*神氣館【 高槻市 天神町道場 ・ 幸町道場 】              Shinkikan aikido dojo tenjincho/saiwaicho         (公財)合気会公認道場                                  Takatsuki-city Osaka JAPAN                               大阪府合気道連盟加盟道場        「概要」に「神氣館の半年カリキュラム」 「道場案内と活動」 「『合氣神髄』より合氣道とは」 「ASOB会講演」に第4回ASOB会 2018/12/1                                                          「円に十を書く」に「1. 両足で踏ん張ることと両手で剣・杖を握ることは非合気の象徴」7/11          「2. 驚くほどに直截的な開祖の言葉」7/14          「3. 〝「言葉は神とともにありき」の状態に〟」7/19          「4. 神に喩えられた軸足(合気神髄より)」8/1          「5. 正面打ちに対する捌きのすべて」8/14          「6. 魄氣の陰陽と軸足」8/22          「7. 同側の魂氣と魄氣が反対方向に動作する」8/24 「おしらせ」に8月の稽古予定                              稽古の記録2010/8/15〜2019/8/21

天神町道場稽古 禊の中の単独基本動作

  • 合氣体操
  • 禊の中の単独基本動作:舟漕ぎ運動の魄氣の陰陽と魂氣の陰陽 

 *陰の魄氣では軸足に全てをかける。相対動作で両手取りによる舟漕ぎ運動を行えば受けの気力も受けることで軸足の役割に気付きやすい。

 *魂氣では、魄氣は左半身の陽にてホーで脇を開き肘を伸ばすが母指を除く指と手首の屈曲により広義の陽とは異なる。吸気とともに手首の屈曲部が前方に突き出されるにつれて、丹田に巡る気力がいや増す故に呼気へと移行する。陰の陽で手首の屈曲部を差し出し、広義の陽とならずに呼気とともに(イェイ)陰の陽で丹田に巡り、脇が閉じると肘もやや屈曲し上肢全体が体側に密着し陰の陰で丹田に結ぶ。

 最後の左半身サーと陽の陰で上肢全体を伸展すれば吸気は一気に限界まで達し、其の分を全て前方に突き放ったイメージを持つ。魄氣は左半身の陽。一瞬のうちに胸郭は虚脱しイェイで呼気にて全てを吐き出すとともに、ありったけの氣を掻き取るイメージで魂氣を陰の陽で丹田に巡らせ、陰の陰で結ぶ。魄氣は陰。

 *魄氣の陽では半身となり、陰では正面を向く。単独基本動作としての舟漕ぎ運動であり、禊ぎの形に一致するものではない。剣・杖・徒手に通底する足腰の動作である。

  • 単独呼吸法坐技:降氣、回外、昇氣、一気、両手で陰陽の巡り
  • 単独基本動作剣素振り:入り身運動・転換・回転各種
  • 単独基本動作:入り身運動、入り身転換、回転
  • 相対基本動作:坐技正面打ち呼吸法、一教運動表裏

 *ピットフォール:上段に与えるとき受けは手刀で護る。受けが先手で手刀を正面にかざして取りに打って出る動作は裏である。左右反復稽古表裏の惰性で取りの先手・後手が曖昧になる。したがって、先手のつもりでも受けが先手で手刀を打つことで取りは手刀でそれを受け、同時に取りとして結ぶために受けの上肢の内上方に押し入ろうと反応する。

【対策】①後手に回れば裏である事が鉄則。受けの動作・間合いを指導する。取り受け/表裏の乱取り稽古と区別する。②与えたものを開くとき内巡りでは母指から常に水平に開く。つまり狭義の陽(外巡りでは小指から狭義の陰で開く)。上段に与える時手刀に開くと手の内にあるものがすべて落ちてしまう、とイメージする。接触したら初めて水平に開いて手の内のものを見せようとする、結びである。相対動作の手順によって受けは手の内のものを最後まで見る事が出来ない。上段のまま陽の陽から陽の陰に巡れば正面当てとなり手掌は受けの顔面を包む。一教運動で上腕が丹田に結べば受けは取りに背を向ける。取りが後手に回れば手を開かず(手の内を見せず)、対側の手を矢筈で陽の陰にて受けの上肢に当てるとともに巡らせたなら、与える手の内は受けの手首に接しながら自ずと水平に開く。

  • 相対基本動作:立ち技正面打ち一教運動・転換反復表
  • 正面打ち一教表

 *手首に接して水平に開いた魂氣は丹田の高さに巡って来ても、手首に接したままで陰に巡って、受けの手首の屈側を上から握る。与える手の内を早々と上段で開いた場合、巡りも早くなり受けの手首にすがるように絡んでしまう。そのようなとき上腕に位置する取りの矢筈の手はそれを掴んで突き降ろそうとし、手首の手は陰の陽に巡って絡み付く様に受けている。本来の狭義の陰陽が逆になってしまう。正しく与えたなら、上腕では舟漕ぎ運動のホーイェイで陰の陽に巡り丹田に結び、そのとき手首では上から握って外下方に降ろす。坐技両手での陰陽の巡りに帰結。

  • 交差取り外入り身転換呼吸法:腰の後ろに結ぶ。対側の手は後ろ両手取りと異なり自由であるから昇氣で側頸まで一気に結ぶ(裏拳は合氣でなくなる)。置き換え踏み替えで陽の陽。
  • 片手取り外巡り横面打ち入り身転換:腋を締めて回内・陽の陽で横面打ち入り身運動。腋を締めると一気に降氣の形から回外となり間合いが詰められ、回内で陽の陽は横面打ちで入り身が成立。
  • 片手取り外巡り二教:矢筈で開いて取り返す二教に対し、ここでは横面打ち入り身運動から座った両膝と丹田の間で二教固め。
  • 相対基本動作:突き後手杖巡り逆半身/相半身
  • 突き後手杖巡り逆半身三教/相半身四方投げ
  • 相対基本動作:突き後手横面打ち逆半身/相半身
  • 坐技両手取り/片手取り呼吸法:降氣の形から右手が陽の陽なら左手は回外して陽の陰。坐技両手での陰陽の巡りに近似。

 *降氣の形から回外の動作と、外巡りを厳密に区別する事。前者は脇を閉じて回外するから結んだ後の陽の陰は受けの内側に進み真中に達する。後者は脇を開いて二教の手となるから広義の陽に進めると受けの外側に入る。受けの側頭や脇の背部に回内して陽の陽で結ぶ入り身、陽の陰と入り身運動で手首の取り返し、側頸へ巡って陰の陰での結びなどに展開。

 

リンク

公益財団法人合気会 

本部道場の公式ホームページです

大阪合氣塾

吹田市を本部とする須磨 弘師範の道場です

和氣會

豊中市を中心とする道場で池田憲夫師範のご指導です

兵庫合気会

姫路市を中心とする道場で山田芳朗師範のご指導です

合気道愉々会(ゆうゆうかい

加古川市を中心とする道場で神戸大学合気道部OB第五代養心会長・兵庫県合気道連盟理事長 吉田 司先生のご指導です

 

神戸大学体育会合気道部

神氣館館長辻本大治師範の母校合気道部です

大阪武育会木村二郎師範のご指導です


流山合気会

千葉県流山市にて永井 純師範(港区合氣道連盟会長)が会長をされている㈶合気会公認道場です