正面打ち入り身投げ表(逆半身外入り身)

①陰の魄氣から陰の陽で上段に与え
①陰の魄氣から陰の陽で上段に与え
②同側の足先を魂氣に合わせて半歩進め・受けは相半身にて手刀で真中を守る
②同側の足先を魂氣に合わせて半歩進め・受けは相半身にて手刀で真中を守る
③当たれば母指先から広義の陽に発して母趾を合わせて陽の魄氣で軸を前の足に置く
③当たれば母指先から広義の陽に発して母趾を合わせて陽の魄氣で軸を前の足に置く
③’  ③の詳細 母指先と手根が広義の陽へ伸展し接点より拳一つ分受けの中に入る
③’ ③の詳細 母指先と手根が広義の陽へ伸展し接点より拳一つ分受けの中に入る
④左手を陽の陽・右手を陽の陰の返し突き近似で両手の気の巡りに逆半身入身運動
④左手を陽の陽・右手を陽の陰の返し突き近似で両手の気の巡りに逆半身入身運動
④’ ④の詳細 狭義の陽に進めて対側は陽の陰として両手で氣の巡り
④’ ④の詳細 狭義の陽に進めて対側は陽の陰として両手で氣の巡り
⑤陽の陰の魂氣は受けの同名側の頸部に巡り手掌を項に当て陰の陽で側頸に結ぶと取りの異名側の頸部に巡る・対側は陽の陽から陽の陰に巡る
⑤陽の陰の魂氣は受けの同名側の頸部に巡り手掌を項に当て陰の陽で側頸に結ぶと取りの異名側の頸部に巡る・対側は陽の陽から陽の陰に巡る
⑥対側の魂氣は陽の陰に巡って・受けの側頸に結んだ手の手背に前腕伸側を密着してその母指先は受けの背から取りの丹田に結ぶ。右逆半身外入り身から送り足で左半身に転換し左手は陰の陰で丹田に結び右手は陰の陽で腰に巡り残心・受けは取りの丹田から背側へ螺旋で落ちる
⑥対側の魂氣は陽の陰に巡って・受けの側頸に結んだ手の手背に前腕伸側を密着してその母指先は受けの背から取りの丹田に結ぶ。右逆半身外入り身から送り足で左半身に転換し左手は陰の陰で丹田に結び右手は陰の陽で腰に巡り残心・受けは取りの丹田から背側へ螺旋で落ちる
⑥’ ⑥の詳細 側頸に結んだ陰の陽の魂氣は対側の前腕伸側(橈側)とも結び、その母指先の方向に受けの体軸へひびく
⑥’ ⑥の詳細 側頸に結んだ陰の陽の魂氣は対側の前腕伸側(橈側)とも結び、その母指先の方向に受けの体軸へひびく

正面打ち一教表・左半身

①陰の陽で上段に与え受けは手刀で真中を守る。手首が当たって陽の陽へ。母指先は他指に先駆けて陽の陽・反りの方向へ更に巡るの陽
①陰の陽で上段に与え受けは手刀で真中を守る。手首が当たって陽の陽へ。母指先は他指に先駆けて陽の陽・反りの方向へ更に巡るの陽
②両手で気の巡り・左手は陽の陽で受けの魂氣に結び・右手は陽の陰の矢筈で相半身内入り身
②両手で気の巡り・左手は陽の陽で受けの魂氣に結び・右手は陽の陰の矢筈で相半身内入り身
③送り足で右半身へ転換:一教運動。右手は陽の陰から陰の陽に巡り
③送り足で右半身へ転換:一教運動。右手は陽の陰から陰の陽に巡り
④左手は陽の陽から陽の陰に巡って受けの手首の屈側を上から握り・右手は陰の陽で丹田に結び逆半身内入り身で受けの脇・側腹・腰に結ぶ。受けは右手・左足が地に結び取りの丹田にある左腕の魂氣で取りと結んでいる。固めは取りが丹田を地に結べば受けの魄氣も地に着く。
④左手は陽の陽から陽の陰に巡って受けの手首の屈側を上から握り・右手は陰の陽で丹田に結び逆半身内入り身で受けの脇・側腹・腰に結ぶ。受けは右手・左足が地に結び取りの丹田にある左腕の魂氣で取りと結んでいる。固めは取りが丹田を地に結べば受けの魄氣も地に着く。

正面打ち一教表・右半身

①
①’
①’
②右手を陽・左手は陰の両手で気の巡り
②右手を陽・左手は陰の両手で気の巡り
③右手を陽の陽から陽の陰に巡って受けの手首を屈側で上から握り逆半身内入り身。右足を送って左手を陰の陽で丹田に結ぶと受けの脇・側腹・腰と左足は取りに結ぶ。左半身の画像④へ。
③右手を陽の陽から陽の陰に巡って受けの手首を屈側で上から握り逆半身内入り身。右足を送って左手を陰の陽で丹田に結ぶと受けの脇・側腹・腰と左足は取りに結ぶ。左半身の画像④へ。

突きに横面打ち入り身転換(同時打ち)

