幸町道場稽古 基本技とは

  • 単独呼吸法
  • 合気体操
  • 単独基本動作:入り身運動(陰の陰、突き、横面打ち)、入り身転換・反復、体の回転前・後方、一教運動表・裏、
  • 相対基本動作:片手取り入り身転換・体の変更、

 後ろ肩取り入り身転換:自然体で立ち後ろから触れられた側の手で手刀を作りながら転換して受けの面前に進めると受けは同名側の手で受けてそのまま押さえる。取りは陽の陰に巡って反復転換し陰の陰で丹田に結び、対側の手は陽の陽から陰の陰(手拳)に巡って受けが押さえる肩に向かうが、一歩踏み込んだ受けの面前をいつでも突ける。陰の魄氣から更に転換を繰り返すと、例えば小手返しや四方投げが成立。後述するように応用技と言える。反復転換時陰の魄氣で軸足の膝を着けば手拳から二教の掴み、基本技。

 後ろ両肩取り入り身転換:触れられた側の手で手刀を作りながら転換して受けに向けるが、受けは同名側の手で肩を掴み、対側の手で対側の肩を掴もうとしている。取りの手刀は受けに触れず陽の陰で巡りながら転換を反復し、受けの押さえが無い分丹田までの降氣とならず額の前に陰の陰(手拳)で結ぶ。手拳は受けに当てず陰の陽で取りの側頚部に結び、この間に入り身転換(前方回転の軸足を作り半回転)を行い踏み替えて陽の陽で開くと呼吸法。補足すると、重心を回転並みに下げてその膝に基本通りに手を置くと、受けの両手が立てに並び取りの手拳と頭部は受けの上位にある脇の間を当て身の流れで通って取り自身の側頚部に結ぶ。

 * これらは初めの転換で振り向くときからどちらの手で肩に触れているかを知る必要が無い。肩の後ろを感じたら反射的に触れられた側から基本動作を行うだけで技の初動に入る。対側の足が半歩出て軸足を作って転換(入り身転換)しないと魂氣は発揮できない。手足腰の一致を反射的に。右投手の一塁牽制で、投げる構えだけに留まる時に近似。グラブだけを一塁にかざしボールを握った手は腰の後ろに置いている場合に(そんなフォームを取る投手はいないかも)相当する。

  • 正面打ち入り身投げ表:一教運動表の魂氣で受けの手刀を引き出し、開いた脇の下を逆半身で外入り身。単独動作横面打ち入り身運動において陰の陽で丹田に結ぶ手が、この相対動作では受けの対側外側頚に当たるため、八相の構えで取りの胸に結び、対側手は陽の陰で受けの側頚部に巡り、両上肢はそこで結び降氣で丹田まで母指が降りて残心。転換の反復を含む3段階の連なりまではおおむね基本技。表技は入り身、裏技は入り身転換と踏み替え(反復転換)、転換を4回連ねるものは応用技と呼んで良いと思われる。
  • 突き入り身投げ表:突きに対して横面打ち入り身運動から後ろの陰の魂氣を杖の振込突き近似から陽の陰に巡って丹田へ。対側手は陰の陽で腰の後ろへ巡って残心
  • 坐技交差取り/片手取り呼吸法で二教:前者は内巡り陽の陽から更に陰の陰へ巡る。後者は外巡りで肘を落として脇を閉め、いったん陽の陽から陰の陽に巡って丹田に結ぼうとする。二教の場合は完全に結ぶことが無い。その前に受けの合図があるから。いずれにしても魂氣三要素に尽きる。前者は舟漕ぎ運動の陽の陰から陰の陽(サー・イェイ)、後者はホー・イェイの魂氣。肘を落とさないで丹田に結ぶ。

リンク

公益財団法人合気会 

本部道場の公式ホームページです

大阪合氣塾

吹田市を本部とする須磨 弘師範の道場です

和氣會

豊中市を中心とする道場で池田憲夫師範のご指導です

兵庫合気会

姫路市を中心とする道場で山田芳朗師範のご指導です

合気道愉々会(ゆうゆうかい

加古川市を中心とする道場で神戸大学合気道部OB第五代養心会長・兵庫県合気道連盟理事長 吉田 司先生のご指導です

 

神戸大学体育会合気道部

神氣館館長辻本大治師範の母校合気道部です

大阪武育会木村二郎師範のご指導です


流山合気会

千葉県流山市にて永井 純師範(港区合氣道連盟会長)が会長をされている㈶合気会公認道場です