氣會

豊中市を中心とする道場で池田憲夫師範のご指導です

兵庫合気会

姫路市を中心とする道場で山田芳朗師範のご指導です

合気道愉々会(ゆうゆうかい

加古川市を中心とする道場で神戸大学合気道部OB第五代養心会長・兵庫県合気道連盟理事長 吉田 司先生のご指導です

 

神戸大学体育会合気道部

神氣館館長辻本大治師範の母校合気道部です

大阪武育会木村二郎師範のご指導です


流山合気会

千葉県流山市にて永井 純師範(港区合氣道連盟会長)が会長をされている㈶合気会公認道場です