①受けの魂氣の動きに合わせて横面打ち
①受けの魂氣の動きに合わせて横面打ち
②入身転換・陰の魄氣で振り降りる。受けの側頸の前なら小手返しへ、側頸の後ろなら入り身投げ。
②入身転換・陰の魄氣で振り降りる。受けの側頸の前なら小手返しへ、側頸の後ろなら入り身投げ。

突きに横面打ち転換(後手)

①受けの魂氣の動きに合わせて異名側の足を踏み替え・同側の魂氣を外側から真中の額に振りかぶろうとする。
①受けの魂氣の動きに合わせて異名側の足を踏み替え・同側の魂氣を外側から真中の額に振りかぶろうとする。
②後手では入り身の踏み込みはできず・外側に置き換えたまま軸として前の足を剣線から外すのみの外転換。正面に振り降りる。
②後手では入り身の踏み込みはできず・外側に置き換えたまま軸として前の足を剣線から外すのみの外転換。正面に振り降りる。
③振り降りる
③振り降りる
④受けは即座に手を引き、振り降りた取りの魂氣は受けの手に触れず自身の丹田で一気に陰の陽の昇氣・上体を入り身転換して側頸を開きそれを経て陽の陽へ。後方の足は半歩入身
④受けは即座に手を引き、振り降りた取りの魂氣は受けの手に触れず自身の丹田で一気に陰の陽の昇氣・上体を入り身転換して側頸を開きそれを経て陽の陽へ。後方の足は半歩入身
⑤魄氣は左半身で左母指先と左母趾先は揃えて、軸はまだ右足にある。
⑤魄氣は左半身で左母指先と左母趾先は揃えて、軸はまだ右足にある。
⑤’ 片手取り呼吸法であるが、参考として右の軸足と左半身に注目
⑤’ 片手取り呼吸法であるが、参考として右の軸足と左半身に注目
⑥目付と共に左半身・陰の魄氣の左母趾先と陽の陽の魂氣の母指先との一致。④からここでは腰と上体が反転している。
⑥目付と共に左半身・陰の魄氣の左母趾先と陽の陽の魂氣の母指先との一致。④からここでは腰と上体が反転している。

交差取り相半身外入身転換呼吸法

①陰の陽で下段に与え受けは相半身交差取り
①陰の陽で下段に与え受けは相半身交差取り
②相半身のまま半歩外入身転換で腰の後ろの魂氣を入れ替え・右手は丹田に巡って呼吸法昇氣(受けの陰の魂氣である右手が返し突きや後ろ取りへと同時に発すれば当たりとなる)
②相半身のまま半歩外入身転換で腰の後ろの魂氣を入れ替え・右手は丹田に巡って呼吸法昇氣(受けの陰の魂氣である右手が返し突きや後ろ取りへと同時に発すれば当たりとなる)
③魄氣は右半身の陰で左足を軸とし右足は後方への置き換えに進む・昇氣は側頸の前頸三角にあり(取りの初動で与える限り、ここでは魂氣も魄氣も受けに当たらない)
③魄氣は右半身の陰で左足を軸とし右足は後方への置き換えに進む・昇氣は側頸の前頸三角にあり(取りの初動で与える限り、ここでは魂氣も魄氣も受けに当たらない)
④昇氣が後頸三角に結ぶと後ろに置き換えた右足を軸として左足先は内側に踏み替えて次の軸へ。(取りの魂氣と魄氣は側頸と腰で結び、受けとの間でも互いの魂氣と魄氣の結びが成り立つ。
④昇氣が後頸三角に結ぶと後ろに置き換えた右足を軸として左足先は内側に踏み替えて次の軸へ。(取りの魂氣と魄氣は側頸と腰で結び、受けとの間でも互いの魂氣と魄氣の結びが成り立つ。
⑤前の足となった左足を内股にして踏み換え入身転換の軸とし右足先は元の前方を向く・同時に魂氣は耳の後ろで陰の陽から陽の陽へ発して母指先を母趾先に合わせる。(この先、右半身への入身転換が成り立つと共に母指先の反りの方向へ魂氣は巡り・一瞬の陽の魄氣で右体側に結んで右脇が閉じると同時に左の送り足で残心・受けの右側頸から腰に取りの魂氣が響き、取りの腰に結んだ自身の左手方向へ取りの体軸に沿ってその背側に螺旋で落ちる。画像⑥の予定)
⑤前の足となった左足を内股にして踏み換え入身転換の軸とし右足先は元の前方を向く・同時に魂氣は耳の後ろで陰の陽から陽の陽へ発して母指先を母趾先に合わせる。(この先、右半身への入身転換が成り立つと共に母指先の反りの方向へ魂氣は巡り・一瞬の陽の魄氣で右体側に結んで右脇が閉じると同時に左の送り足で残心・受けの右側頸から腰に取りの魂氣が響き、取りの腰に結んだ自身の左手方向へ取りの体軸に沿ってその背側に螺旋で落ちる。画像⑥の予定)

