天神町道場稽古 魂氣の陰陽・巡りなくして魄氣の結びなし

  • 禊:天地の結び、鳥舟による魂氣の巡り3方法と魄氣の陰陽、振り魂、気の巡り
  • 合氣体操:…四方投げの持ち方で四教…
  • 単独呼吸法坐技:降氣、回外、昇氣、一気、坐技両手で陰陽の巡り、入り身運動、転換運動
  • 単独基本動作剣素振り:正面打ち入り身運動、入り身転換(四方切り/八方切り)、横面打ち/突き入り身運動、下段受け流し、上段受け流し
  • 相対基本動作組み太刀:上段/下段受け流し、二の太刀
  • 相対基本動作:坐技正面打ち一教運動表/裏
  • 坐技正面打ち三教裏:膝を閉じ魂氣の陰から受けの手刀に接して対側の魂氣を陽の陰で受けの上腕表面を舟漕ぎ運動で巡り、逆半身で膝と腰を入り身=魄氣の結び。
  • 横面打ち後手四方投げ表/相打ち四方投げ裏

 ♯取りは自然体から右/左自然体に、受けは逆半身で横面打ち。取りは後手では降氣の形で額に陰の陰・対側の魂氣は腰の後ろに陰の陽から相半身振込突き近似・受けは対側の魂氣を腰の後ろに陰の陽から陽の陰でも陽でもない(手刀)手掌で内に払い、同時に取りは額から陽の陽で魂氣を差し出しつつ相半身で内転換すると受けの手刀の上から陰の陽で丹田に巡ろうとする。払われた対側の魂氣は受けの手刀の手首を下から陰の陽で受けながら丹田の前にて取るが・同側の魄氣を前方回転の軸足としながら止まらず振りかぶると四方投げの持ち方。後方の足先を軸足先方向に一歩置き換え転換の軸足として踏み替えると相半身内入り身転換近似。受けの手首を取った手は正面打ち近似で伸展すると受けの項に結ぶ。これを四方投げの結びとする(入り身投げの結び、後ろ取りの結び、片手取り呼吸法{背当てまたは後方入り身投げ}の結びなどと比較)。ここから取りの丹田に結び残心(右/左自然体に戻る)。受けは取りの丹田を経て体軸に沿って後ろ受け身で滑り落ちる。

 †相打ちでは、降氣の形から陽の陽で入り身運動四方投げの持ち方で振りかぶる際、同側の足をその場で内股に踏み換え軸として転換・今や前方となった足先を後ろに置き換え踏み替えて上肢を伸展させると受けの項に結ぶ。以下表と同じ。

 *ピットフォール:相半身内入り身転換で受けの手首を取った手を伸展しても受けの項に結ばず、魂氣を受けの丹田の後ろ(腰)にまで及ぼすことができず、受けの体軸の傾斜がおこらない。受けの腕は降氣の形で肩の位置に結び安定しているため、取りは受けの手首を肩先へ外して地に落として結ぼうとする。動作が互いに滞る。受けが対側の手を伸ばすと容易に取りの側頸に達し入り身投げに返すことができる。力で取りが勝ればその一瞬に肘関節が破綻する。

【対策】上記♯以下に記載の通り。前方回転の軸足先方向とそちらに作る入り身転換の軸足の位置が四方投げの結びの一点を産む。魂氣の陽で正面を打ち丹田に巡って送り足で残心、ここで受けが魂氣魄氣とも取りの丹田に結んで真下に落ちる。固めなら丹田で離さず同側の膝と共に降氣で地に結ぶ。目付と体軸を保つ。

  • 坐技片手取り呼吸法三本:①降氣の形から陽の陽②降氣の形から回外・陽の陰③外巡り・腋を閉じて回内・陽の陽・横面打ち入り身運動

 

リンク

公益財団法人合気会 

本部道場の公式ホームページです

大阪合氣塾

吹田市を本部とする須磨 弘師範の道場です

和氣會

豊中市を中心とする道場で池田憲夫師範のご指導です

兵庫合気会

姫路市を中心とする道場で山田芳朗師範のご指導です

合気道愉々会(ゆうゆうかい

加古川市を中心とする道場で神戸大学合気道部OB第五代養心会長・兵庫県合気道連盟理事長 吉田 司先生のご指導です

 

神戸大学体育会合気道部

神氣館館長辻本大治師範の母校合気道部です

大阪武育会木村二郎師範のご指導です


流山合気会

千葉県流山市にて永井 純師範(港区合氣道連盟会長)が会長をされている㈶合気会公認道場です