*神氣館【 高槻市 天神町道場 ・ 幸町道場 】              Shinkikan aikido dojo tenjincho/saiwaicho         (公財)合気会公認道場                                  Takatsuki-city Osaka JAPAN                               大阪府合気道連盟加盟道場        「概要」に「神氣館の半年カリキュラム」 「道場案内と活動」 「『合氣神髄』より合氣道とは」 「ASOB会講演」に第4回ASOB会 2018/12/1                                                          「非軸足は巡りて天地に結ぶ」に「17. 空の気を解脱する主語は?」5/5                「18. 合氣を動作するということ」5/11 「19. 外巡りと鎬の違い」5/15                「20. 鳥船の腰」5/21            「21. 〝微妙な変化〟」5/30                「22. 軸足交代して魂氣が上丹田に結んでこその入り身転換」5/31                「23. 導いて後矢筈に開いた手が受けの前腕屈側に嵌まる」6/15 「おしらせ」に6月・7月の稽古予定                            稽古の記録2010/8/15〜2019/6/23

天神町道場稽古初め

  • 禊:舟漕ぎ運動の魂氣と魄氣の説明

  剣:八方切り、正面打ち入り身、正面打ち受け流し、突き受け流しで魄氣の要訣を稽古

  • 単独呼吸法:降氣、昇氣
  • 単独基本動作:入り身転換から前方回転へ連続動作を追加。入り身転換が陰の魄氣で終わらなければ次の前方回転の軸足が作れないことを知るべし。四方投げ、腰投げ後ろ取り各種に通じる。入り身転換から後方回転も同じ。
  • 相対基本動作:片手取り入り身運動、入り身転換、体の変更、入り身転換から昇氣の呼吸法、肩の高さで片手を取らせて昇氣でも降氣でもなく最短で側頚部に結ぶ。
  • 片手取り降氣の形から脇を開かず母指を前方に向け手首を限界まで屈曲して、同側の膝を地に着け一気に肘を開いて母指を地に結び、留まらずに残りの指の方向(後方)に滑らしながら立ち上がると片手取り呼吸投げ。
  • 諸手取り入り身転換呼吸投げ:脇をしっかり閉じて、片手取りに同じ。
  • 脇を閉じると前腕は垂直に立ち、受けの諸手は上下に並ぶ。降氣の形から一気に脇を開いて側頚部に結ぶと肘は受けの上下の腕の間を胸骨部に接して上端に嵌る。母指は取りの背部に向いている。肘も開いて陽の陽で立技入り身転換諸手取り呼吸法(裏)の成立。魄氣は踏み替えている。

 *諸手取り呼吸法表:説明演武のみ。諸手に限って丹田からの昇氣は困難。魂氣を陰の陽で後方の足を丹田の下に置き換え、腕の高さで脇を開けたまま最短で側頚部に結ぶ。母指の方向に同側の足を半歩踏み込み陽の陽で成立。

  • 諸手取り内入り身転換呼吸法:魂氣は諸手取り呼吸法裏の降氣の形、魄氣は諸手取り呼吸法表に同様。脇を開くとき、肘を受けの前方(受けの胸から離し)に、丹田下の足先と同方向に。受けの諸手が取りの前腕伸側をせり上がるように。開いた脇の下を同側の足を一歩進め内入り身とし、側頚部の魂氣は陰の陰で頰・額へと巡り、対側の側頚部に結ぶことで転換が成立する。同時に受けの同名側の手首は二教で取りの陰の陰の魂氣により対側の肩に密着する。取りの対側の手は終始腰の後ろに陰の陽。取りの陰の陰の魂氣は降氣で丹田に結ぶと、受けは取りに密着しながら足下につぶれるように落ちる。諸手取り四方投げ表の基本動作に通じる。

 *諸手取り四方投げ裏の基本動作は次回。

リンク

公益財団法人合気会 

本部道場の公式ホームページです

大阪合氣塾

吹田市を本部とする須磨 弘師範の道場です

和氣會

豊中市を中心とする道場で池田憲夫師範のご指導です

兵庫合気会

姫路市を中心とする道場で山田芳朗師範のご指導です

合気道愉々会(ゆうゆうかい

加古川市を中心とする道場で神戸大学合気道部OB第五代養心会長・兵庫県合気道連盟理事長 吉田 司先生のご指導です

 

神戸大学体育会合気道部

神氣館館長辻本大治師範の母校合気道部です

大阪武育会木村二郎師範のご指導です


流山合気会

千葉県流山市にて永井 純師範(港区合氣道連盟会長)が会長をされている㈶合気会公認道場です