*神氣館【 高槻市 天神町道場 ・ 幸町道場 】              Shinkikan aikido dojo tenjincho/saiwaicho         (公財)合気会公認道場                                  Takatsuki-city Osaka JAPAN                               大阪府合気道連盟加盟道場        「概要」に「神氣館の半年カリキュラム」 「道場案内と活動」 「『合氣神髄』より合氣道とは」 「ASOB会講演」に第4回ASOB会 2018/12/1                                                          「非軸足は巡りて天地に結ぶ」に「7. 片手取り呼吸法表を詳説する」2/23                「8. 与えた手で受けの手を取り返す方法⑴はじめに」2/24                「9. ⑵片手取りにおける、母指先から発する内外天地方向の魂氣」3/2                「10. ⑶片手取りに内巡り」3/9                「11. ⑷片手取りに外巡り①から③」3/12                「12. ⑷片手取りに外巡り④」3/16 「おしらせ」に3月・4月の稽古予定変更                          稽古の記録2010/8/15〜2019/3/20

天神町道場稽古 目付は水平に次の対象を捉える

  • 剣素振りにて入り身運動3本、入り身転換、前方回転、後方回転
  • 禊:単独動作であるから目付を定めるべき前方水平方向の点を自ら作る。魂氣の陰陽は目付に応じた体軸の確立無くして巡らせることができない。
  • 単独基本動作:剣にて済み。徒手にて一教運動表裏
  • 相対動作:坐技片手取り呼吸法3本(降氣の形から陽の陽、回外・陽の陰、外巡り二教の手から腋を閉めて陽の陽で入り身運動
  • 半身半立ち片手取り四方投げ(降氣の形から二教の手・四方投げの持ち方で額に結び対側の肩から降ろして丹田に結ぶ)
  • 片手取り呼吸法裏、諸手取り呼吸法表

*片手取りは内巡り昇氣で入り身転換。諸手取り表は降氣の形で剣線を外し半身を転換し、縦に並んでその下に位置する受けの異名側の腕を越えて側頸に結んで、陰の陽(母指が項の方向に向く)として同側の足先を受けの後ろに半歩入り身しながら陽の陽で進める。なおも母指の反りの方向に進め、体側に結んで残心。この時点で受けが取りの真後ろに落ちて受け身を取っていることに気づく。陽の陽で進めるときに『受けを倒そう』『倒れたかどうか』目付でこれを捉えようとするのは禁物。軸が揺れて陽の陽の魂氣をいっぱいに開き示すことができない。目付は後下方に落ちた受けの後ろに水平に定め、視野いっぱいに次の存在を捉える。

  • 突き相打ち横面打ちで入り身転換・小手返し

 *入り身転換後の目付の視野に受けの手拳が入れば、横面から丹田に結ぶとともに小手返しの取り方でそれを把持し、前方の足先を斜め後ろに置き換えると同時に同側手は陽の陽から陰の陽で腰の後ろに巡る。突き入り身転換の結びである。視野に手首が無ければ丹田で昇氣に巡って呼吸法。水平の目付で捉えた対象が次の受けである。入り身転換の後に再度その剣線上に在る者へ目付をとらわれてはいけない。地に崩れた受けの次に在る者を水平の目付で最大限に視認する(残心)。

  • 胸取り二教裏:外転換・降氣の形で受けの手首を下から母指を開いて受け、対側手を受けの手背にかぶせて母指球と小指球を手背側から手首の直上部で挟み込み、後ろ回転とともに手首の下から受けた手をホー(陰の陽)の魂氣で手首を返し、踏み替えると同時にイエィの魂氣で持ち直すと二教裏。転換・後ろ回転(厳密には置き換え・踏み替え)・踏み替えで目付けを常に保つことにより軸の確立と二教の氣結びが成り立つ。

 

リンク

公益財団法人合気会 

本部道場の公式ホームページです

大阪合氣塾

吹田市を本部とする須磨 弘師範の道場です

和氣會

豊中市を中心とする道場で池田憲夫師範のご指導です

兵庫合気会

姫路市を中心とする道場で山田芳朗師範のご指導です

合気道愉々会(ゆうゆうかい

加古川市を中心とする道場で神戸大学合気道部OB第五代養心会長・兵庫県合気道連盟理事長 吉田 司先生のご指導です

 

神戸大学体育会合気道部

神氣館館長辻本大治師範の母校合気道部です

大阪武育会木村二郎師範のご指導です


流山合気会

千葉県流山市にて永井 純師範(港区合氣道連盟会長)が会長をされている㈶合気会公認道場です