突き後手外転換・入身・呼吸法

①自然本体で対峙し受けの右手の初動に合わせて異名側の足先を外に置き換えつつ(同時なら半歩進めて入り身運動へ)その同側の手を吸気で横面打ちに振りかぶる
①自然本体で対峙し受けの右手の初動に合わせて異名側の足先を外に置き換えつつ(同時なら半歩進めて入り身運動へ)その同側の手を吸気で横面打ちに振りかぶる
②外転換で魂氣は呼気で丹田に振り降りる
②外転換で魂氣は呼気で丹田に振り降りる
③上体を入り身運動で魂氣は受けの手に当たり陰の陽のまま昇氣へ巡る(呼気で広義の陰が続く)
③上体を入り身運動で魂氣は受けの手に当たり陰の陽のまま昇氣へ巡る(呼気で広義の陰が続く)
④魂氣は一気に側頸へ・前方の足を軸として後ろの足を入り身
④魂氣は一気に側頸へ・前方の足を軸として後ろの足を入り身
⑤入身運動で魄氣は陽で受けの後ろに進めた足を軸として魂氣は陽の陽へ・対側の足を送り足へ
⑤入身運動で魄氣は陽で受けの後ろに進めた足を軸として魂氣は陽の陽へ・対側の足を送り足へ
⑥送り足と同時に魂氣は陽の陽から陰の陽へ体側に巡り脇を閉じて左自然体の残心。掴み技に比べて受けとの結びは疎であることから受けは剣線から直角に外へ落ちている。
⑥送り足と同時に魂氣は陽の陽から陰の陽へ体側に巡り脇を閉じて左自然体の残心。掴み技に比べて受けとの結びは疎であることから受けは剣線から直角に外へ落ちている。

三教固め裏

①取りは右手で受けの小指側から反屈にさせて包む・左手を陰の陽で受けの手背側から包み小指で受けの小指球を母指球を受けの母指球手背側に当てる
①取りは右手で受けの小指側から反屈にさせて包む・左手を陰の陽で受けの手背側から包み小指で受けの小指球を母指球を受けの母指球手背側に当てる
②左手の母指球を受けの母指球手背側に突き出して陽の陰とし・手背が見える様に回外
②左手の母指球を受けの母指球手背側に突き出して陽の陰とし・手背が見える様に回外
③右手で受けの小指球を包み代える・取りの母指球は受けの母指寄り背側に密着し
③右手で受けの小指球を包み代える・取りの母指球は受けの母指寄り背側に密着し
④受けの母指球は振子運動で迎えに行く取りの胸に密着し・次に右方向に振れる
④受けの母指球は振子運動で迎えに行く取りの胸に密着し・次に右方向に振れる
⑤左手を陰の陽で受けの上腕屈側に当て・それを介して丹田に結ぶと受けの上肢は取りの両膝の間・丹田・上腹部・左胸部に密着し、取りの両腕によっても包まれる。
⑤左手を陰の陽で受けの上腕屈側に当て・それを介して丹田に結ぶと受けの上肢は取りの両膝の間・丹田・上腹部・左胸部に密着し、取りの両腕によっても包まれる。

半身半立ち片手取り四方投げ

①二教の手で受けの手首は反屈・取らせた手の対側で四方投げの持ち方
①二教の手で受けの手首は反屈・取らせた手の対側で四方投げの持ち方
②額に振りかぶり四方投げの持ち方から陰の陰で手背に額が結ぶ・腰投げの運動での上体に近似し右上方を見る。
②額に振りかぶり四方投げの持ち方から陰の陰で手背に額が結ぶ・腰投げの運動での上体に近似し右上方を見る。
③腰投げの運動で左上方を見て母指球へ抜ける陽の魂氣で正面打ち近似。対側の手は陰の魂氣で腰に結ぶ。
③腰投げの運動で左上方を見て母指球へ抜ける陽の魂氣で正面打ち近似。対側の手は陰の魂氣で腰に結ぶ。
④腰投げの運動で丹田に巡って受けの手背が地に結ぶ。対側の手は受けの上腕伸側を同側頸に密着してその先の地に結ぶことで固める。
④腰投げの運動で丹田に巡って受けの手背が地に結ぶ。対側の手は受けの上腕伸側を同側頸に密着してその先の地に結ぶことで固める。

片手取り外転換二教入身転換(裏)

