*神氣館【 高槻市 天神町道場 ・ 幸町道場 】              Shinkikan aikido dojo tenjincho/saiwaicho         (公財)合気会公認道場                                  Takatsuki-city Osaka JAPAN                               大阪府合気道連盟加盟道場        「概要」に「神氣館の半年カリキュラム」 「道場案内と活動」 「『合氣神髄』より合氣道とは」 「ASOB会講演」に第4回ASOB会 2018/12/1                                                          「非軸足は巡りて天地に結ぶ」に「3. 開祖の〝自然の法則〟」3/4                「4. 体感と体得」2/2                            「5. 姿勢」2/13                「6. 相対動作の氣結びは振り子運動と入り身一足」2/17                「7. 片手取り呼吸法表を詳説する」2/23                「8. 与えた手で受けの手を取り返す方法⑴はじめに」2/24                「9. ⑵片手取りにおける、母指先から発する内外天地方向の魂氣」3/2                「10. ⑶片手取りに内巡り」3/9                「11. ⑷片手取りに外巡り①から③」3/12                「12. ⑷片手取りに外巡り④」3/16 「おしらせ」に3月・4月の稽古予定変更                          稽古の記録2010/8/15〜2019/3/20

第14回道主御指導の関西合氣道合同研鑽会 2010/11/21

  • 禊、単独呼吸法、合気体操(神氣館の参加者みで)
  • 両手取り入り身転換運動
  • 片手取り体の変更
  • 正面打ち入り身投げ(裏)
  • 諸手取り一教
  • 胸取り二教
  • 後ろ両手取り三教
  • 後ろ両手取り小手返し
  • 横面打ち四方投げ
  • 半身半立ち片手取り四方投げ(表)
  • 坐技正面打ち四教
  • 両手取り天地投げ
  • 坐技両手取り呼吸法

 中盤は順不同です。

 諸手取り一気の巡りは一教表裏で指導していただきました。

 今年は呼吸法がありませんでしたね。

*片手取り呼吸法表裏を除くと、諸手取りや交差取り・横面打ちから四方投げの持ち方での呼吸法は背当て入り身投げに相当せず、肩と上腕が受けと接触した側の外側頚三角当て・前腕母指側は対側の外側頚三角当てということになります。背を受けの胸に重ねることができない分、少なくとも入り身転換時の十分な密着と魂氣の陰の陽が弛くならないことが必要です。目付と呼気(魂氣の陰)での胸の張りが要訣です。終末陽の陽の魂氣では魄氣の踏み替えや送り足に支えられて最大限の吸気が行えます。いつもの稽古をイメージしていただくために敢えて記載いたしました。

   510名という人数でしたから受けとの間合いは最短で始まり、最小半径の転換・回転、入り身送り足も短い距離で行うために魂氣による巡りで補わないと結べません。

 坐技は膝行を行う領域の確保困難なため、私は殆ど呼吸法のみで結びましたから坐技片手取り四方投げは、受けが取りの手首から肩・頭に接して対側の肩を経て臍下丹田に落ちることになりました。取りは受けに取らせた手を陰の陰(二教の手)にすること、対側の手で四方投げの取り方をして手の甲を額に結ぶ(こちらも陰の陰)ことが肝要。そこから離れず体内を降氣のイメージで臍下丹田の直下に巡って地に結ぶと、狭い場所で間に合います。ただし受けでは体内を密に屈折しながら陰の氣が巡るイメージとなり、身体各部では窮屈な痛みが自覚されやすいことになります。

 

リンク

公益財団法人合気会 

本部道場の公式ホームページです

大阪合氣塾

吹田市を本部とする須磨 弘師範の道場です

和氣會

豊中市を中心とする道場で池田憲夫師範のご指導です

兵庫合気会

姫路市を中心とする道場で山田芳朗師範のご指導です

合気道愉々会(ゆうゆうかい

加古川市を中心とする道場で神戸大学合気道部OB第五代養心会長・兵庫県合気道連盟理事長 吉田 司先生のご指導です

 

神戸大学体育会合気道部

神氣館館長辻本大治師範の母校合気道部です

大阪武育会木村二郎師範のご指導です


流山合気会

千葉県流山市にて永井 純師範(港区合氣道連盟会長)が会長をされている㈶合気会公認道場です