幸町道場稽古 二人取り呼吸法

  • 単独呼吸法
  • 合気体操
  • 単独基本動作
  • 諸手取り呼吸法裏
  • 諸手取り入り身転換呼吸投げ
  • 胸取り二教表
  • 交差取り一教表裏

 以上北村・木山両指導員による。

 

 *諸手取りではまず降氣の形で間合いを詰め氣結び寸前の巡りを確実に行うこと。交差取りでも、諸手に比べると軽いけれどこれをおこたらずに。片手取りの場合が基本で、脇の開け閉めは手首の回内・回外の正反対の動作に連なり、内入り身と外入り身に別れる。交差取り・諸手取りの場合は表も裏もいったん降氣の形で脇を十分閉める。

 *広義の陰でも母指先は常に回外・内で陽に転じる角度と反りを持っている。また、回外=陰の陰(二教の手)と回内=陰の陽(小手返しの手)はそれぞれ広義の陽に進めると、母指先の方向によって180度の違いが生じる。

  • 相対基本動作二人取り:諸手取り降氣入り身転換、対側は陽の陽。降氣の形から脇を開いて頰・額に巡って内入り身転換、額の手を陰の陰から陰の陽に指を開くと受けの手首を上から把持できる。対側の手は陽の陽から陰の陰に巡ってもう一人の受けの手首を把持する。左右に両上肢を水平に陽で開くと受けは互いに互いを呼吸法で後方に倒すことになる。取りは下に位置する上肢の受けに入り身転換して密着し、その上肢を持った取りの上肢で外側の受けに入り身投げで倒す。上に位置する受けはそのとき把持された上肢で取り側の受けを入り身投げで倒すことになる。

 *1、2、3、4で。

 降氣の形から回外・陰の陽で地に結ぶ手順を、転換(踏み替え)反復の1段階遅れのずれで左右の手で行えば二人取り呼吸投げである。初めの動作が入り身転換で一方の魂氣が降氣の形の陰、他方が陽の陽であり次の動作で陰の陽(降氣の形)となるから、左右同時には行えない。敢えてそろえない方が投げのとき両者の受け身が重ならないから安全である。次回稽古。

 *二人取りは、諸手取り相対基本動作(入り身転換)をそれぞれ二人に対して着実に、順番に、より一層厳密に行わないと、技の成立を見ない。結びなくして合氣道の技の成立(呼吸力の発揮)はない。魂氣三要素・魄氣三要素に尽きる。

リンク

公益財団法人合気会 

本部道場の公式ホームページです

大阪合氣塾

吹田市を本部とする須磨 弘師範の道場です

和氣會

豊中市を中心とする道場で池田憲夫師範のご指導です

兵庫合気会

姫路市を中心とする道場で山田芳朗師範のご指導です

合気道愉々会(ゆうゆうかい

加古川市を中心とする道場で神戸大学合気道部OB第五代養心会長・兵庫県合気道連盟理事長 吉田 司先生のご指導です

 

神戸大学体育会合気道部

神氣館館長辻本大治師範の母校合気道部です

大阪武育会木村二郎師範のご指導です


流山合気会

千葉県流山市にて永井 純師範(港区合氣道連盟会長)が会長をされている㈶合気会公認道場です