①下段に与えて受けが逆半身で片手を取ろうとする
①下段に与えて受けが逆半身で片手を取ろうとする
②前の足先を外側に置き換え外巡り対側の魂氣はそこを埋める様に直突き
②前の足先を外側に置き換え外巡り対側の魂氣はそこを埋める様に直突き
③と離破転換して左半身・受けは対側の魂氣で外から払う
③と離破転換して左半身・受けは対側の魂氣で外から払う
④肘を落として逆半身外入身へ
④肘を落として逆半身外入身へ
④’ 降氣の形で回外に一致・母指先は受けに向く。
④’ 降氣の形で回外に一致・母指先は受けに向く。
⑤陽の陰に発して対側は陰の陽へ・小指側から自身の母指球の表面を擦り下ろす様に受けの小指球を包む
⑤陽の陰に発して対側は陰の陽へ・小指側から自身の母指球の表面を擦り下ろす様に受けの小指球を包む
⑥陽の陰から陽の陽へ入り身と共に回内
⑥陽の陰から陽の陽へ入り身と共に回内
⑦母指は手背に他指は受けの小指球を包み魂氣は陰の陽
⑦母指は手背に他指は受けの小指球を包み魂氣は陰の陽
⑧受けの手から離れて陽の陽で横面打ち近似の魂氣は手背が受けの手首に拳一つ分中に入り結ぶ。再度陰の陽に巡ると四方投げの持ち方で受けの手首の屈側と共に陰の陰で巡り二教。
⑧受けの手から離れて陽の陽で横面打ち近似の魂氣は手背が受けの手首に拳一つ分中に入り結ぶ。再度陰の陽に巡ると四方投げの持ち方で受けの手首の屈側と共に陰の陰で巡り二教。
①左逆半身で外側に置き換え
①左逆半身で外側に置き換え
②右半身に外転換・肘を落として回内から横面打ち逆半身外入り身へ
②右半身に外転換・肘を落として回内から横面打ち逆半身外入り身へ
③小指球を包み送り足の左足を軸として右半身の入身転換へ・取りの左胸が受けの母指球背側に結ぶ。
③小指球を包み送り足の左足を軸として右半身の入身転換へ・取りの左胸が受けの母指球背側に結ぶ。
④左半身で左胸を受けの手背に密着し掌が受け自身の胸に向かう様取りの(ここでは左)胸を受けの異名側の胸に着ける。
④左半身で左胸を受けの手背に密着し掌が受け自身の胸に向かう様取りの(ここでは左)胸を受けの異名側の胸に着ける。
⑤左手を四方投げの持ち方で脇を開けたまま手首を伸展して受けの前腕屈側を外方に寄せる。取りの手背・手首・肘を一直線のまま脇を閉め更に胸を受けの胸に合わせて結んで行く。
⑤左手を四方投げの持ち方で脇を開けたまま手首を伸展して受けの前腕屈側を外方に寄せる。取りの手背・手首・肘を一直線のまま脇を閉め更に胸を受けの胸に合わせて結んで行く。

両手取り天地投げ

①陰の陽で与えて逆半身片手取り
①陰の陽で与えて逆半身片手取り
②対側の手を振り込み突きで相半身・両手取りの瞬間右手を陰の陽から陽の陽へ・左手は外巡りで逆半身外入身へ
②対側の手を振り込み突きで相半身・両手取りの瞬間右手を陰の陽から陽の陽へ・左手は外巡りで逆半身外入身へ
③左逆半身外入身で右足を送り、右半身の陰の魄氣に転換・外巡りの魂氣は丹田に結び・対側は陰の陽から昇氣(天)・陽の陽へ
③左逆半身外入身で右足を送り、右半身の陰の魄氣に転換・外巡りの魂氣は丹田に結び・対側は陰の陽から昇氣(天)・陽の陽へ
③’ 左半身で前方の左足先は受けの後右足に向かう。地は魂氣の外巡り。
③’ 左半身で前方の左足先は受けの後右足に向かう。地は魂氣の外巡り。
④右相半身陽の魄氣で外入身・魂氣は陽の陽から母指の反りに合わせて巡る。右足先は受けの軸へ。魄氣の結びは漆膠の身。すれ違って離れると結べない。胸を互いに合わすとぶつかる。
④右相半身陽の魄氣で外入身・魂氣は陽の陽から母指の反りに合わせて巡る。右足先は受けの軸へ。魄氣の結びは漆膠の身。すれ違って離れると結べない。胸を互いに合わすとぶつかる。
⑤魂氣は陽の陰で丹田に巡る・残心は外巡り右半身入身運動・左手は受けの右手と共に取りの腰の後ろへ。真下に下ろすと取りの魂氣と魄氣の結びを欠いて残心が成り立たない。受けは取りの丹田を経て取りの左足の後方へ螺旋で落ちる。残心は陰の陰で丹田に結ぶ。魄氣の相対動作は間合いの違いはあるが四方投げに近い。
⑤魂氣は陽の陰で丹田に巡る・残心は外巡り右半身入身運動・左手は受けの右手と共に取りの腰の後ろへ。真下に下ろすと取りの魂氣と魄氣の結びを欠いて残心が成り立たない。受けは取りの丹田を経て取りの左足の後方へ螺旋で落ちる。残心は陰の陰で丹田に結ぶ。魄氣の相対動作は間合いの違いはあるが四方投げに近い。
⑤’四方投げと比較するなら、この画像上で、受けの右手が取りの左手に付き、受けの左手が左側頸に巡り、取りの右手が陽の陽でそれに結んでおり、取りの右足先は受けの左踵に向って接することとなる。四方投げの残心は右手を陰の陽で丹田に結ぶ。
⑤’四方投げと比較するなら、この画像上で、受けの右手が取りの左手に付き、受けの左手が左側頸に巡り、取りの右手が陽の陽でそれに結んでおり、取りの右足先は受けの左踵に向って接することとなる。四方投げの残心は右手を陰の陽で丹田に結ぶ。

