吸気で上肢の屈側を限界まで広げて天から魂氣を受け、これを陽とし、呼気で弛緩屈曲して丹田に畳んで陰とすれば、地から受けた魄氣と結ぶ。手足腰目付けは軸足と体軸を連ねて地より直立し、吸気とともに非軸足と魂氣は陽で発して入り身、再び呼気で魂氣は体側か丹田に魄氣と結んで残心。魂魄阿吽である。

                                     2016/7/21

 

1. 畳んだ手の母指と非軸足の拇趾 2016/7/21

2. 受けの移動と入り身投げ 2016/7/31

3. 残心の姿勢 2016/8/6

4. 技を生む 2016/8/11

5. 形の確信と氣の思い 2016/8/15

6. 三位一体の“思い”について 2016/8/22

7. 理合なき形の変遷 2016/8/28

8. 受け流し 2016/9/2

9. 打突は吸気、切るは呼気 2016/9/13

10. 両足で地を踏んで手を操作すること 2016/9/24

11. 後ろ取りの初動 2016/10/2

12. 演武大会より 四方投げ 2016/10/7

13, 魂氣と魄氣の働きを動作する 2016/10/15

14. 難場(ナンバ)歩きと基本動作 2016/10/25

15. 返し技の始点 2016/10/28

16. 陽の魂氣と非軸足 2016/10/31

17. みな阿吽のうちにある 2016/11/8

18. 転換入り身と入り身転換を峻別する理由 2016/11/13

19. 順番の動作は阿吽で一つになる 2016/11/14

20. 陰の魄氣で陰の魂氣を差し出す 2016/11/24

21. 真中を与える自然本体 2016/12/1

22. 魂氣を与える半身 2016/12/2

23. 身のこなし 2016/12/7

24. 腕を取らす 2016/12/8

25. 正面打ちについて 2016/12/10

26. 伸筋の着目 2016/12/14

27. 中丹田の出入り口・両側頸 2016/12/17

28. 合氣道の基本 2016/12/30

29. 禊という単独動作から相対動作へ 2017/1/3

30. 難場歩きと一教 2017/1/5

31. 小論文 2017/1/11

32. 合氣道の稽古とは 2017/1/14 

33. 宇宙の条理 2017/1/21

34. 氣結びのない動作 2017/1/31

35. 単独基本動作回転の魂氣 2017/2/11

36. 四方投げと固めの目付け 2017/2/12

37. 気の置きどころ、気がまえ 2017/2/18

38. 鳥船の魄氣から入り身転換へ 2017/3/4

39. 崩しはどこに 2017/3/14

40. 正立から陰の魄氣 2017/3/21

41. 杖に添える手と同側の非軸足 2017/3/24

42. 正座から陰の魄氣 2017/3/29

43. 形についての考察 2017/4/19

44. 片手取り四方投げの魂氣 2017/4/29

45. 陽の魄氣で止まること 2017/5/17

リンク

公益財団法人合気会 

本部道場の公式ホームページです

大阪合氣塾

吹田市を本部とする須磨 弘師範の道場です

和氣會

豊中市を中心とする道場で池田憲夫師範のご指導です

兵庫合気会

姫路市を中心とする道場で山田芳朗師範のご指導です

合気道愉々会(ゆうゆうかい

加古川市を中心とする道場で神戸大学合気道部OB第五代養心会長・兵庫県合気道連盟理事長 吉田 司先生のご指導です

 

神戸大学体育会合気道部

神氣館館長辻本大治師範の母校合気道部です

大阪武育会木村二郎師範のご指導です


流山合気会

千葉県流山市にて永井 純師範(港区合氣道連盟会長)が会長をされている㈶合気会公認道場です