幸町道場稽古 与えて広義の陽もあり

  • 禊:天地の結び、鳥舟、振り魂、気の巡り
  • 単独呼吸法坐技:降氣、回外、昇氣、一気、入り身運動、転換運動
  • 合氣体操
  • 単独呼吸法:舟漕ぎ運動による魂氣からホー・イェイ、魄氣は陽・陰
  • 単独基本動作:片手取り=手を取らせる、陰の陽(ホー)で与える動作は小さく浅い吸気に入って手首は屈曲のまま腕を下段に伸ばす、魄氣は陰(同側の足は伸展して魂氣に合わせる)、軸足側の魂氣は陰の陽で腰の後ろ。自然体から与える姿勢に。受けは逆半身でその手を取るが、それにこだわらず呼気で指先の向きに丹田へ巡る。受けが手首を取った場合丹田に結ぶ事ができず、取りの力の及ぶところで片手取りが成立。取らなければ丹田に結んでから単独動作。
  • 相対基本動作:片手取りから広義の陰に巡る。外巡り入り身運動/内巡り入り身・転換/降氣の形で外転換
  • 相対基本動作:片手取りから外転換・吸気で広義の陽・目の高さで手掌を見る(狭義の陽)
  • 片手取り外転換・陽の陽から対側で手首を下から取って、始めに取らせた手は陽の陰に巡って外し受けの手背に被せて丹田へ降氣、鏡返し。
  • 相対基本動作:交差取りから外転換・吸気で広義の陽・目の高さで手掌を見る
  • 交差取り外転換・陽の陽から降氣・外巡りで手背が受けの手首の伸側に結んで入り身
  • 片手取り受けの手首を取り返して二教:外転換陽の陽から降氣で丹田に向け更に外巡りで二教の手(陰の陰)を一気に指間を開けば示指の付け根が受けの手首の尺側に当たり、把持して舟漕ぎ運動イェイで丹田に結んで入り身運動。対側の手で受けの手背を包み二教へ。

 *ピットフォール:陽の陽から降氣・外巡りまで息を止めて陽の陰で上肢が緊張伸展すると受けに取らせたまま身動きできない。対側で直突きしておいても払わせる間固まったまま。

【対策】陽の陽から降氣・外巡りまで一気に呼気で肩の高さへ陰の陰(二教の手は弛緩屈曲)、広義の陰のまま指間を開けば示指の側面が受けの手首の尺側に当たり、把持して入り身運動にて陰の陽で丹田に結ぶと初めて相対的に腕が緊張伸展する。腋が閉まって広義の陰であるが手首より近位は伸展している。受けの手首の屈側を上から把持して丹田に結んでいるから受けの背が見える。

 *上肢が広義の陽で緊張伸展すればそれまで。そこから気力(呼吸力)をさらに及ぼす事はできない。気力を与え切るところが広義の陽。吸気の頂点からは呼気あるのみ。一気に巡る。片手取り呼吸法の要訣に同じ。魂氣と魄氣の丹田での結びが受けを貫く。魂氣のみが受けの真中に浸透して地に貫くわけではない。魂氣が受けに接して一気に陽から陰に巡る時魄氣が着いて両方が結ばないと氣結び(合氣)にならない。

  • 交差取り外巡り入り身投げ:与えて陰の陰で外巡り・取らさず受けの内側に巡らせ二教の手・魄氣は逆半身外入り身運動・魂氣を回内(鏡返し)して受けの前胸部に陽の陽で接する。側頸に陽の陰で当て陰の陰に巡らせて取りの丹田に結ぶ。対側の手は終始陰の陽で腰、あるいは外入り身の時陽の陰で側頸に結んでも良い。

 *与えて広義の陽とは、上段では一教運動表、その相対動作では正面打ち一教運動表がわかりやすい。

 

リンク

公益財団法人合気会 

本部道場の公式ホームページです

大阪合氣塾

吹田市を本部とする須磨 弘師範の道場です

和氣會

豊中市を中心とする道場で池田憲夫師範のご指導です

兵庫合気会

姫路市を中心とする道場で山田芳朗師範のご指導です

合気道愉々会(ゆうゆうかい

加古川市を中心とする道場で神戸大学合気道部OB第五代養心会長・兵庫県合気道連盟理事長 吉田 司先生のご指導です

 

神戸大学体育会合気道部

神氣館館長辻本大治師範の母校合気道部です

大阪武育会木村二郎師範のご指導です


流山合気会

千葉県流山市にて永井 純師範(港区合氣道連盟会長)が会長をされている㈶合気会公認道場です