正面打ち入り身投げ表(相半身外入身の魄氣にて側頸で両手を結ぶ)

①陰の魄氣で、魂氣を陰の陽で上段に与えると、受けは手刀で正面を守る。
①陰の魄氣で、魂氣を陰の陽で上段に与えると、受けは手刀で正面を守る。
②接触すると左手は陽の陽に発して魂氣の結び。左足先を同時に進め、軸とする。
②接触すると左手は陽の陽に発して魂氣の結び。左足先を同時に進め、軸とする。
③右逆半身外入り身。両手で氣の巡りで右手は返し突き近似の陽の陰から、陰の陽で受けの側頸に結ぶ。
③右逆半身外入り身。両手で氣の巡りで右手は返し突き近似の陽の陰から、陰の陽で受けの側頸に結ぶ。
④左相半身入り身で魄氣と魂氣がそれぞれ結ぶ。魂氣は受けの側頸で取りの両手の間での結び。魄氣は互いに漆膠の身。取りの左足先は受けの右足方向に。
④左相半身入り身で魄氣と魂氣がそれぞれ結ぶ。魂氣は受けの側頸で取りの両手の間での結び。魄氣は互いに漆膠の身。取りの左足先は受けの右足方向に。

右半身で上段に与えて入り身投げ表

①右半身陰の魄氣で魂氣を陰尿で上段に与え
①右半身陰の魄氣で魂氣を陰尿で上段に与え
②正面を守る受けの手刀に接するると、母指先から陽の陽に開いて、反りの方向に巡って魂氣の結び。
②正面を守る受けの手刀に接するると、母指先から陽の陽に開いて、反りの方向に巡って魂氣の結び。
③左逆半身外入身で両手で氣の巡り。左手は陽の陰で返し突き近似から陰の陽で側頸に結ぶ。
③左逆半身外入身で両手で氣の巡り。左手は陽の陰で返し突き近似から陰の陽で側頸に結ぶ。
④右相半身外入身で右足先は受けの左足踵に向き、同側の魂氣は陽の陰に巡って受けの側頸で両手が結ぶ。右母指先の反りに合わせて丹田に結ぶと残心。受けは腰と右背が取りの丹田と右胸に結び、漆膠の身。取りの前から後方に螺旋で落ちる。(2013/12/18)
④右相半身外入身で右足先は受けの左足踵に向き、同側の魂氣は陽の陰に巡って受けの側頸で両手が結ぶ。右母指先の反りに合わせて丹田に結ぶと残心。受けは腰と右背が取りの丹田と右胸に結び、漆膠の身。取りの前から後方に螺旋で落ちる。(2013/12/18)

正面打ち後手入り身転換(2014/6/28)

①受けが手刀を振りかぶり取りは後手で同名側の魂氣を降氣の形で額に置き同側の右足先は剣線を外し軸とする。
①受けが手刀を振りかぶり取りは後手で同名側の魂氣を降氣の形で額に置き同側の右足先は剣線を外し軸とする。
②一教運動裏:左半身で逆半身外入身で対側(左手)の魂氣を陽の陰で返し突き。
②一教運動裏:左半身で逆半身外入身で対側(左手)の魂氣を陽の陰で返し突き。
③両手で氣の巡り:右手は相対的に陽の陽、左手は陽の陰で受けの同名側頸部へ巡る。
③両手で氣の巡り:右手は相対的に陽の陽、左手は陽の陰で受けの同名側頸部へ巡る。
④入身転換で右半身陰の魄氣。右手は陽の陽、左足腰を軸とし左手は陰の陽で受けの側頸に結び、同時に同名側の取りの側頸にも結ぶ。
④入身転換で右半身陰の魄氣。右手は陽の陽、左足腰を軸とし左手は陰の陽で受けの側頸に結び、同時に同名側の取りの側頸にも結ぶ。

坐技両手取り呼吸法(呼吸投げ):降氣の形から回外

①両手を陰の陽で下段に与える。鳥船のホー(吸気)に相当。
①両手を陰の陽で下段に与える。鳥船のホー(吸気)に相当。
②呼気で降氣の形として両母指先は側頸に向かう
②呼気で降氣の形として両母指先は側頸に向かう
③右手を陰の陽で母指先は側頸から右側方へ発し、左手は回外して陰の陰に巡り、母指先を受けの真中へ向ける
③右手を陰の陽で母指先は側頸から右側方へ発し、左手は回外して陰の陰に巡り、母指先を受けの真中へ向ける
④右手を陽の陽、左手を陽の陰で、単独呼吸法両手で氣の巡りのままに。
④右手を陽の陽、左手を陽の陰で、単独呼吸法両手で氣の巡りのままに。
①’ 両手を陰の陽で下段に与え
①’ 両手を陰の陽で下段に与え
②’ 両手を呼気で降氣の形として
②’ 両手を呼気で降氣の形として
③’ 左手を陰の陽で母指先は側頸から左側方へ発し、右手は回外して陰の陰に巡り、母指先を受けの真中へ向ける
③’ 左手を陰の陽で母指先は側頸から左側方へ発し、右手は回外して陰の陰に巡り、母指先を受けの真中へ向ける
④’ 左手を陽の陽、右手を陽の陰で、単独呼吸法両手で氣の巡りのままに。
④’ 左手を陽の陽、右手を陽の陰で、単独呼吸法両手で氣の巡りのままに。
④” 目付・体軸は入り身運動・振子運動にも通じる。
④” 目付・体軸は入り身運動・振子運動にも通じる。

