*神氣館【 高槻市 天神町道場 ・ 幸町道場 】              Shinkikan aikido dojo tenjincho/saiwaicho         (公財)合気会公認道場                                  Takatsuki-city Osaka JAPAN                               大阪府合気道連盟加盟道場        「概要」に「神氣館の半年カリキュラム」 「道場案内と活動」 「『合氣神髄』より合氣道とは」 「ASOB会講演」に第4回ASOB会 2018/12/1                                                          「円に十を書く」に「4. 神に喩えられた軸足(合気神髄より)」8/1          「5. 正面打ちに対する捌きのすべて」8/14          「6. 魄氣の陰陽と軸足」8/22          「7. 同側の魂氣と魄氣が反対方向に動作する」8/24          「8. 天之常立神」8/29          「9. 入り身と二教」9/1          「10. 魂氣と魄氣の陰陽/空の気と真空の気」9/14          「11. 入り身転換から体の変更で生まれる技」10/5          「12. 姿勢を決める入り身転換」10/14 「おしらせ」に10月の稽古予定                              稽古の記録2010/8/15〜2019/10/13

天神町道場稽古 魂氣の巡りに足先の置き換え踏み替え

  • 禊:天地の結び、鳥舟による魂氣の巡り3方法と魄氣の陰陽について、振り魂、気の巡り
  • 単独呼吸法(坐技):降氣、回外、昇氣、一気、入り身運動、振り子運動
  • 合氣体操
  • 剣を用いて単独基本動作:入り身運動(正面打ち、横面打ち陰の陽、突き)、入り身転換、前方回転、後方回転。
  • 相対基本動作:片手取り入り身転換・置き換え踏み替え(陰の陽で丹田に結ぶ)
  • 相対基本動作:交差取り入り身転換置き換え踏み替え(陰の陽で腰仙部に結ぶ)
  • 交差取り入り身転換呼吸法
  • 相対基本動作:後ろ取り後方転換置き換え踏み替え(降氣の形から陰の陰で額に結ぶ)

 *降氣の形は始め腋を閉じる。それから開いて陰の陰で額に結ぶ。外巡りも昇氣も始め腋を開く。前者は後で腋を閉め陽の陽、後者は終始開いたまま陽の陽。違いを知ること。

  • 後ろ取り天地投げ:降氣の形の呼吸法は自身の前で動作する(横か後ろで動いてしまう傾向がある。つまり、腋を開いてしまう。受けに取らせた手は陰陽の別を抜きにしては巡れない。足・腰・丹田の順に後方転換と共に降氣の形から額に陰の陰で巡り結ぶ。この時腋は初めて開いている。)

 *魂氣の一方は額に陰の陰、他方は丹田に陰の陽、受けの両手は取りの軸上天地に結ぶ。

 *置き換えは踵の後ろに

 *踏み替えたら前の足先に同側の魂氣を陽の陽で合わせる。

  • 坐技片手取り呼吸法:降氣の形から回外・陽の陰、陰の陽へ巡り

 *腋を開けると回外が外巡り近似となり母指は地に向き、さらに取りの丹田に巡ってしまう。降氣の形から回外とは腋を閉じたまま母指が受けに向かう。その後で腋を開くから陽の陰で受けの真中に魂氣が進む(正面当て)。結果内巡り。

  *今回が初稽古の会員さんにとっては、内容のおもしろさがはっきりしなかったと思う。単独動作の意味付けがまだはっきりしない。つまり、動作に意味(言葉)が合致しない。思いがまだ鮮明ではない。相対動作からの繋がりが明確ではないことからである。その上、相対基本動作の今回の主題は魄氣の極致であり、ふた呼吸の動作であるから容易いものではない。しかし、これを曖昧にする稽古は決して魂魄の結びを体得しきれない。

 核心に触れる達成感は確実に自己のものとなる。積み重ねが導いてくれる。そんな稽古はもうすぐ。

リンク

公益財団法人合気会 

本部道場の公式ホームページです

大阪合氣塾

吹田市を本部とする須磨 弘師範の道場です

和氣會

豊中市を中心とする道場で池田憲夫師範のご指導です

兵庫合気会

姫路市を中心とする道場で山田芳朗師範のご指導です

合気道愉々会(ゆうゆうかい

加古川市を中心とする道場で神戸大学合気道部OB第五代養心会長・兵庫県合気道連盟理事長 吉田 司先生のご指導です

 

神戸大学体育会合気道部

神氣館館長辻本大治師範の母校合気道部です

大阪武育会木村二郎師範のご指導です


流山合気会

千葉県流山市にて永井 純師範(港区合氣道連盟会長)が会長をされている㈶合気会公認道場です