天神町道場稽古 杖巡りで入り身

  • 単独呼吸法
  • 合氣体操
  • 単独基本動作
  • 相対基本動作

坐技片手取り外巡り氣結び・入り身運動:片手を陽でも陰でもない魂氣に・臍下丹田から外巡り・陰の陰(二教の手)・入り身運動とともに脇を閉めて前胸部に結ぶ。

  • 立技片手取り二教裏:丹田に陰の陽で巡ると同時に一歩入り身して対側の手で振込突き・外から払われ魄氣を杖の巡りで半歩下がって陰の体・外巡り陰の陰の手によって結ばれた受けの手を二教の掴みで把持・前の足を後ろに置き換えてすぐ踏み替えると二教裏(受けの腕が伸びて離れるとそこに腕を下から振り入れ肩に結んで引き寄せる)。裏はほかに直突き・振り込み突きから八相の構え・正面打ち近似で一教運動裏が一般的。

*片手を取った受けの対側手は突きを待ち受けて内から受けたり払ったりはできない

*受けに二教を施すには取りが二教の手を十分維持すること(陰の陰)。前回の稽古で行った陽の陰で母指から結んで陰の陽に巡って二教に入る方法とは広義の陰陽正反対であり、広義の陰でも陽でもない手はこの技では有効でない

  • 立技片手取り二教表:丹田に陰の陽で巡ると同時に丹田を陰の陰で外巡り・同時に同側の足を外側に半歩踏み出し対側の手を振込突き・外から払われ直角の転換で陰の体・腕は二教の手で首の付け根に結び、払わせた手で二教に掴み表に一歩入る。
  • 立技片手取り三教裏:二教の掴みから手首に二本の指を当て、二教の手を外すとき残り二本の指で小指球を把持し対側の手は陽の陰で受けの肘を突き、足を置き換えて真下に降ろしてから踏み替えて肘に置いた手と同側の膝から着いて肩を挟む様に座る。肘から手を移して受けの手を小指側から、取りの母指を除く四本の指で外から支え、手掌を全体に取りの同側胸に貼付けて、対側の手は陰の陽で受けの上腕を取りの丹田に結び、胸を戻しながら受けの頭側に上体を向けていく。
  • 立技突き後手・杖巡りで逆半身入り身、杖突き近似で腕を上から陰の陽で丹田から外へ巡ると同時に対側手で手首を持ち替え陰の陰で額に結ぶと開いた脇の下を一歩入って外入り身転換。額から真下に降ろし同側の足先は後ろに置き換え膝を着くと三教投げ。

*対側手で持ち替えるとき元の手を陰の陰で額から受けの中心に当て身近似で伸ばすが受けはこれを外から払う、それにより陰の陽に戻されつつ一歩入り身転換して腰の後ろに結ぶ

  • 坐技交差取り四教:陰の陽で昇氣、脇を閉めて母指より陽の陽、対側の手は振込突き近似で陽の陰から舟漕ぎ運動で陰の陽に近づけるとき手首に置いた手を陽の陰に一気に巡らせてそれを掴むがそこで陰の陽にすると、受けの脇が開き肘は直角となり受けの前腕は取りの真中に垂直を成す。上腕にある手は手首の中枢側を四教で把持。

*坐技交差取りでは膝上に置かれた取りの手をまず陰の陽で丹田に結ぶ。昇氣から途中で脇を閉めて肩の前に結ぶが、立技で陽でも陰でもない手を受けに取らせようとする場合は脇を閉めて肩に陰の陽で結ぶ(降氣の形)方が近くて速い。脇を閉じることは半歩間合いをつめることと同義。母指と進めた母趾は同方向を。坐技では振り子運動で同側の膝を合わせる。

*四教:陰の陽で示指付け根が撓骨外側に貼り付き、陰の陰に巡る様にして手首を絞り始めるとき、撓骨内側に示指付け根が嵌る。更に絞りながら振り子運動で重心移動。

リンク

公益財団法人合気会 

本部道場の公式ホームページです

大阪合氣塾

吹田市を本部とする須磨 弘師範の道場です

和氣會

豊中市を中心とする道場で池田憲夫師範のご指導です

兵庫合気会

姫路市を中心とする道場で山田芳朗師範のご指導です

合気道愉々会(ゆうゆうかい

加古川市を中心とする道場で神戸大学合気道部OB第五代養心会長・兵庫県合気道連盟理事長 吉田 司先生のご指導です

 

神戸大学体育会合気道部

神氣館館長辻本大治師範の母校合気道部です

大阪武育会木村二郎師範のご指導です


流山合気会

千葉県流山市にて永井 純師範(港区合氣道連盟会長)が会長をされている㈶合気会公認道場です