諸手取り後方回転

①右半身陽の陰で与えると逆半身で諸手取り
①右半身陽の陰で与えると逆半身で諸手取り
②陰の陽に巡って右足を後ろ回転の軸とし・左手は相対的に丹田へと巡る
②陰の陽に巡って右足を後ろ回転の軸とし・左手は相対的に丹田へと巡る
③左足を軸足の踵近くに置き換えて次の軸とし・右足から内股に踏み替えて回転へ
③左足を軸足の踵近くに置き換えて次の軸とし・右足から内股に踏み替えて回転へ
④陰の魄氣で左手を陽の陽で差し出す。受けは取りの腰に結び体の変更。陽の陰で差し出した魂氣が腰の後ろに陰の陽で結ぶ。と云うことは、母指先が地に向かう初動で、結びは外側に向く。踏み替えて降氣の形をとれば天に向き側頸を経て陽の陽に発する。(この画像では詳細を視認できない)
④陰の魄氣で左手を陽の陽で差し出す。受けは取りの腰に結び体の変更。陽の陰で差し出した魂氣が腰の後ろに陰の陽で結ぶ。と云うことは、母指先が地に向かう初動で、結びは外側に向く。踏み替えて降氣の形をとれば天に向き側頸を経て陽の陽に発する。(この画像では詳細を視認できない)
①左半身で魂氣を陽の陰で与えると逆半身諸手取り
①左半身で魂氣を陽の陰で与えると逆半身諸手取り
②魂氣は陰の陽に巡り左足先を内股に踏み替えて軸とするから相対的に脇が閉じる
②魂氣は陰の陽に巡り左足先を内股に踏み替えて軸とするから相対的に脇が閉じる
③右足を軸足の踵近くに置き換えて次の軸足として左足から内股に踏み替える
③右足を軸足の踵近くに置き換えて次の軸足として左足から内股に踏み替える
④左、右の順番で踏み替えると魄氣の陰で対側の魂氣を陰の陽から陽の陽へと吸気で発する。(直ぐに入り身転換を反復して腰の陰の陽の魂氣を降氣の形とし、陽の陽で発すると受けの諸手はなおも縦に並び一教/十字投げなどに)
④左、右の順番で踏み替えると魄氣の陰で対側の魂氣を陰の陽から陽の陽へと吸気で発する。(直ぐに入り身転換を反復して腰の陰の陽の魂氣を降氣の形とし、陽の陽で発すると受けの諸手はなおも縦に並び一教/十字投げなどに)

片手取り二教の手で外入り身転換反復入身投げ(左半身・表)

①左半身陰の魄氣で魂氣を与える
①左半身陰の魄氣で魂氣を与える
②降氣の形から脇を開いて二教の手とし・受けの手は反屈となり、魄氣は陽で入り身転換へ
②降氣の形から脇を開いて二教の手とし・受けの手は反屈となり、魄氣は陽で入り身転換へ
③腰から陰の魄氣を陽の陽で差し出し受けの手首を掬う。魄氣は入身転換で右半身の陰。
③腰から陰の魄氣を陽の陽で差し出し受けの手首を掬う。魄氣は入身転換で右半身の陰。
④左手は外巡りで振り降り
④左手は外巡りで振り降り
⑤陽の陰で受けの側頸へ・陰の陽に巡って当たって結び・取りの右側頸に巡ると同時に入り身転換を反復(右・左と踏み替え)し
⑤陽の陰で受けの側頸へ・陰の陽に巡って当たって結び・取りの右側頸に巡ると同時に入り身転換を反復(右・左と踏み替え)し
⑥左手を右側頸に結ぶと同時に左半身陽の魄氣で左足を軸として右足を送り・軸足の内側真中に踵を進めて右足先は受けの背側真中に進め右手母指先をそれに合わせる。受けの右手掌が見える。一教運動表に一致。。
⑥左手を右側頸に結ぶと同時に左半身陽の魄氣で左足を軸として右足を送り・軸足の内側真中に踵を進めて右足先は受けの背側真中に進め右手母指先をそれに合わせる。受けの右手掌が見える。一教運動表に一致。。

片手取り二教の手で外入り身転換反復入り身投げ(右半身・表)

左半身の④に相当
左半身の④に相当
左半身の⑤に相当
左半身の⑤に相当
左半身の⑥に相当 受けの左手とその手首を掴む取りの左手が見える。受けの側頸に結ぶ右手にその左手が結ぶ。
左半身の⑥に相当 受けの左手とその手首を掴む取りの左手が見える。受けの側頸に結ぶ右手にその左手が結ぶ。
右手は腰の後ろへ、左手は陽の陰から陰の陰で丹田に巡り左半身残心へ
右手は腰の後ろへ、左手は陽の陰から陰の陰で丹田に巡り左半身残心へ

右手が陽なら左手は陰

投手の投球と土俵入りに見る魂氣の陰陽。氣を込めて投げている、という表現は合氣道では魂氣を陽で発し、対側の魂氣は陰で体軸に結んでいる、となる。投げ終わりは陰で丹田に結び、対側の陰の魂氣は後ろに巡っている。

2014/6/10

右手を陽の陽で発して天からは魂氣を受け、左手は弛緩屈曲して体側に結んでいる。(第46代横綱朝汐の雲竜型土俵入り:毎日新聞より昭和34年松山忠次郎、千原丈三郎撮影)
右手を陽の陽で発して天からは魂氣を受け、左手は弛緩屈曲して体側に結んでいる。(第46代横綱朝汐の雲竜型土俵入り:毎日新聞より昭和34年松山忠次郎、千原丈三郎撮影)
右手を陽で伸展し左手は手首を屈曲して広義の陰・手掌を上に向けて(グラブで受ける形)狭義の陽で体軸に結んでいる。(平成26年ヤンキース田中将大:産經新聞より共同)
右手を陽で伸展し左手は手首を屈曲して広義の陰・手掌を上に向けて(グラブで受ける形)狭義の陽で体軸に結んでいる。(平成26年ヤンキース田中将大:産經新聞より共同)
投げ終わりは陰で丹田に巡り、対側の陰の魂氣は後ろに巡っている。(平成26年巨人菅野:産經新聞より春名中撮影)
投げ終わりは陰で丹田に巡り、対側の陰の魂氣は後ろに巡っている。(平成26年巨人菅野:産經新聞より春名中撮影)
入身転換単独基本動作:陰の魄氣。軸足と同側の魂氣は陰の陽で丹田に結ぶ。
入身転換単独基本動作:陰の魄氣。軸足と同側の魂氣は陰の陽で丹田に結ぶ。
①左半身で下段に与え呼気で片手取り入身転換して右半身で陰の魄氣
①左半身で下段に与え呼気で片手取り入身転換して右半身で陰の魄氣
②呼気のまま一気に昇氣
②呼気のまま一気に昇氣
③前の足から踏み替えて次の軸として左足も踏み替えて左半身へ入り身転換の反復・魂氣は吸気で陽の陽。母指先は反りによって地を指している。
③前の足から踏み替えて次の軸として左足も踏み替えて左半身へ入り身転換の反復・魂氣は吸気で陽の陽。母指先は反りによって地を指している。
③’ 右足も踏み替えて入身転換反復で右半身の陰の魄氣・陽の陽へ発したところ。母指と足先が揃い、その右足を踏んで陽の魄氣から送り足・脇を閉じて体側に魂氣が巡り残心へ。
③’ 右足も踏み替えて入身転換反復で右半身の陰の魄氣・陽の陽へ発したところ。母指と足先が揃い、その右足を踏んで陽の魄氣から送り足・脇を閉じて体側に魂氣が巡り残心へ。

両手取り呼吸法

①右半身で下段に与えて逆半身片手取り
①右半身で下段に与えて逆半身片手取り
②相半身で対側の魂氣も与えて左手を陽、右手を陰で丹田に結ぶ
②相半身で対側の魂氣も与えて左手を陽、右手を陰で丹田に結ぶ
③前の足を軸として右足から逆半身外入り身転換へ
③前の足を軸として右足から逆半身外入り身転換へ
④入り身転換で目付を剣線に沿わせ右側頸を開いて右手は昇氣
④入り身転換で目付を剣線に沿わせ右側頸を開いて右手は昇氣
⑤左半身陰の魄氣で外入身転換・右手は受けの手とともに右側頸に結ぶ
⑤左半身陰の魄氣で外入身転換・右手は受けの手とともに右側頸に結ぶ
⑥前方の左足を内股に踏み替えて軸として右足先を剣線に沿わせて入身転換反復・同時に母指先を側頸から陽の陽で発して母趾先に合わせる
⑥前方の左足を内股に踏み替えて軸として右足先を剣線に沿わせて入身転換反復・同時に母指先を側頸から陽の陽で発して母趾先に合わせる
①左半身で下段に与えて逆半身片手取り
①左半身で下段に与えて逆半身片手取り
②右相半身で右手を与えて左は陰の陽で丹田に巡る。右手を陽、左手は陰で相手導け、の教えで。
②右相半身で右手を与えて左は陰の陽で丹田に巡る。右手を陽、左手は陰で相手導け、の教えで。
③右足を軸として左足は逆半身外入り身へ一歩進めようとしているが、左手は昇氣で既に開いた側頸に結ぼうとしている。
③右足を軸として左足は逆半身外入り身へ一歩進めようとしているが、左手は昇氣で既に開いた側頸に結ぼうとしている。
④右足先は剣線に直角で、外入身転換ではなく外転換。右半身陰の魄氣で左足を軸とし、右足を踏み替えて軸とするところ。左魂氣は左側頸を母指から発するところ。肘を開いて陽の陽で母指先の反りの方向へ。秋猴の身・漆膠の身。
④右足先は剣線に直角で、外入身転換ではなく外転換。右半身陰の魄氣で左足を軸とし、右足を踏み替えて軸とするところ。左魂氣は左側頸を母指から発するところ。肘を開いて陽の陽で母指先の反りの方向へ。秋猴の身・漆膠の身。
⑤前方の右足を軸として左足(後方)を半歩入り身して母趾先を母指先に合わせて左半身陽の魄氣で入身運動へ
⑤前方の右足を軸として左足(後方)を半歩入り身して母趾先を母指先に合わせて左半身陽の魄氣で入身運動へ

魂氣を下段に与える

①陰の陽で丹田にある魂氣、魄氣は陰
①陰の陽で丹田にある魂氣、魄氣は陰
②吸気で陰の陽の魂氣を差し出し
②吸気で陰の陽の魂氣を差し出し
③呼気で丹田に巡るとともに魄氣は陽で前足を置き換え・内股に踏み替えて軸足を作り入り身転換
③呼気で丹田に巡るとともに魄氣は陽で前足を置き換え・内股に踏み替えて軸足を作り入り身転換
①
②
③

正面打ち二教表左半身

①陰の陽で上段に与え、受けは手刀で中心を守る。
①陰の陽で上段に与え、受けは手刀で中心を守る。
②手刀に触れると陽の陽、両手で気の巡り。
②手刀に触れると陽の陽、両手で気の巡り。
③陽の陰に巡って母指と示指の間を大きく開き手背を見る一瞬。
③陽の陰に巡って母指と示指の間を大きく開き手背を見る一瞬。
④母指先の反りを丹田に向け陰に巡ると小指球を包む
④母指先の反りを丹田に向け陰に巡ると小指球を包む
⑤母指から回外して陽の陽。両手で気の巡りなら対側の手は陽の陰で受けの上腕を包み込む(鳥船のホー)。母指は受けの母指球の手背側から包み込む。
⑤母指から回外して陽の陽。両手で気の巡りなら対側の手は陽の陰で受けの上腕を包み込む(鳥船のホー)。母指は受けの母指球の手背側から包み込む。

正面打ち二教表右半身

①一教運動裏で右手を陽、左手は陰。
①一教運動裏で右手を陽、左手は陰。
②陽の陰に巡って母指と示指の間を大きく矢筈に開く。手背を見る瞬間。
②陽の陰に巡って母指と示指の間を大きく矢筈に開く。手背を見る瞬間。
③母指先の反りに合わせて丹田に向けて巡ると陰の陰。
③母指先の反りに合わせて丹田に向けて巡ると陰の陰。
④受けの小指球から包み、取りの母指球を受けの母指球手背側に着け、回外して差し出す。
④受けの小指球から包み、取りの母指球を受けの母指球手背側に着け、回外して差し出す。

正面打ち二教裏右半身

①右手を陽の陽
①右手を陽の陽
②陽の陰に巡って矢筈を作り手背を見る瞬間。
②陽の陰に巡って矢筈を作り手背を見る瞬間。
③母指先の反りを対側の側頸に向けて巡ると陰の陰で受けの小指球を包む。
③母指先の反りを対側の側頸に向けて巡ると陰の陰で受けの小指球を包む。
④取りの母指球手背側を側頸に結ぶと対側の魂氣は陽の陰から陰の陽に巡り受けの手首に結ぶ。
④取りの母指球手背側を側頸に結ぶと対側の魂氣は陽の陰から陰の陽に巡り受けの手首に結ぶ。
⑤目付を受けに戻すと側頸は閉じ、対側の手は四方投げの持ち方近似で手首を伸展すると脇が開く。左に軸を振って脇を閉じていくが手首の伸展は維持する(鳥船のイェイ)。
⑤目付を受けに戻すと側頸は閉じ、対側の手は四方投げの持ち方近似で手首を伸展すると脇が開く。左に軸を振って脇を閉じていくが手首の伸展は維持する(鳥船のイェイ)。

リンク

公益財団法人合気会 

本部道場の公式ホームページです

大阪合氣塾

吹田市を本部とする須磨 弘師範の道場です

和氣會

豊中市を中心とする道場で池田憲夫師範のご指導です

兵庫合気会

姫路市を中心とする道場で山田芳朗師範のご指導です

合気道愉々会(ゆうゆうかい

加古川市を中心とする道場で神戸大学合気道部OB第五代養心会長・兵庫県合気道連盟理事長 吉田 司先生のご指導です

 

神戸大学体育会合気道部

神氣館館長辻本大治師範の母校合気道部です

大阪武育会木村二郎師範のご指導です


流山合気会

千葉県流山市にて永井 純師範(港区合氣道連盟会長)が会長をされている㈶合気会公認道場です